Create issue ticket

考えれる3,277県の原因 60

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。 低血糖症の症状には交感神経症状と中枢神経症状の2種類が知られている。交感神経症状は低血糖時に分泌されるカテコールアミン等による症状で、発汗、動悸、手の震えなどの症状である。[ja.wikipedia.org] 60-65 mg/dLに低下すると、3番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。 最後に60 mg/dL以下になると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。[ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    大規模研究のデザインの関係から米国のCEA治療ガイドラインではで症候性病変の手術適応が狭窄率70%以上で適応になるのに対して無症候性病変では狭窄率60%以上で適応となる。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    日本人のための暫定的な5つの診断基準について、その一致度を検討した研究では、2つの異なる診断基準で一致してメタボリック症候群と診断される割合は、男性で19-60%(均41%)、女性で31-89%(均51%)あり、すべての診断基準で一致する割合は、男性で15%、女性で21%だったと報告されている(68)。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org]

  • 心房粗動

    心房が240/分(1分間に240回拍動)で興奮していて、4回に1回心室に興奮が伝わるとすると60/分(1分間に60回拍動)の脈拍数になります。よって動悸はあまり感じません。2回に1回心室に伝わるような場合には120/分(1分間に120回の拍動)の脈拍数になります。 このような場合では動悸として自覚されることが増えます。[new.jhrs.or.jp]

  • 蕁麻疹

    ビタミンDはアレルギー疾患に関与すると考えられ、慢性の蕁麻疹人では血中ビタミンDが有意に低く、週60,000 IUなど高用量に摂取した場合に[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症患者の少数が巨細胞性動脈炎を発症するが,リウマチ性多発筋痛症は40 60%の巨細胞性動脈炎患者にみられる。巨細胞性動脈炎に対して,リウマチ性多発筋痛症が先行するか,それに続く,または同時に発生する可能性がある。 病因と発生機序は不明である。[msdmanuals.com] ただし15mg/dayの少量ステロイドでよいリウマチ性多発筋痛症と違い、側頭動脈炎ではプレドニゾロン40〜60mg/dayの高用量を用いる。[ja.wikipedia.org] 50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org]

  • 胸水

    漏出液(漏出性胸水):比重1.015以下、タンパク量3g/dl以下、LDH200u/L以下、糖60mg/dl以下、白血球1000/mm3以下 滲出液(滲出性胸水):比重1.018以上、タンパク量3g/dl以上、LDH200u/L以上ライト(Light)の診断基準として、 胸水のタンパク量/血清のタンパク量が0.5を超える 胸水LDH/血清LDH[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    方法 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを静脈注射して、30分後と60分後の血中の副腎皮質刺激ホルモンと糖質コルチコイドを測定する。 判定 血中の副腎皮質刺激ホルモンと糖質コルチコイドの多寡で行う。特異度 メチラポン試験に勝る。 クッシング病の治療 手術療法:経蝶形骨洞的下垂体腫瘍摘出術。[ja.wikipedia.org]

  • トロサ・ハント症候群

    THSの発症に性差はなく、罹患年齢は60歳前後である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状