Create issue ticket

考えれる952県の原因 524

  • インフルエンザ

    281 8,836 38 804 インフルエンザ集団発生状況 (2017/18シーズン) 発生月 合計 内訳 社会福祉施設 医療機関 施設数 発症者数 施設数 発症者数 施設数 発症者数 2017年9月 1 20 1 20 0 0 2017年10月 0 0 0 0 0 0 2017年11月 3 86 3 86 0 0 2017年12月 25 524[pref.gunma.jp] 59 1.64 1.73 第12週 3/18 3/24 105 2.92 2.49 第11週 3/11 3/17 123 3.32 2.92 第10週 3/4 3/10 212 5.73 4.12 第9週 2/25 3/3 241 6.51 5.93 第8週 2/18 2/24 419 11.32 8.99 第7週 2/11 2/17 524[city.hiroshima.lg.jp]

  • スポーツ貧血

    -21615-4 小出 清一、福林 徹、河野 一郎 編集『スポーツ指導者のためのスポーツ医学』改訂第2版、南江堂、2009年、ISBN 978-4-524-24034-0[ja.wikipedia.org] 435-9 日本体力医学会学術委員会 監修『スポーツ医学』朝倉書店、1998年、ISBN 4-254-69031-2 万木良平 監修、栗原 敏 他 編集『スポーツ医学の基礎』朝倉書店、1993年、ISBN 4-254-69026-6 小出 清一、福林 徹、河野 一郎 編集『スポーツ指導者のためのスポーツ医学』南江堂、2000年、ISBN 4-524[ja.wikipedia.org]

  • アドレナリン作動薬

    ISBN 978-4-524-24071-5。 交感神経α受容体遮断薬 交感神経β受容体遮断薬[ja.wikipedia.org]

  • 家族性骨ページェット病

    Genome-wide association study identifies variants at CSF1, OPTN and TNFRSF11A as genetic risk factors for Paget's disease of bone」 Nature Genetics Vol.42, No.6, Page.520-524[ja.wikipedia.org]

  • 先天性全身性多毛症タイプアンブラス

    Journal of Clinical Oncology 24 (3): 523–524. doi : 10.1200/JCO.2005.01.2443 . PMID 16421430 . Earhart, RN; Ball, J; Nuss, DD; Aeling, JL (1977).[ja.wikipedia.org]

  • オルトミクソウイルス科

    クアランジャウイルス属 ジョンストン環礁ウイルス (Johnston Atoll virus) クアランジャウイルス (Quaranjavirus) トゴトウイルス属 ドーリウイルス (Dhori virus) トゴトウイルス ( Thogoto virus ) 参考文献 [ 編集 ] 医科ウイルス学 改訂第2版(南江堂、2003年、 ISBN 4-524[ja.wikipedia.org]

  • 後天性多毛症ラヌギノサ

    Journal of Clinical Oncology 24 (3): 523–524. doi : 10.1200/JCO.2005.01.2443 . PMID 16421430 . Earhart, RN; Ball, J; Nuss, DD; Aeling, JL (1977).[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性一次小頭症 14

    Kenneth H Kraemer, MD and John J DiGiovanna, MD. 日本語訳者: 窪田美穂(ボランティア翻訳者),櫻井晃洋札幌医科大学附属病院遺伝子診療室) Gene Review 最終更新日:2016.9.29,日本語訳最終更新日:2017.1.15 原文 Xeroderma Pigmentosum 要約 疾患の特徴 色素性乾皮症(xeroderma pigmentosum, XP)の特徴は以下である. 日光過敏症(患者の60[…][grj.umin.jp]

  • リーシュマニア

    文献:Salah AF et al.Topical Paromomycin with or without Gentamicin for Cutaneous Leishmaniasis.N Engl J Med 2013; 368:524-532. この記事は会員限定コンテンツです。[m3.com] Salah AF et al.Topical Paromomycin with or without Gentamicin for Cutaneous Leishmaniasis.N Engl J Med 2013; 368:524-532. Ivens AC, et al. (2005).[ja.wikipedia.org]

  • ヴァールーブ・ファンホリック・ブルバック症候群

    […] b c 中村広「インジカン」『広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版)1-その数値をどう読むか-』日本臨牀 67巻 増刊8、日本臨牀社、2009年、pp.161-163 a b 津村 秀康 他「Purple Urine Bag Syndromeの臨床像に関する検討」『泌尿器外科』Vol.18臨時増刊号、医学書院、2005年、p.524[ja.wikipedia.org]

さらなる症状