Create issue ticket

考えれる1,718県の原因 54

結果を表示する: English

  • 心不全

    (2) 死 亡 年次推移をみると、死亡数は、昭和50年代半ばまで70万人前後で推移し、死亡率は、昭和32年から徐々に低下を続け、昭和54年、57年には6.0と最低を記録した。その後は、人口の高齢化を反映して、それぞれ増加、上昇傾向にある。[mhlw.go.jp] ハリウッド J・ロペス 娘とステージで初共演「感極まった」 [6月12日 6:39] ハリウッド M・ジャガー術後初インタビューで「新たな挑戦を」 [6月12日 6:36] コラム ハリウッドセレブの私物オークション驚きの中身とは [6月11日 14:11] ハリウッド J・ビーバー、Tクルーズにオクタゴンで勝負したい [6月11日 5:54[nikkansports.com]

  • 過食

    所在地 251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢18-1 エバーズ第10藤沢ビルII 5階 (旧:リード藤沢ビル) 電話 0466-54-0556 【予約制】お電話にてご予約ください ※受付時間は診療時間終了の30分前までとなります 最寄駅 JR東海道本線、小田急線、江ノ島電鉄 「藤沢駅」徒歩3分 診療時間 【予約制】お電話にてご予約ください[shonan-yoshida-cl.jp] 以下はその一つです 神経性食欲不振症(拒食症)の診断基準(概要、 厚生省特定疾患・神経性食欲不振症調査研究班) ①標準体重のマイナス20% のやせ(標準体重は160 cmなら54kg、155cm なら52kg) ②食行動の異常( 不食、大食、隠れ食い、など) ③体重や体型について歪んだ認識( 体重増加に対する極端な恐怖など) ④発症年齢:30[kokorotokarada.net]

  • 褐色細胞腫

    2009年の調査では男女差はなく、平均54歳で10歳以下から80歳以上まであらゆる年齢に見られた。悪性は11.0%、副 腎外性(パラガングリオーマ)17.3%、多発性12.7%、家族性10.0%であった。 3. 原因 副腎髄質あるいは傍神経節の腫瘍による。腫瘍の発生原因は不明である。[nanbyou.or.jp]

  • レノックス・ガストー症候群

    症例の約30%でLGSに先行して乳児てんかんが見られ、54%という高値も報告されている。 LGSでは、複数の発作型のてんかんが見られることが典型的である。また、典型的には、他のてんかん症候群よりも幅広い発作が起こり得る。最も頻繁に起きる発作型は強直間代発作であり、夜間に多い(90%)。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    Arch Psychiatr Nervenkr 191; 14-54, 1953. 2) Robins LN, Helzer JE, Orvaschel H et al. The diagnostic interview schedule. In: Ed by Eaton WW, Kessler LG.[mhlw.go.jp] 併発症 OCD患者で認める併発症は多彩であるが、大うつ病性障害は約20-37%に併存を、そしてその生涯有病率は約54-67%とされるなど、最も高率に見られるものである [8] [12] [13] [14] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • 膀胱炎

    【文献】 1) 泌尿器科外来診療 臨床泌尿器科第54巻増刊号 2) 臨床泌尿器科のコツと落とし穴① 検査・診断・薬物療法[ohta-hp.or.jp]

  • 膣炎

    どのような部分が気になったのか詳しく聞くと、「量」(54%)、「ニオイ」(54%)、「色」(52%)、「粘度」(48%)と、大きな差が出ない結果に。オリモノの悩みは多岐にわたるようです。 また、「仕事中に不安になったこと・気になったことがある」という人も45%おり、約半数(49%)がオリモノの状態は「集中力に影響がある」と考えていました。[kyodonewsprwire.jp]

  • 筋骨格腰痛

    ,et al.JAMA. 2003;290(18);2443-54. [注5]Inoue S.,et al. PLoS One. 2015;10(6):e0129262.[style.nikkei.com] イタリアでは、北部および中部の様々な地域の54の病院の調査が、労働者(平均年齢36歳) の8.4%が 過去12カ月間に少なくとも1回は急性の腰痛を経験したことを示している。これは平均発症率の4倍である。 [6].[jniosh.johas.go.jp]

  • 外陰炎

    閉経の平均年齢は50.54歳であり、前後5年間が更年期となります。[dr-watanabe.jp]

  • 虫刺症

    【図1】年間報告数の推移 【図2】感染月別報告数 【図3】年齢階層別報告数 【参考データ】年齢階層別報告数 年 5歳 未満 5-9 歳 10-14 歳 15-19 歳 20-24 歳 25-29 歳 30-34 歳 35-39歳 40-44歳 45-49歳 50-54歳 55-59歳 60-64歳 65-69歳 70歳以上 2000 1 3[city.hiroshima.lg.jp]

さらなる症状