Create issue ticket

考えれる150県の原因 6 hz

結果を表示する: English

  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    *phantom 6Hzの棘徐波で振幅がやや小さいものをいう。 *14&6Hz陽性棘波(14 and 6Hz positive spikes) 陽性(下向き)の棘波が主として後頭部に14Hzまたは6Hzで出現する。 **phantom 14&6Hz陽性棘波は健常人にもみられる場合があり、異常脳波ではなく境界域の脳波と解釈した方が良い。[naraamt.or.jp] * 陽性スパイク群 14&6Hz陽性棘波(14&6Hz positive spikes) 14Hzまたは6Hzのアーチ状の連続した下向きの棘波です。 6Hz棘徐波複合(6Hz Phantom s-w) 6Hz陽性棘波に小棘波が結合したような波形です。 ページのトップに戻る (3)周期性放電とは?[fujimoto.or.jp] 14Hz(13 17Hz)陽性群発 fouteen Hz positive burst [#yebc6fe2] 脳波レポート記述例:「14Hz陽性群発が、両側中心、頭頂部、左側頭中・後部に出現している」 6Hz(5 7Hz)陽性群発 six Hz positive burst [#ocba1fc9] 脳波レポート記述例:「6Hz陽性群発が、[seesaawiki.jp]

  • パーキンソン病

    これまでに5種類の動物モデル(最大電撃けいれんモデル、6Hz精神運動発作モデル、ペンチレンテトラゾール誘発けいれんモデル、キンドリングモデル、音誘発けいれんモデル)で検証を行いましたが、すべてのモデルで有効性を示しました。[eisai.co.jp] (1)典型的な左右差のある安静時振戦(4 Hz)がある。 (2)歯車様強剛、動作緩慢、姿勢反射障害のうち2つ以上が存在する。 ※2.脳CT又はMRIにおける特異的異常とは、多発脳梗塞、被殻萎縮、脳幹萎縮、著明な脳室拡大、著明な大脳萎縮など他の原因によるパーキンソニズムであることを明らかに示す所見の存在をいう。[nanbyou.or.jp]

  • 睡眠中の持続性頼徐波と徐波

    2.成人の正常脳波(低振幅脳波) 20μV以上の振幅の見られない脳波で成人にまれにみられる 開閉眼,光刺激,過呼吸等の賦活によりα(アルファ)波が時々見られることもある緊張状態が強い場合にもまれに低振幅脳波となる 3.小児の正常脳波 一般的に成人と比べ高振幅で周波数が遅く不規則で左右差が目立つ 背景脳波:1歳で5Hz ,3歳で6Hz ,5歳[naraamt.or.jp] で7Hz ,8歳で8Hz が正常の目安 4.μ(ミュー)律動 7 12Hzのアーチ状の連続した波で,中心・頭頂部に一側性または両側性に出現する 開眼時には減衰しないが,手を握るなどの運動や感覚刺激により抑制される 5.入眠時過剰同期 4 7Hzの両側同期生律動波が中心,前頭部優位に全般性,群発状に出現(10才以前の小児に出現しやすい) 6.[naraamt.or.jp] 睡眠脳波stage1前半(さざなみ波) 入眠時:α(アルファ)波の振幅,周波数,連続性が低下し,次いで低振幅の2 7Hzの徐波が見られる 7.睡眠脳波stage1後半(POSTs)(hump,V波,瘤波) POSTs:睡眠時後頭部陽性鋭波(後頭部) hump :頭蓋頂鋭波(頭蓋頂)*生後6ヶ月頃より出現 8.睡眠脳波stage2(spindle[naraamt.or.jp]

  • 錐体外路症候群

    振戦: 静止時振戦を特徴とし、丸薬まるめ運動(pill-rolling movement)と呼ばれる特徴的な4-6 Hzの振戦がみられる。精神的緊張(例:100からの数字の逆唱など)により振戦は増強し、睡眠により消失、運動中は減弱する。病初期には一側上肢、もしくは下肢にみられ、病期の進展と共に振戦は両側性となってくる。[nmt.ne.jp] 振戦の特徴は安静時振戦で、動作時には減少あるいは消失します(ふるえの頻度は4 6Hz)。筋固縮は頸部の筋、上肢では手指屈筋、回内筋によくみられます(筋の伸長に対して規則的な抵抗の変化を示し、その現象は歯車現象と呼ばれます) その他には、次のような症状もみられる場合があります。[okuchidetaberu.com] 発現の状況により、 静止時振戦 、 姿勢時振戦 、 運動時振戦 に分類されるが、パーキンソン病では、4 6Hzの比較的遅く、丸薬を丸めるような動作を伴う静止時振戦が特徴的である。また通常、片側の上肢に発症し、次に同側下肢、後に対側の上肢、下肢へとみられるようになる。[bsd.neuroinf.jp]

  • 急性過換気

    6. 欠神発作と過呼吸賦活試験 10秒前後の意識消失を主徴とするてんかんで、発作時に高振幅の3Hz spike & slow wave complexが、広汎性に出現します。大多数の場合、脳波上の発作波の出現に伴い臨床発作(意識消失発作)を起こしていますので、脳波記録中に意識状態の確認が必要です。[www2.oninet.ne.jp]

  • セートレ・ヒョツェン症候群

    -sis **** ((接尾)) 症 thrombosis (血栓症) コーパス fibrosis (線維症) コーパス ((略))(単位) 秒 S-nitrosylated ** コーパス (DNA複製が行われる細胞周期) S期 【類義語】S period 【類義語】S phase checkpoint (大便を一時的に貯えるための組織) Sパウチ (糖との結合にSH基が関与するレクチン) S型レクチン 【類義語】S-100 protein (好中球に発現しRAGEリガンドとして機能するカルシウム結合タンパク質) S100A12タンパク質 【類義語】S100A12 【類義語】S100A4[…][life-science-dictionary.com]

  • 心律動異常

    評価上の注意 上記2-2の棘(spike)について、14Hz又は6Hzの陽性棘は、適合とする。 備考 8-5 意識障害等 身体検査基準 意識障害若しくはけいれん発作又はこれらの既往歴がないこと。[aeromedical.or.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    振戦はパーキンソン病と異なり、Hz、不規則でjerkyであるという特徴がある。四肢のミオクローヌスおよびジストニアの出現頻度は半数以下である。進行すると姿勢保持障害や転倒が出現する。大脳皮質の徴候として、肢節運動失行、構成失行、失語、半側空間無視、他人の手徴候、皮質性感覚障害、把握反射、認知機能障害、行動異常などがみられる。[nanbyou.or.jp] ) ・Parkinson症候群 ・ミオトリー(myorhythmia) ・軟口蓋ミオクローヌス ・骨格筋ミオクローヌス ・中脳振戦 b)動作・姿勢時に出現(動作時・姿勢時振戦) イ.速い振戦(7-11Hz) ・生理的振戦 ・本態性振戦(書家振戦・起立性振戦) ・老人性振戦(頸部振戦) ・甲状腺機能亢進症 ロ.遅い夜戦(3-6Hz) ・企図振戦[ibaraisikai.or.jp] 厚生労働省 難病情報センター( //www.nanbyou.or.jp ) (1) 左右差のある典型的な安静時振戦(4-6 Hz),または (2) 歯車様筋強剛,動作緩慢,姿勢反射障害 の2つ以上 2.Movement Disorder Society(Mov Disord. 2015;30:1591-1601 (1) 動作(運動)緩慢,および[kkh.ne.jp]

  • 心因性過換気

    6. 欠神発作と過呼吸賦活試験 10秒前後の意識消失を主徴とするてんかんで、発作時に高振幅の3Hz spike & slow wave complexが、広汎性に出現します。大多数の場合、脳波上の発作波の出現に伴い臨床発作(意識消失発作)を起こしていますので、脳波記録中に意識状態の確認が必要です。[www2.oninet.ne.jp]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    *phantom 6Hzの棘徐波で振幅がやや小さいものをいう。 *14&6Hz陽性棘波(14 and 6Hz positive spikes) 陽性(下向き)の棘波が主として後頭部に14Hzまたは6Hzで出現する。 **phantom 14&6Hz陽性棘波は健常人にもみられる場合があり、異常脳波ではなく境界域の脳波と解釈した方が良い。[naraamt.or.jp]

さらなる症状