Create issue ticket

考えれる4,018県の原因 6

結果を表示する: English

  • 頸動脈狭窄症

    高知赤十字病院の基準ではMRIのDWIでMCAの1/3以上の病変が認められること、MCAがM1ないしM2レベルで閉塞していること、JCSⅡ-30以上の意識障害が6時間以上持続することが除外基準である。[ja.wikipedia.org] 日本の脳卒中ガイドライン2009ではCEAの有効性が確実に得られるのは症候性病変で手術リスクが6%以下、無症候性病変では3%以下が条件である。10%以上のリスクを有する術者では患者の状況にかかわらず内科的治療に結果が劣る。[ja.wikipedia.org] 吹田研究では面積狭窄率25〜50%の頸動脈狭窄症の患者の頻度は男性で6.5%、女性で3.0%であった。面積狭窄率で50%を超える頸動脈狭窄症の頻度は男性で7.9%であり女性で1.3%であった。 アテローム硬化頸動脈狭窄症の原因のほとんどはアテローム硬化である。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    3〜6ヶ月ぐらいの乳児は免疫力が弱く重症化しやすい(母親からの免疫がなくなる時期)。 呼吸機能が未発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp] 大阪市立環境科学研究所では、感染症発生動向調査事業において、2011から2012年の期間に大阪市内の6歳未満の呼吸器感染症検体について多項目の呼吸器感染症ウイルス遺伝子検査をおこないました。その結果、3から6月の春の季節は、ヒトメタニューモウイルスとヒトパラインフルエンザウイルス3型の急激な検出増加と高い陽性率が認められました(図)。[iph.osaka.jp] (1)在胎期間28週以下の早産で、12か月齢以下の新生児および乳児 (2)在胎期間29週 35週の早産で、6か月齢以下の新生児および乳児 (3)過去6か月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24か月齢以下の新生児、乳児および幼児 (4)24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の新生児、乳児および幼児 (5)24[city.osaka.lg.jp]

  • 食中毒

    6月に入りました。暑くてじめじめとした時期は「食中毒」に注意しましょう。 食中毒は冬場に多く見られるノロウィルスなどの「ウィルス性食中毒」と夏場に多く見られる「細菌性食中毒」などがあります。 こんな症状が出たら、それは細菌性食中毒かもしれません。[hospital.japanpost.jp] 1.食中毒発生件数と有症者数(児童生徒)の推移(平成9年度 平成2年度) 2.食中毒発生状況の詳細(平成9年度 平成2年度) 3.原因菌等別の食中毒発生件数(平成9年度 平成2年度) 4.月別・原因菌等別食中毒発生件数(平成9年度 平成2年度) 5.発生施設別食中毒発生件数(平成9年度 平成2年度) 1.食中毒発生状況と有症者数([jpnsport.go.jp] ここでは、「買い物」「家庭での保存」「下準備」「調理」「食事」「残った食品」の6つのポイントで、具体的な方法を紹介していきます。[gov-online.go.jp]

  • 耳鳴り

    その他、慢性期におこなわれうる治療として、Pawel Jastreboffの神経生理学的耳鳴理論によるTinnitus Retraining Therapy(TRT)が日本にも広まっており、その有効率は6-80%程度とされている。他に中耳腔注入療法、ブロック療法(星状神経節ブロック)、自律訓練法などがある。[ja.wikipedia.org]

  • RSウイルス感染症

    3〜6ヶ月ぐらいの乳児は免疫力が弱く重症化しやすい(母親からの免疫がなくなる時期)。 呼吸機能が未発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp]

  • 風邪

    平均すると、小児は1年につき6 8回、成人は2 4回風邪に罹患する。 目的: プラセボ 、無 治療 または他の 治療 と比較して、ガーリックが風邪の予防または 治療 に有効であるかどうかを検証すること。[cochrane.org] という質問への回答は、「咳止め(1.9%)」「解熱剤(59.8%)」「鼻水を抑える薬(53.0%)」「抗菌薬(30.1%)」「痰切り29.1%」でした。風邪には効果がないにもかかわらず、およそ30%の人が自ら抗菌薬を希望しているということです。[biz-journal.jp] 【風邪の代表的な原因ウイルス】 ライノウイルス:4月、5月、9月、10月 パラインフルエンザウイルス I型:8月、9月、10月 Ⅱ型:9月、10月、11月 Ⅲ型:4月、5月、6月 RSウイルス:10月、11月、12月、1月、2月 インフルエンザウイルス:12月、1月、2月 エンテロウイルス:5月、6月、7月、8月、9月 【症状】 数日の潜伏期間[tsudashonika.com]

  • 過食

    1-3 内科 外科 ー ー ー ー ー 外科専門医 消化器外科専門医 岩岡の郷診療所 兵庫県 神戸市西区岩岡町岩岡字坂ノ下番地の2 歯科 内科 精神科・神経科 リハビリテーション ー ー ー ー ー ー 先 進 医 療 難 病 対 応 在 宅 医 療 漢 方 ク レ ジ ッ ト カ ド 利 用 セ カ ン ド オ ピ ニ オ ン 専[scuel.me] 高校・大学と6年間、摂食障害に苦しんだ経験をブログで発信し、同じ悩みを抱える子の声に耳を傾ける。つらい経験を聴いて、「良くなりたい」と強く願う子の気持ちが軽くなればと考えている。 誰にも言えない過食や嘔吐 SNSで届く声 「就活どう?」「大学で何の勉強してるの?」[withnews.jp] 体重は7から8キロぐらいまで増えていました。 過食後の絶食は「リセット」 習慣になった 関東の大学に進学し、一人暮らしになると、過食はひどくなりました。 そのころ、自分のなかにひとつの「ルール」ができました。「夜中の0時までは、食べ続けてもいい」というものです。そこまでは食べるけれども、その代わり、翌日は絶食する。[asahi.com]

  • 急性胃腸炎

    201年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。 » テンダー のすべての投稿 この記事に関連するキーワード 胃腸炎[yohoho.jp] (PAGE)解析から、稀なウイルス株G3P[8]またはG3P[6]と考えられました。11例のウイルスゲノムを次世代シークエンサーで解析し、DS-1-like遺伝子構成のEquine-like G3ロタウイルスであることが判明しました。[kobe-u.ac.jp] 医療機関受診が必要な下痢症とは ① 6ヶ月未満、8kg未満の小児 ヶ月未満の子は腎臓における濃縮力が低く脱水になりやすい、また、そのためORSの使用が出きません。 ② 早産、慢性疾患をもつ児、現在、何かの病気にかかっている児 基礎疾患が悪化しやすく、胃腸炎も重症化しやすいです。[tsudashonika.com]

  • 気管支炎

    PIV検出例は87例中68例(PIV1型36例、PIV2型6例、PIV3型18例、PIV4型8例)が0 2歳までの低年齢層であるが、過去には、小児だけでなく高齢者に至るまで幅広い年齢層での集団感染が報告4, 5, 6) されているので留意が必要である。[niid.go.jp] J20.5 RSウイルスによる急性気管支炎 (1) 7 J20.6 ライノウイルスによる急性気管支炎 (1) 8 J20.7 エコーウイルスによる急性気管支炎 (1) 9 J20.8 その他の明示された病原体による急性気管支炎 (2) 10 J20.9 急性気管支炎,詳細不明 (9)[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 6週齢以下では致死率は高くなる。 4.病理学的変化 血清型と病型の間には明らかな関係は認められていない。呼吸器のカタル性炎、腎臓腫大および尿酸沈着、卵管萎縮などがみられる。 5.病原学的検査 気管や肺などの呼吸器、腎臓などを材料とし、発育鶏卵尿膜腔内接種によるウイルス分離検査を実施する。[naro.affrc.go.jp]

  • アデノウイルス感染症

    通常、6月ころから徐々に流行しはじめ、7 8月にピークとなります。 Q2 咽頭結膜熱にかからないためにはどうすればいいのですか。 A2 流行時には、流水とせっけんによる手洗い、うがいをしましょう。 感染者との密接な接触は避けましょう(タオルなどは別に使いましょう)。[mhlw.go.jp] しかし、疾患としての咽頭結膜熱は通常夏期に地域全体で流行し、6月頃から徐々に増加しはじめ、7 8月にピークを形成する。本邦の感染症発生動向調査からみると、過去は夏期に流行の山がみられ、数年おきに流行規模が大小していたが、2003年から冬季にも流行のピークが明確にみられるようになった 1) 。[niid.go.jp] 感染症法 - 5類感染症定点把握疾患 学校安全法 - 第二種伝染病 アデノウイルス感染症 MSDマニュアル プロフェッショナル版 南波広行、和田靖之、アデノウイルス感染症 51巻 (2008) 6号 p.456-461, doi:10.11453/orltokyo.51.456 感染症の話 咽頭結膜熱 国立感染症研究所感染症情報センター 咽頭結膜熱[ja.wikipedia.org]

さらなる症状