Create issue ticket

考えれる99県の原因 62

結果を表示する: Deutsch

  • 顎関節炎

    “第7回教育研修会(1057-1119頁)より” 小林義典:Bite PlaneⅢ.応用の実際.歯界展望、62:111-121,1983. 柴田考典、高橋庄二郎:顎内障の考え方と、その外科的治療.紫耀、32:340-347,1984.[ja.wikipedia.org] 栗田賢一、濱田良樹「CHAPTER19 顎関節手術および関連手術 顎関節症に対する手術 顎関節洗浄療法」『イラストでみる口腔外科手術』第3巻、編 日本口腔外科学会 編集委員 野間弘康、栗田賢一、木村博人、瀬戸晥一、福田仁一、山根源之、朝波惣一郎、クインテッセンス出版、東京都文京区、2013年5月10日、59-62頁。[ja.wikipedia.org]

  • 化膿レンサ球菌

    ) No.2 P.226-229, doi:10.2336/nishinihonhifu.62.226 (認証有り) 劇症型溶血性レンサ球菌感染症(2007年第38週) 国立感染症研究所 感染症情報センター[ja.wikipedia.org] レンサ球菌感染症 メルクマニュアル 家庭版 多田讓治、皮膚細菌学と感染病理 日本皮膚科学会雑誌 Vol.115 (2005) No.7 p.977-984, doi:10.14924/dermatol.115.977(認証有り) 荒田次郎、皮膚科領域における細菌感染症の話題(2) —化膿レンサ球菌感染症— 西日本皮膚科 Vol.62 (2000[ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    小口正彦、五味光太郎、鹿間直人、「非ホジキンリンパ腫 」 日本医学放射線学会雑誌 62巻5号, 2002, p.206-2014, hdl:11094/16349 ホジキンリンパ腫 悪性腫瘍 腫瘍学 血液学 馬越智浩、高橋廣臣、八尾和雄、非ホジキンリンパ腫 -咽頭, 頸部リンパ節原発症例の検討- 耳鼻咽喉科臨床 Vol.94 (2001)[ja.wikipedia.org]

  • 旅行者下痢

    渡航医学 コレラ 過敏性腸症候群 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 下痢 脱水症状 経口補水液 輸入感染症 中村寿子、「飲料水、生活用水の微生物学的現状と課題」 水資源・環境研究 1994年 1994巻 7号 p.53-62, doi:10.6012/jwei.1994.53 お腹のトラブル 旅行者下痢症とは?[ja.wikipedia.org] カンピロバクター 病原大腸菌・血清型 プレジオモナス サルモネラ エロモナス 腸炎ビブリオ コレラ菌(毒素産生) 赤 痢菌 ナグビブリオ コレラ菌(毒素非産生) ベロ毒素産生性大腸菌 組織侵入性大腸菌 79 28 14 29 17 32 10 5 5 0 2 1 1 63 34 17 27 35 38 9 1 6 2 0 1 1 142 62[niid.go.jp]

  • 適応障害

    死別への反応は精神障害ではなく、通常は死別反応(診断コードV62.82)である。DSM-5においては、死別反応といった強いストレスに伴う抑うつは、治療なく回復する可能性があるため、うつ病の診断基準に死別反応に関する注釈が加えられた。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    IV( PDF :74KB) I 総論(策定理論、活用理論) p1 42 はじめに p1( PDF :334KB)、策定の基礎理論 p2 16( PDF :443KB)、 活用の基礎理論 p17 42( PDF :547KB) II 各論 1.エネルギー・栄養素 1 エネルギー p43 61( PDF :383KB) 2 たんぱく質 p62[mhlw.go.jp]

  • 変形性関節症

    中でも、前十字靭帯を断裂したことのある人はそうでない人に比べ、将来的に変形性膝関節症を発症するリスクが3.62倍になるという調査結果も示されている。これは前十字靭帯を再建する手術を受けた場合の数値であり、手術を受けず保存的に治療を行った場合、リスクは4.98倍にまで上昇する。[ja.wikipedia.org]

  • パーソナリティ障害

    をひと塊で説明しており、他は「F61.混合性および他のパーソナリティ障害」、「F62.持続的パーソナリティ変化、脳損傷および脳疾患によらないもの」である。[ja.wikipedia.org] それ以外はF62持続的パーソナリティ変化である。大惨事など強度のストレスや体験が原因にあり、パーソナリティ変化がその体験に先行していてはならない。DSM-IV-TRにおいては、パーソナリティ障害の診断基準Fが除外している、薬物乱用や投薬といった薬物による症状や、頭部の外傷など一般身体疾患によるパーソナリティ変化が鑑別される。[ja.wikipedia.org] […] disorder F60.7 依存性パーソナリティ障害 Dependent personality disorder F60.8 他の特定のパーソナリティ障害 Other specific personality disorder F60.9 パーソナリティ障害、特定不能のもの personality disorder unspecifiedF60-62[ja.wikipedia.org]

  • 嘔吐

    Food Prot. 1999, 62(11): 1350-3. Hu D.-L., Omoe K., Shimoda Y., Nakane A. and Shinagawa K. Infect. Immun. 2003, 71(1): 567-70. Hu D.-L., Omoe K., Saleh M.[med.akita-u.ac.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    日本PNH研究会(血液学専門医師の研究会) NPO法人PNH倶楽部(患者会) PNHSource.jp(PNH-発作性夜間ヘモグロビン尿症に関する情報サイト) 発作性夜間ヘモグロビン尿症(指定難病62) - 難病情報センター[ja.wikipedia.org] R元年6月6日 (厚生労働省からのお知らせ) 「 第62回難病対策委員会・第38回小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会(合同開催)【ペーパーレス】の開催について 」 令和元年6月13日(木) 10:00 13:00 R元年5月14日 (厚生労働省からのお知らせ) 「 第61回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会・第37回社会保障審議会児童部会小児慢性特定疾患児[nanbyou.or.jp]

さらなる症状