Create issue ticket

考えれる3,036県の原因 59

  • 肺炎

    近年では肺炎球菌のペニシリン耐性化が進んでおりPISP/PRSPは2003年の調査では59.8 %にも及んだ。 院内肺炎ではグラム陰性桿菌、たとえば緑膿菌やセラチア菌をターゲットとして第3世代セフェム (セフォタキシム等) を用いる。 過敏性肺炎では、原因抗体からの隔離。 小児の肺炎では、経験的治療は大きく異なってくる。[ja.wikipedia.org]

  • 咽頭炎

    一方で、抗菌薬は全体の59.3%に処方され、そのうち第一選択薬であるペニシリン系抗菌薬が選択されたのは10.8%でした。本研究成果は、2019年1月16日に日本の医学誌「 Journal of Infection and Chemotherapy 」に掲載されます。[okayama-u.ac.jp] 急性咽頭炎の59.3%に抗菌薬が処方され、処方された抗菌薬のうち第一選択薬であるペニシリン系抗菌薬が選ばれたのは10.8%でした。 本研究における日本国内の急性咽頭炎治療における抗菌薬の使用状況に関する取り組みは、薬剤耐性菌対策の基礎的知見の一つとして活用されることにより、保健関連SDGsの達成にも貢献が期待されます。[okayama-u.ac.jp]

  • 耳管開放症

    参考文献:耳展59:3;118 123,2016 耳管開放症状があり,それが体位により変化する ことがわかると,耳管開放症を強く疑うことができます 。それを確定診断するためには、さらに他覚的所見 をとらえることが必要となります。[takemura-jibika.jp] 参考文献:耳展59:3;118 123,2016 生活指導は、耳管開放症の管理の根幹となります。 生活指導は以下の3 点からなります。 ① 病気の理解 ② 対症法 普段から:多めの水分摂取 過度なダイエットを控える 発症時 :スカーフ療法 ③ 鼻すすりの禁止 ① 病気を理解してもらう が最も重要であります。[takemura-jibika.jp]

  • 虫垂炎

    年齢別平均在院日数 9歳 3.7日 10 19歳 4.0日 20 29歳 4.2日 30 39歳 4.1日 40 49歳 4.9日 50 59歳 4.0日 60 69歳 7.1日 70 79歳 9.7日 80 89歳 9.8日 90歳 12.5日 虫垂炎で入院した患者の平均在院日数 5.4日 在院日数の説明をご参照ください。[ai-hosp.or.jp] 平成28年度データ 入院患者数 年齢構成 9歳 6人 10 19歳 27人 20 29歳 24人 30 39歳 24人 40 49歳 34人 50 59歳 8人 60 69歳 19人 70 79歳 16人 80 89歳 6人 90歳 2人 虫垂炎で入院した患者の平均年齢 41.3歳 在院日数 虫垂炎で入院した患者の平均在院日数 5.4日 当院[ai-hosp.or.jp]

  • 特発性肺線維症

    Aは、平成11年1月16日午前11時3分、Y病院において、肺線維症により死亡した(死亡当時59歳)。 特発性間質性肺炎の一疾患である特発性肺線維症は、肺胞壁(間質)の慢性炎症により線維化を示す原因不明の慢性進行型の疾患であり、予後不良とされている。[medsafe.net]

  • 結核

    当時、新規の結核登録患者数は年間約59万人(近年の15倍以上)、死亡数は年間約9万3千人(近年の30倍以上)であり、全国の病床のうち約4割を結核病床が占めていた。 ・ このような背景の下、現行施策の基礎となる結核予防法に基づく施策の基本的な考え方は以下のとおりである。[mhlw.go.jp] 症状発現から受診までの期間が2か月以上の患者の割合は、昨年とほぼ同様あるが、30歳 59歳の働き盛りで感染性のある結核患者においては遅れが目立ち、平成26年は38%の患者に受診の遅れがみられた。また、初診から診断(登録)までの期間が1か月以上の割合もここ数年は、20%前後であり低下していない。[wako-chem.co.jp] 出典 [ 編集 ] 橋本達一郎、「 ツベルクリン反応発現の機序 」結核 Vol.48 (1973) No.3 P51-59, doi : 10.11400/kekkaku1923.48.3_51 杉山幸比古、「 ツベルクリン反応 」日本内科学会雑誌 Vol.89 (2000) No.5 P.868-873, doi : 10.2169/naika[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    The New England Journal of Medicine 351 (18): 1849–59. doi : 10.1056/NEJMoa040845 .[ja.wikipedia.org] 髄膜炎の原因としての細菌感染に関する最初の記録は、オーストリアの細菌学者 Anton Weichselbaum の meningococcus (1887)にみられる [59] 。初期の報告では髄膜炎による死亡率は非常に高いものであったが(90%以上)、1906年にウマを用いて 抗血清 が作られた。[ja.wikipedia.org] European Journal of Neurolology 15 (7): 649–59. doi : 10.1111/j.1468-1331.2008.02193.x . PMID 18582342 . a b c d Straus SE, Thorpe KE, Holroyd-Leduc J (October 2006).[ja.wikipedia.org]

  • 先端巨大症

    大平 美代子さん(仮名) (女性・59歳) 詳細はこちらから 目立たないようにしていた私が、 当事者として国に訴えるように。 中原 すみれさん (女性・44歳) 詳細はこちらから 関西在住。東京の名医の元で 手術を受け、完治。 篠田 茂樹さん(仮名) (男性・63歳) 詳細はこちらから 納得のいく治療を自ら求め、 良い結果に。[acromegaly-center.jp] 59歳没。死去から1年余りが経過した 1987年 3月場所で 森乃里治重 が十両に昇進し、 立田川部屋 第一号の 関取 となった。 晩年には 両国 で「 割烹 ちゃんこ 大内」を経営し、長男の大内明が引き継いでいる。この店舗は、 テレビ東京 系 ドラマ 「 孤独のグルメ 」Season2・第八話でも紹介されている [8] 。[ja.wikipedia.org]

  • オキシメタゾリン

    D08322 オキシメタゾリン Target-based classification of drugs [BR: br08310 ] G Protein-coupled receptors Rhodopsin family Adrenaline ADRA1A D08322 Oxymetazoline (INN) リンク CAS: 1491-59[genome.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    フローサイトメトリーフローサイトメトリー(FCM)で赤血球や顆粒球の「CD55」「CD59」陰性細胞数の割合を検査する。日本では、赤血球検査のみ保険適応のため、赤血球のCD55/CD59検査が一般的であるが、溶血や輸血の影響を受けるため、顆粒球(白血球)の測定がより的確であり海外では一般的である。[ja.wikipedia.org] […] inhibitor of reactive lysis:MIRL)」が欠損することで、補体(C3/C5:CD55にて制御 C9:CD59にて制御)活性が強くでることで血管内溶血が生じてくる。[ja.wikipedia.org] グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating factor:DAF)」や「CD59(membrane[ja.wikipedia.org]

さらなる症状