Create issue ticket

考えれる1,983県の原因 55

結果を表示する: English

  • 更年期障害

    更年期障害は閉経前後10年程度(45〜55歳)で起こることが多く、生理の周期と関係なく長引くことが多いといえます。 注意したい点 注意したいのは40代を過ぎて閉経が近くなっている場合です。更年期障害の症状が出ているのかPMSなのか区別がつきにくくります。[meril.jp] 更年期とは閉経を迎える前後10年程度(おおよそ45歳 55歳)を指し、更年期障害は、更年期にあたる女性の2 3割の方に症状がみられると言われています。閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、自律神経系の副交感神経と交感神経という脳のブレーキとアクセルの役割を担う機関に異常があらわれ、さまざまな精神的・身体的変調を引き起こします。[morinomiyamentalclinic.com] そして平均して50歳前後で閉経を迎えますが、その前後の45 55歳までを一般に更年期と呼んでいます(この年齢には個人差があります)。 更年期は急激に女性ホルモンが減少するため、体がその減少変化についていけず、さまざまな変調を来たしがちです。 特に、自律神経失調症状が多く、いわゆる不定愁訴が現れます。[lck.jp]

  • 大腸菌

    O26、O44、O55、O86、O111、O114、O119、O125、O127、O128、O142、O158の血清型大腸菌。 (2)腸管侵入性大腸菌 大腸の粘膜に侵入し、細胞を破壊し、赤痢に似た症状となる。発熱、腹痛、水様性下痢をおこす。[kotobank.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。[msdmanuals.com] リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎 と密接に関連するため,これら2つの疾患を同じ過程の異なる側面であるとみなす専門家もいる。リウマチ性多発筋痛症が,より一般的な疾患であると考えられる。[msdmanuals.com]

  • 胸部大動脈瘤

    「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン」では、 初回検査で大動脈径が45mm未満であれば半年後にCTを再検、半年間で拡大がなければ次からは1年に1回の頻度で径のチェックを行う 初回検査で55mm以上であった場合は手術リスクを考慮しながら手術適応を検討する マルファン症候群のような遺伝的大動脈疾患や先天性二尖弁,大動脈縮窄症の例では45mmを[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    フローサイトメトリーフローサイトメトリー(FCM)で赤血球や顆粒球の「CD55」「CD59」陰性細胞数の割合を検査する。日本では、赤血球検査のみ保険適応のため、赤血球のCD55/CD59検査が一般的であるが、溶血や輸血の影響を受けるため、顆粒球(白血球)の測定がより的確であり海外では一般的である。[ja.wikipedia.org] […] inhibitor of reactive lysis:MIRL)」が欠損することで、補体(C3/C5:CD55にて制御 C9:CD59にて制御)活性が強くでることで血管内溶血が生じてくる。[ja.wikipedia.org] グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating factor:DAF)」や「CD59(membrane[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    翌朝に酒を残さないためには純粋なエタノール量に換算して男性で45〜55cc、女性なら30〜40cc程度が限度量となる。男性なら、日本酒で2合、ビールなら2本、ウィスキーのダブルで2杯程度。女性なら、日本酒で1.5合弱、ビールなら1.5本弱、ウィスキーのダブルで1.5杯弱程度。[ja.wikipedia.org] プライベート 投稿日:2018-12-12 00:09:55.0 「急性アルコール中毒」の症状とは? こんにちは! 忘年会シーズンですね。 「12月は毎日毎日お酒を飲んでいるよ!」という人もいるのでは? ところで、お酒の席で酔いつぶれてしまった人がいた場合、急性アルコール中毒かどうかを見極めるにはどうすればいいでしょうか。[beauty.hotpepper.jp]

  • 寄生虫病

    寄生虫をやっつける 加熱処理:55 、5分以上。食肉中に含まれる寄生虫(シスト)の不活化には、中心が67 になるまでの加熱が有効であるとされています。 凍結処理:中心が-12 になるまでの凍結が有効であるとされています。[fsc.go.jp]

  • 家族性高コレステロール血症

    早発冠動脈疾患は男性55歳未満、女性65歳未満と定義する。[ja.wikipedia.org] 2親等以内の家族に家族性高コレステロール血症の人または若年で狭心症や心筋梗塞を発症した人がいる 男性は55歳未満、女性は65歳未満の場合を指します。 黄色腫と呼ばれるコレステロールのかたまりが体にできている 黄色腫は、特にアキレス腱に起きやすく、両脚とも太くなります。[nhk.or.jp] 家族歴がある場合や、心筋梗塞などを比較的若く(男性55歳未満、女性65歳未満)発症した方がいる場合は、一度かかりつけの小児科を受診し、相談することをおすすめします。[city.kofu.yamanashi.jp]

  • 強迫性障害

    J Clin Psychiatry 55; 5-10, 1994. 6)Sasson Y, Zohar J, Chopra M, et al; Epidemiology of obsessive-compulsive disorder; A world view.[mhlw.go.jp] J Clin Psychiatry (suppl.) 55; 15-27, 1994. 34)松永寿人. 強迫性障害-いわゆる難治例とその対応-. 専門医のための精神科臨床リュミエール 15. 難治性精神障害を考えるII. 様々な難治性精神障害とその取り組みの実際.[mhlw.go.jp]

  • 真性多血症

    Ht 55%が治療開始の目安であり、1回の瀉血は400-600ml程度である。瀉血した後一ヶ月程度でHtは元に戻るのでHtを見ながら繰り返し瀉血し、理想的にはHtを男性で45%以下女性で42%以下血小板数を40万/μl以下にコントロールすること、あるいは少なくともHt45%以下を目標とする。[ja.wikipedia.org] 泰司、小松 則夫「骨髄増殖性腫瘍に対する新規分子標的薬」『Annual Review 血液 2010』中外医学社、2010、p91-98 下田 晴子、下田 和哉「骨髄増殖性疾患分子病態と治療」『血液内科』第62巻第5号、科学評論社、2011年5月、pp.648-655 三森 徹、小松 則夫「真性赤血球増加症と妊娠」月刊誌『血液・腫瘍科』第55[ja.wikipedia.org]

さらなる症状