Create issue ticket

考えれる18県の原因 50 0001

結果を表示する: Deutsch

  • 関節リウマチ

    その結果、ACR20の改善率は、10mg投与群で58.3%、5mg投与群52.7%で、いずれもプラセボ群(31.2%)に比べて有意に高かった(p 0.0001)。また10mg投与群のACR50改善率(36.6%)とACR70改善率(16.2%)も、プラセボ群(それぞれ12.7% 、3.2%)に比べて有意に高かった(p 0.0001)。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 幼年期非小細胞肺癌

    プラチナ製剤併用療法後のPEMを用いたswitch maintenanceの第Ⅲ相試験で,PFSの有意な延長(4.3カ月vs 2.6カ月,HR 0.50,95%CI:0.42-0.61, P 0.0001),OSの有意な延長(13.4カ月vs 10.6カ月,HR 0.79,95%CI:0.65-0.95, P 0.012)が示された 42)[haigan.gr.jp] また,PD-L1陽性細胞50%以上のサブセット解析においても,PFSはHR 0.36(9.4 vs 4.7カ月,95%CI:0.25-0.52, P 0.0001),OSはHR 0.42(中央値に到達せずvs 10.0カ月,95%CI:0.26-0.68, P 0.0001)と有意に生存を延長した。[haigan.gr.jp] CDDP PEM併用療法後のPEMを用いたcontinuation maintenanceの第Ⅲ相試験(PARAMOUNT試験)で,PFSの有意な延長(4.1カ月vs 2.8カ月,HR 0.62,95%CI:0.50-0.73, P 0.0001),OSの有意な延長(13.9カ月vs 11.0カ月,HR 0.78,95%CI:0.64-0.96[haigan.gr.jp]

  • 人工心臓弁裂開

    [心エコー所見] 有効弁口面積(EOA):ベースライン時0.93cm² 30日後1.13cm² * (vs ベースライン) 1年後1.16cm²,EOA係数:0.49cm²/m² 0.60cm²/m² * 0.60cm²/m²,圧較差:35.0mmHg 17.7mmHg * 17.6mmHg, EF:50.6% 50.1% 54.2% *[circ.ebm-library.jp] (vs ベースライン),左室重量係数:135.7g/m² 125.4g/m² 117.6g/m²(p 0.0001 for trend),大動脈弁逆流:30日後(軽度以下96.8%,中等度 重度3.2%),1年後(none/trace 93.2%,軽度4.7%,中等度 重度1.9%),中等度 重度の僧帽弁逆流:ベースライン時34.9% 1年後[circ.ebm-library.jp]

  • プラスミノーゲン欠乏

    〜80質量%、好ましくは0.001〜50質量%、より好ましくは0.1〜40質量%の範囲であり、有効成分の望ましい摂取量を摂取できるように、1日当たりの投与量が管理できる形にするのが望ましい。[biosciencedbc.jp] プラスミノーゲン活性化剤が、上記添加剤や他のプラスミノーゲン活性化剤、他の血栓溶解剤などを含む場合、有効成分である乳酸菌又はその処理物の含有量は、その剤型により異なるが、処理前の乳酸菌の量として、通常は、0.01〜99質量%、好ましくは0.1〜80質量%、より好ましくは1〜75質量%の範囲であり、乳酸菌の処理物(例えば濃縮物)としては、通常は、0.0001[biosciencedbc.jp]

  • 両側の声帯麻痺

    , OR 32.48, 95%CI 8.39–125.78),Rastelli手術( p 0.006, OR 8.458, 95%CI 1.41–50.89),心室中隔欠損閉鎖術( p 0.0001, OR 8.00, 95%CI 2.57–24.85)の3項目で有意差を認めた.[jpccs.jp] (TAPVC) repair 0 27 ns Jatene procedure 2 23 ns Norwood procedure 0 13 ns Rastelli procedure 2 4 0.006 8.458 1.41–50.89 Ventricular septal defect (VSD) closure 7 23 0.0001[jpccs.jp] 3 Operative procedure-related risk factors of vocal cord paralysis (Univariate Analysis) Variable Group P (n 14) Group N (n 207) p OR 95%CI Blalock–Taussig shunt (BTS) 1 50[jpccs.jp]

  • 家族性骨髄線維症

    TSS 50%以上の低下は、ITT集団ではpacritinib群24.5%、BAT群6.5%(p 0.0001)に見られた。血小板数別では5万/μL未満の患者で20%、6.3%(p 0.4086)、10万/μL未満で25%、8.8%(p 0.0677)、10万/μL以上で24.3%、5.5%(p 0.0004)であった。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 真性多血症から移行した骨髄線維症

    TSS 50%以上の低下は、ITT集団ではpacritinib群24.5%、BAT群6.5%(p 0.0001)に見られた。血小板数別では5万/μL未満の患者で20%、6.3%(p 0.4086)、10万/μL未満で25%、8.8%(p 0.0677)、10万/μL以上で24.3%、5.5%(p 0.0004)であった。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 菌状息肉症

    ・ISDは50例すべてがCADM1陽性を示さなかった(p 0.0001)。 ・MF症例の真皮内リンパ球においてCADM1 mRNAの発現を確認したが、ISD症例では見られなかった。 (ケアネット)[carenet.com]

  • 概要高IgD症候群

    [8] 疾患 本剤群 プラセボ群 プラセボ群との差[95%CI] 、p値 HIDS/MKD 35(13/37) 6(2/35) 29[6,50] p 0.0020 TRAPS 45(10/22) 8(2/24) 37[8,61] p 0.0050 crFMF 61(19/31) 6(2/32) 55[31,73] p 0.0001 %(例数[kegg.jp]

  • 高血圧を伴った常染色体優性進行性腎障害

    ) 3.770(p 0.0001) 複合評価項目 イベント数 2) 43.94(n 961) 50.04(n 483) 40.98(n 118) 51.87(n 59) ハザード比(p値) 6) 0.865(p 0.0095) 0.771(p 0.1281) 複合評価項目における各項目 腎機能悪化 イベント数 2) 1.85(n 961)[kegg.jp] プラセボ群1,667.5mL 表7 常染色体優性多発性のう胞腎における各評価項目の結果 [26] 全体集団 日本人集団 トルバプタン群 プラセボ群 トルバプタン群 プラセボ群 腎容積の変化率 変化率 1) 2.80(n 819) 5.51(n 458) 1.27(n 106) 5.04(n 58) 群間差(p値) 5) 2.708(p 0.0001[kegg.jp]

さらなる症状