Create issue ticket

考えれる195県の原因 5th

結果を表示する: English

  • 鉄欠乏症

    【参考にした文献】 BERKOWITZ’S Pediatrics 5th Edition American Academy of Pediatrics[sakuragaokashonika.com]

  • 膣カンジダ症

    Gust, 1967 (2019年2月28日に利用) .mysys-table { table-layout: fixed; width:70%; max-width: 300px; margin: 0 auto; border-collapse: collapse; } .mysys-table th { border: solid 1px[news.goo.ne.jp] ; padding: 0.5em; text-align: center; } .mysys-table tbody td, .mysys-table tfoot td { text-align:center; border: solid 1px; padding: 0.5em; word-break : break-all; } ・慢性皮膚粘膜[news.goo.ne.jp]

  • 顎関節炎

    Management of Temporomandibular Disorders and Occlusion (6th ed.). MOSBY. ISBN 978-0-323-04614-5. NCID BA8321642X. American Academy of Orofacial Pain.[ja.wikipedia.org]

  • うつ病

    The Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 5th edition International Statistical Classification of Disease and Related Problems, 10th edition うつ病以外の病気でもうつ状態[smilenavigator.jp]

  • 高血圧症

    研究グループは、IL-6の作用によって主に ヘルパーT細胞 注) の一種である Th17細胞 注6) から分泌される インターロイキン21(interleukin-21;IL-21) 注7) が肺高血圧症の発症に重要な役割を担うことを発見しました。[jst.go.jp] ) ヘルパーT細胞 免疫応答の調節に関わるCD4陽性T細胞で、Th1、Th2、Th17の3種類の細胞からなる。 注6) Th17細胞 CD4を発現するヘルパーT細胞の中でIL-17の発現で規定されるT細胞の分画で、ナイーブT細胞からのTh17細胞の分化にはIL-6が必要とされる。関節リウマチなど多くの自己免疫疾患の発症に関わる。[jst.go.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    【参考にした文献】 BERKOWITZ’S Pediatrics 5th Edition American Academy of Pediatrics[sakuragaokashonika.com]

  • アトピー

    【 生物学的製剤による治療について】new 2018年5月より、生物学的製剤(デュピクセント、一般名:デュピルマブ)による治療を開始しております。この製剤はアトピーの発症に関わるTh2型炎症を抑止するヒト型抗ヒトIL-4/13受容体抗体製剤であり、従来の治療に効果不十分な症例に対して優れた効果が確認されています。[h.u-tokyo.ac.jp] また、IL-33は寄生虫感染防御に重要な役割を果たし、アレルギー疾患のメカニズムに関わるとされるTh2サイトカイン産生の誘導を介しIgE産生の増強、およびTh2型炎症を引き起こします。 3p21.33:この領域は、 GLB1 、 TMPPE 、 CRTAP 、 SUSD5 の4つの遺伝子を含みます。[riken.jp]

  • インスリン抵抗性

    Human Anatomy & Physiology (8th ed.). San Francisco: Benjamin Cummings. p. 312. ISBN 978-0-8053-9569-3 .[ja.wikipedia.org] Livanova NB, Chebotareva NA, Eronina TB, Kurganov BI (May 2002), “Pyridoxal 5′_Phosphate as a Catalytic and Conformational Cofactor of Muscle Glycogen Phosphorylase b”, Biochemistry[ja.wikipedia.org]

  • 花粉症

    初期療法で用いる薬は、「第2世代抗ヒスタミン薬」「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」「抗ロイコトリエン薬」「Th2サイトカイン阻害薬」「抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンチンA2薬」の種類。このうち1種類が選択され、花粉の飛散が終わる時期まで治療を続けることで、くしゃみや鼻みずなどのアレルギー症状に効果が得られます。[healthcare.omron.co.jp] 花粉症では、Th2細胞活性の亢進・ サイトカイン の中のIL-4・IL-5(アレルギー症状を誘発するもの)の産生の増加がみられることがあるが、この薬剤はTh2細胞の活性を低下させIL-4・IL-5の産生を抑制する作用があり効果があるとされる。ただし、即効性はなく、効果が現れるのに数週間ほどの時間がかかるという特徴がある。[ja.wikipedia.org]

  • アトピー性皮膚炎

    【 生物学的製剤による治療について】new 2018年5月より、生物学的製剤(デュピクセント、一般名:デュピルマブ)による治療を開始しております。この製剤はアトピーの発症に関わるTh2型炎症を抑止するヒト型抗ヒトIL-4/13受容体抗体製剤であり、従来の治療に効果不十分な症例に対して優れた効果が確認されています。[h.u-tokyo.ac.jp] その他、IPDというTh2活性阻害薬が使用されることがある。アトピー性皮膚炎では、Th2細胞の亢進・サイトカインの中のIL-4・IL-5(アレルギー症状を誘発するもの)の産生の増加がみられることがあるため、効果があるとされている。その他、痒疹タイプの皮疹に対してトラニラストも使用される。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状