Create issue ticket

考えれる3,485県の原因 50

結果を表示する: Deutsch

  • 低血糖症

    次に10%ブドウ糖で血管確保し、50%ブドウ糖40mlを静注する。静注後5 10分たっても回復しない場合は、さらに40mlを静注する。次に10%ブドウ糖液500mlを点滴静注する。上記の処置を行っても回復せず、副腎不全や脳浮腫が疑われる場合は頭部CTスキャンをとり、以下の処置を行う。[ja.wikipedia.org] 5 %ブドウ糖液50 mLに50 %ブドウ糖液20mLを混注して点滴投与する方法がよく知られている。[ja.wikipedia.org] 血糖値が50mg/dl以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が出現する。血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org]

  • 酒さ

    低用量イソトレチノイン(ビタミンA誘導体、日本で未承認)はドキシサイクリン 50-100 mg よりもわずかに効果的であるという質の高い証拠がある。ミノサイクリン 45 mg (抗生物質)が 丘疹膿疱性酒さ に有効であるという質の低い証拠がある。[ja.wikipedia.org] 典型的には30 50歳の人が発症します。この病気は、肌の色が白いアイルランド系および北欧系の人で最もよくみられますが、実際には皮膚の色が比較的濃い人でも生じていて、おそらくはあまり気づかれていないだけと考えられます。酒さは医師が見れば通常は簡単に診断がつきますが、にきびや他の皮膚病のように見えることもあります。[msdmanuals.com] 最初に症状が現れたときの年齢(典型的には30 50歳)と、黒色面疱や白色面疱がみられないことが、にきびとの区別に役立つ。 酒さ様皮膚炎は、酒さに適した医薬品の保険適応がないため脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎として診断してステロイド外用薬やタクロリムス(局所カルシニューリン阻害剤)を処方し連用している最中に生じることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    リウマチ性多発筋痛症は50歳以上で生じる疾患である。50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org] 開始量はアロプリノール50mg、ベンズブロマロン12.5mg、フェブキソスタット10mgのいずれかである。尿酸降下薬使用中も痛風発作予防のため低容量コルヒチン(0.5mg錠1日1錠)の併用をコルヒチンカバーとして使用することもある。[ja.wikipedia.org] プレドニゾロンを30〜50mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。 急性多関節炎を引き起こすウイルスとしてパルボウイルスB19、B型肝炎ウイルス、風疹ウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、HIVがあげられる。 関節炎の鑑別としてリウマチ性多発筋痛症(PMR)は非常に重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    今の日本人女性の平均は50.5才。閉経の前後5年には更年期症状があらわれますが、最近ではこの症状が40代前半以前からあらわれる人が増えています。 更年期は、閉経の前後5年間ほどの期間をいいます。今の日本人女性の閉経の平均は50.5才ですから、一般的には45 55才くらいを更年期と呼んでいます。[sofy.jp] 日本人の閉経年齢はおよそ50歳と言われていますが、閉経の4 5年前から卵巣機能の低下が起こり、卵巣ホルモンの一つであるエストロゲンの減少によってさまざまな身体症状(自律神経症状)と精神症状が出現します。[osaka-shinryounaika.com] 女性ホルモン(エストロゲン)の減少の結果、身体的な変化が起き、また更年期を迎えます50 55歳くらいは、ちょうど人間関係や環境が変化する時期でもあります。 ですから、更年期は広い意味で女性の人生におけます過渡期、あるいは転換期であると捉えたほうが良いのです。[yoda-clinic.com]

  • 頸動脈狭窄症

    吹田研究では面積狭窄率25〜50%の頸動脈狭窄症の患者の頻度は男性で6.5%、女性で3.0%であった。面積狭窄率で50%を超える頸動脈狭窄症の頻度は男性で7.9%であり女性で1.3%であった。 アテローム硬化頸動脈狭窄症の原因のほとんどはアテローム硬化である。[ja.wikipedia.org] 頭蓋外頸動脈の閉塞性病変では50 75%と高頻度にTIAが生じる。NASCETで50 70%を超えると虚血性脳血管障害や眼の虚血症状を発症する危険性が高くなる。動脈解離では解離局所の痛みや解離部位の血管拡張による圧迫が原因で脳神経麻痺が起こることもある。[ja.wikipedia.org] 高度狭窄(70 99%狭窄)では50 69%狭窄と比較して血行力学の関与が疑われる梗塞パターンを取りやすいことが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    最多原因の術後癒着性イレウスが50-80%とされ、そのうち 開腹手術を受けた 68%に癒着が生じていた。また、薬剤の作用で腸蠕動が阻害されるほか内分泌異常(甲状腺機能低下症)でも生じる。[ja.wikipedia.org] 原因で多いのは術後の癒着で50〜80%といわれています。 腸閉塞の分類と原因 小腸閉塞は、その原因などによって以下のように分類できます。[tokushukai.or.jp]

  • プロテウス

    アイギュプトスの50人の息子たちがダナオスの50人の娘たちと結婚したとき、その夜のうちにリュンケウスを除く全員がダナオスの娘たちの手にかかって殺された。殺された一人にプローテウスの名があり、結婚相手はゴルゴポネーだとされる。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    DIAGNOSTIC STRATEGIES 特異的な所見が得られないときは、問診、診察後の検査前確率は50%以下となってしまう。 側頭動脈生検は、主治医、患者が確信をもって治療を受けるのに貢献すると考えられる。検査前確率が高く、ESRも亢進している場合、生検は必要ないかもしれない。[blog.livedoor.jp] 典型例ではCRP 5mg/dL, ESR 50mm/1hr アメリカ・リウマチ学会(ACR) 1990年 発病年齢 50歳以上: 臨床徴候の出現が50歳以上 頭痛: 新たに出現し、新しい性質の頭部に限局した疼痛(片頭痛などと鑑別できる) 側頭動脈の異常: 側頭動脈の圧痛・拍動の低下 赤沈亢進: 赤沈(ESR) 50mm/hr以上 動脈生検異常所見[ja.wikipedia.org] リウマチ性多発筋痛症は50歳以上で生じる疾患である。50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    17 50歳の患者に投与されるが,妊娠中または授乳中の女性に投与してはならない。[msdmanuals.com]

  • 強迫性障害

    表2 強迫性障害治療の概要 DSM-IV によるOCDの診断と評価 心理教育 症状の患者や家族の理解を高め、治療意志を強化する 薬物療法 クロミプラミン(アナフラニ-ル):50-250 mg/日 フルボキサミン(ルボックス、デプロメール):50-250 mg パロキセチン(パキシル) :10-50 mg/日 認知行動療法 曝露反応妨害法 個々[mhlw.go.jp] 表2.生物学的根拠に基づく強迫症の薬物療法の流れ 18-68歳のOCD患者に推奨される選択的セロトニン再取り込み阻害薬の使用量 初期用量 目標用量 欧米で推奨されている最大用量 パロキセチン 20 mg/日 40 mg/日 60 mg/日 フルボキサミン 50 mg/日 100-200 mg/日 300 mg/日 セルトラリン 50 mg[bsd.neuroinf.jp] 研究によれば脳神経外科治療を行った35%-50%の強迫性障害患者に症状の改善が見られる。脳神経外科治療のリスクとしててんかん発作、人格変化などが挙げられる。 2009年2月19日には、重症の強迫性障害への脳深部刺激療法 (DBS) の使用がアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認された。同年7月14日、欧州でも承認された。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状