Create issue ticket

考えれる653県の原因 6 t1

結果を表示する: English

  • 急性胃腸炎

    4.制吐剤:嘔吐が激しいときには、プリンペランA静注、ナウゼリン坐薬 5.その他:殺菌剤で整腸作用を有するフェロベリンA3 /日など 胃大腸反射を抑制する目的で、ストロカイン/日、テリマゲン/日など 多剤耐性乳酸菌製剤(ビオフェルミンR)など 3)食事指導 1.スポーツドリンク、湯ざまし、番茶などで水分を取るようにする。[nms.co.jp] /日 注射の場合はブスコパンA静注 3.抗生剤:感染性の食中毒に対してはタリビット、カナマイシン、ホスミシンなどが用い られる。[nms.co.jp]

  • 外陰炎

    (5) エイズ検査(HIV1.2) (6) C型肝炎検査(HCV) ※(5)と(6)は妊娠中検査をすすめられます。 (7) ATL検査(成人細胞白血病検査) ※(7)もともと南九州に多いとされていた病気ですが、最近首都圏を中心にかなり流行しております。[kotoni-ladies.or.jp]

  • 膣炎

    (5) エイズ検査(HIV1.2) (6) C型肝炎検査(HCV) ※(5)と(6)は妊娠中検査をすすめられます。 (7) ATL検査(成人細胞白血病検査) ※(7)もともと南九州に多いとされていた病気ですが、最近首都圏を中心にかなり流行しております。[kotoni-ladies.or.jp]

  • 膣カンジダ症

    (5) エイズ検査(HIV1.2) (6) C型肝炎検査(HCV) ※(5)と(6)は妊娠中検査をすすめられます。 (7) ATL検査(成人細胞白血病検査) ※(7)もともと南九州に多いとされていた病気ですが、最近首都圏を中心にかなり流行しております。[kotoni-ladies.or.jp]

  • 高血圧症

    注5) ヘルパー細胞 免疫応答の調節に関わるCD4陽性細胞で、Th、Th2、Th7の3種類の細胞からなる。 注) Th7細胞 CD4を発現するヘルパー細胞の中でIL-7の発現で規定される細胞の分画で、ナイーブ細胞からのTh7細胞の分化にはIL-が必要とされる。関節リウマチなど多くの自己免疫疾患の発症に関わる。[jst.go.jp] 研究グループは、IL-の作用によって主に ヘルパー細胞 注5) の一種である Th7細胞 注) から分泌される インターロイキン21(interleukin-21;IL-21) 注7) が肺高血圧症の発症に重要な役割を担うことを発見しました。[jst.go.jp] 注4) インターロイキン(IL-細胞やマクロファージなどのさまざまな細胞から産生される多機能性サイトカインの1つ。IL-受容体、gp30と会合することで、細胞内で主にJAK/STAT経路を活性化し、炎症を引き起こすとされる。また、肝臓からの急性期タンパク質(C反応性タンパクやフィブリノーゲンなど)の産生も誘導する。[jst.go.jp]

  • ガングリオン

    […] by haraseikei プロフィールを見る 画像一覧 更新通知を受け取る April 2019 S M T W T F S 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 当院ホームページ 当院ホームページはこちら カテゴリ[haraseikei.exblog.jp]

  • 副鼻腔炎

    主な病気 外耳炎、中耳炎、難聴、めまい、耳鳴り、 アレルギー性鼻炎(花粉症など) 、鼻出血、 嗅覚障害、 副鼻腔炎(蓄膿症) 、鼻ポリープ(鼻茸)、副鼻腔腫瘍、かぜ(かぜ症候群)、咽頭炎、扁桃炎、喉頭炎、声帯ポリープ、咽頭腫瘍、喉頭腫瘍 など 耳鼻科の検査・検査機器について .喉頭ファイバー 2.C・レントゲン撮影 3.聴力検査 4.ティンパノメトリー[tsurukamekai.jp]  (鼓膜の張りをみる) 5.平衡機能検査 .頭位・頭位変換眼振(めまいの検査) 7.睡眠時無呼吸検査 慢性副鼻腔炎(蓄膿症) 副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、鼻腔周囲の骨内の空洞である副鼻腔に炎症がおきる病気です。[tsurukamekai.jp]

  • パニック発作

    外来症例ではルボックス100 mgとリボトリールが頓服として0.5 mg 1T処方されある程度の治療効果が得られていた。リボトリールは抗てんかん薬として保険適用されている薬物であるが、精神科領域では最も強力な抗不安薬として広く使用されている。[seiwakaihamada.or.jp]

  • 急性副鼻腔炎

    主な病気 外耳炎、中耳炎、難聴、めまい、耳鳴り、 アレルギー性鼻炎(花粉症など) 、鼻出血、 嗅覚障害、 副鼻腔炎(蓄膿症) 、鼻ポリープ(鼻茸)、副鼻腔腫瘍、かぜ(かぜ症候群)、咽頭炎、扁桃炎、喉頭炎、声帯ポリープ、咽頭腫瘍、喉頭腫瘍 など 耳鼻科の検査・検査機器について .喉頭ファイバー 2.C・レントゲン撮影 3.聴力検査 4.ティンパノメトリー[tsurukamekai.jp]  (鼓膜の張りをみる) 5.平衡機能検査 .頭位・頭位変換眼振(めまいの検査) 7.睡眠時無呼吸検査 慢性副鼻腔炎(蓄膿症) 副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、鼻腔周囲の骨内の空洞である副鼻腔に炎症がおきる病気です。[tsurukamekai.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    .都内病院から分離されたA群溶血レンサ球菌の型の年次推移 年 1 2 3 4 6 9 11 12 13 18 22 25 28 B3264 その他 計 1995 1996 1997 1998 1999 6 29 22 19 10 14 30 6 24 12 8 24 7 43 49 43 3 35 19 1 1 1 1 5[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 197株の型別を見るとT-1型が72株:36.5%、T-3型が38株:19.3%で全体の半数以上を占めている。次いでT-28型:9.1%、T-12型:7.6%などであった。(表3、図2) 2000年1月以降、東京都内の病院から11人の劇症型レンサ球菌感染症又は疑いの報告があり、患者から分離された菌株 10株が型別試験のため搬入された。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 5年間に検査を実施したA群溶血レンサ球菌795株の型別は、T-12型:214株、T-4型:166株、T-1型:86株、T-28型:61株、T-6型:58株、T-3型:44株、T-B3264型:37株、T-22型:21株、T-25型:10株、T-2型:50株、T-3型:44株、T-1型:40株などであった。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

さらなる症状