Create issue ticket

考えれる3,084県の原因 55

結果を表示する: Deutsch

  • 更年期障害

    更年期障害は閉経前後10年程度(45〜55歳)で起こることが多く、生理の周期と関係なく長引くことが多いといえます。 注意したい点 注意したいのは40代を過ぎて閉経が近くなっている場合です。更年期障害の症状が出ているのかPMSなのか区別がつきにくくります。[meril.jp] 日本人の女性が閉経を迎える年齢は、50 51歳といわれており、一般的には閉経をはさんだ、45歳 55歳の約10年間を「更年期」と呼びます。ただし閉経年齢には個人差があるので、40代前半からはじまる人もいます。[shiroishi.or.jp] 更年期とは、閉経前後の約10年間(45歳 55歳くらいまで)の時期を指します。 この時期は、これまで卵巣から分泌されていたエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少するため、のぼせ、汗、冷えなどの自律神経失調症状が起こりやすくなります。[atlas-ladies.com]

  • 大腸菌

    O26、O44、O55、O86、O111、O114、O119、O125、O127、O128、O142、O158の血清型大腸菌。 (2)腸管侵入性大腸菌 大腸の粘膜に侵入し、細胞を破壊し、赤痢に似た症状となる。発熱、腹痛、水様性下痢をおこす。[kotobank.jp]

  • 急性アルコール中毒

    翌朝に酒を残さないためには純粋なエタノール量に換算して男性で45〜55cc、女性なら30〜40cc程度が限度量となる。男性なら、日本酒で2合、ビールなら2本、ウィスキーのダブルで2杯程度。女性なら、日本酒で1.5合弱、ビールなら1.5本弱、ウィスキーのダブルで1.5杯弱程度。[ja.wikipedia.org]

  • 胸部大動脈瘤

    「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン」では、 初回検査で大動脈径が45mm未満であれば半年後にCTを再検、半年間で拡大がなければ次からは1年に1回の頻度で径のチェックを行う 初回検査で55mm以上であった場合は手術リスクを考慮しながら手術適応を検討する マルファン症候群のような遺伝的大動脈疾患や先天性二尖弁,大動脈縮窄症の例では45mmを[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。[msdmanuals.com] リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎 と密接に関連するため,これら2つの疾患を同じ過程の異なる側面であるとみなす専門家もいる。リウマチ性多発筋痛症が,より一般的な疾患であると考えられる。[msdmanuals.com]

  • 発作性夜間血色素尿症

    フローサイトメトリーフローサイトメトリー(FCM)で赤血球や顆粒球の「CD55」「CD59」陰性細胞数の割合を検査する。日本では、赤血球検査のみ保険適応のため、赤血球のCD55/CD59検査が一般的であるが、溶血や輸血の影響を受けるため、顆粒球(白血球)の測定がより的確であり海外では一般的である。[ja.wikipedia.org] […] inhibitor of reactive lysis:MIRL)」が欠損することで、補体(C3/C5:CD55にて制御 C9:CD59にて制御)活性が強くでることで血管内溶血が生じてくる。[ja.wikipedia.org] グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating factor:DAF)」や「CD59(membrane[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    を疑う病歴の極意:(1)悪寒戦慄を伴う38 以上の発熱 咳,(2)二峰性発熱,(3)38 以下でも高齢者や肺に基礎疾患がある人の気道症状 寝汗 ……p49 マイコプラズマ肺炎の特徴:鼻汁,咽頭痛,38 以上の発熱が3日間以上続く若年成人,流行あり,胸部レントゲン写真で浸潤影,皮疹(多形滲出性紅斑以外でもよい),関節腫脹,肝機能異常 ……p55[igaku-shoin.co.jp]

  • 家族性高コレステロール血症

    早発冠動脈疾患は男性55歳未満、女性65歳未満と定義する。[ja.wikipedia.org] -900 mg/dL 2.黄色腫(おうしょくしゅ)がある ・コレステロールがたまることによる黄色っぽい隆起した斑点 ・手の甲、ひざ、ひじ、まぶた、手首などに見られます ・アキレス腱が健康な人よりも厚くなっていることもあります 3.若くして冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)を発症する ・もっとも大切な、命にかかわる合併症です ・若い年齢とは男性55[fh-ncvc.com] 2親等以内の家族に家族性高コレステロール血症の人または若年で狭心症や心筋梗塞を発症した人がいる 男性は55歳未満、女性は65歳未満の場合を指します。 黄色腫と呼ばれるコレステロールのかたまりが体にできている 黄色腫は、特にアキレス腱に起きやすく、両脚とも太くなります。[nhk.or.jp]

  • 寄生虫病

    寄生虫をやっつける 加熱処理:55 、5分以上。食肉中に含まれる寄生虫(シスト)の不活化には、中心が67 になるまでの加熱が有効であるとされています。 凍結処理:中心が-12 になるまでの凍結が有効であるとされています。[fsc.go.jp]

  • メイターナー症候群

    ,Editor N Engl J Med 2014 ; 370:1742-1748 病歴部分の和訳(原文の第1-2段落) 心不全の既往のある55歳男性が、右下肢の疼痛と腫脹を主訴に救急外来を受診した。受診の3日前、突如、右下腿に腫れがあることに気付いた。それ以前に先行する外傷は特になかった。[nejm.jp]

さらなる症状