Create issue ticket

考えれる257県の原因 50 97

結果を表示する: Deutsch

  • 過食

    97年不安・抑うつ臨床研究会を設立。 日経ヘルス 2011・11 p50-53[fuanclinic.com]

  • 気管支炎

    他の型と比較すると、PIV3型が最も抗体保有率が高く、2歳児83.3%、3歳 50歳群以上は97.8% 100%であった。このことは過去の報告1, 2) とよく一致していた。[niid.go.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 57 54.12 44.54 0.00% 53.79 130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 39 16.33 16.74 2.56% 68.46 消化器内科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国[aomori-kenbyo.jp] 14 3.71 6.89 0.00% 51.00 血液内科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス 130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 69 21.12 18.49 2.90% 70.32 130010xx97x2xx[aomori-kenbyo.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    同委員会によれば、血清25(OH)D濃度50nmol/Lは、米国人口の97.5%の所要量を網羅する数値である。血清濃度が125nmol/L(50ng/mL)を超える場合は悪影響を与える可能性がある[ 1 ](表1)。[ejim.ncgg.go.jp] (PubMed) 50. Gallagher JC, Yalamanchili V, Smith LM. The effect of vitamin D on calcium absorption in older women. J Clin Endocrinol Metab. 2012;97(10):3550-3556.[lpi.oregonstate.edu]

  • 緊張性尿失禁

    極めて類似した構造を有するprazosin(プラゾシン塩酸塩)は脂溶性が高く、肝での初回通過効果を受け、生物学的利用能が約50%と報告されている。いずれも蛋白結合率は97%以上と極めて高く、特にアルブミン濃度が低下する肝・腎不全患者や高齢者への投与には十分な注意が必要である。[drugsinfo.jp]

  • 梗塞

    49歳 6人 50 59歳 26人 60 69歳 54人 70 79歳 103人 80 89歳 150人 90歳 58人 脳梗塞で入院した患者の平均年齢 78.2歳 在院日数 脳梗塞で入院した患者の平均在院日数 30.1日 当院に入院した患者の平均在院日数 12.8日 脳梗塞で入院した患者の在院日数による分布 9日 76人 10 19日 97[ai-hosp.or.jp] 心停止から蘇生を始めるまでの時間が1分以内であれば、97%蘇生に成功しますが、5分経過すると50%以下の低率となってしまいます。 心肺蘇生法の講習を受けることは、あなたの大切な人の命を守ることにつながります。病院や消防署、日赤などで定期的に講習会が開かれていますので、ぜひ受講してください。[ncvc.go.jp] 人 20 29日 74人 30 39日 52人 40 49日 34人 50 59日 19人 60 69日 16人 70 79日 11人 80日 21人 年齢別平均在院日数 39歳 60.0日 40 49歳 39.7日 50 59歳 22.8日 60 69歳 28.5日 70 79歳 36.2日 80 89歳 28.8日 90歳 24.7日[ai-hosp.or.jp]

  • 脳血栓症

    49歳 6人 50 59歳 26人 60 69歳 54人 70 79歳 103人 80 89歳 150人 90歳 58人 脳梗塞で入院した患者の平均年齢 78.2歳 在院日数 脳梗塞で入院した患者の平均在院日数 30.1日 当院に入院した患者の平均在院日数 12.8日 脳梗塞で入院した患者の在院日数による分布 9日 76人 10 19日 97[ai-hosp.or.jp] 人 20 29日 74人 30 39日 52人 40 49日 34人 50 59日 19人 60 69日 16人 70 79日 11人 80日 21人 年齢別平均在院日数 39歳 60.0日 40 49歳 39.7日 50 59歳 22.8日 60 69歳 28.5日 70 79歳 36.2日 80 89歳 28.8日 90歳 24.7日[ai-hosp.or.jp]

  • 乳房ページェット病

    . ・94%の症例では乳頭及び乳輪部の完全/部分切除が行われており, 全乳房に対する照射線量中央値 50Gy (45-54Gy). ・97%の症例に対しては, 残存乳頭あるいは腫瘍床にブースト照射が行われており, 総線量中央値は61.5Gy (50.4-70Gy). ・中央経過観察期間 113カ月 (18-257カ月).[sites.google.com] ・全例乳房に対する術後照射が行われ, 照射線量の中央値は50Gy. ・97%の症例に対して, 乳頭/腫瘍床にブースト照射が行われ, 総線量中央値は61.5Gy. ・生存例の中央経過観察期間 62か月. ・3例(10%)で初期再発として乳房内再発のみが認められた. ・2例(7%)では初期再発部位の一つとして乳房内再発がみられた.[sites.google.com]

  • 乳房パジェット病

    . ・94%の症例では乳頭及び乳輪部の完全/部分切除が行われており, 全乳房に対する照射線量中央値 50Gy (45-54Gy). ・97%の症例に対しては, 残存乳頭あるいは腫瘍床にブースト照射が行われており, 総線量中央値は61.5Gy (50.4-70Gy). ・中央経過観察期間 113カ月 (18-257カ月).[sites.google.com] ・全例乳房に対する術後照射が行われ, 照射線量の中央値は50Gy. ・97%の症例に対して, 乳頭/腫瘍床にブースト照射が行われ, 総線量中央値は61.5Gy. ・生存例の中央経過観察期間 62か月. ・3例(10%)で初期再発として乳房内再発のみが認められた. ・2例(7%)では初期再発部位の一つとして乳房内再発がみられた.[sites.google.com]

  • 乳癌

    進行乳癌や再発乳癌における、骨を始めとした遠隔転移について、PET/CTの検出能は、感度80 100%、特異度50 97%とされており、その役割は大きいと言える。[nmp.co.jp] 50歳代の比較的若い時期にピークがあることが特徴的で、今後の検診、予防活動などが注目されている。生活様式の西欧化に伴い乳癌発生率が上昇しており、食生活と関係が深く、その国での脂肪性食品の消費量に比例する。また、初婚年齢、50歳代女性の肥満指数が乳癌死亡率と同じ傾向を示している(富永祐民ほか著「乳癌の疫学的動向」)。[kotobank.jp] [山本泰久] 乳癌罹患率(年齢調整罹患率)は、日本では1975年(昭和50)17.0、80年19.6、85年24.8、90年(平成2)26.5、95年38.8となっており(『がん・統計白書』1999年版)、1970年代まではほぼ横ばいであった乳癌発生率は、死亡率とともに1980年ごろから増加傾向を示し、97年には1960年の約5倍となった([kotobank.jp]

さらなる症状