Create issue ticket

考えれる141県の原因 5 hiaa

  • 悪性カルチノイド症候群

    5-HIAA排泄の増加していない患者では,全身性の肥満細胞活性化(例,ヒスタミン代謝物の尿中濃度およびトリプターゼの血清中濃度の上昇を伴う全身性肥満細胞症)ならびに特発性アナフィラキシーが関与する障害が原因の可能性がある。[msdmanuals.com] 本症を疑った場合、24時間尿中の5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)測定(保険適用あり)と血中クロモグラニンA(保険適用外)の測定が診断に有用である。 切除可能な消化管カルチノイドの予後は良好であるため、早期発見が重要であり、内視鏡的切除を検討する場合もある。[clinicalsup.jp] [ 76 ] 別の研究において、尿中5-HIAA濃度が300μmol/24時間を超えていた中腸カルチノイド患者では、尿中5-HIAA濃度が低かった患者と比較して生存率は統計的に有意に低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • カルチノイド腫瘍とカルチノイド症候群

    診療報酬 D008(05) 5-ハイドロキシインドール酢酸(5-HIAA) 生化学的検査(Ⅱ)判断料144点 容器 臨床意義 5-HIAAは,セロトニン(5HT)の主要代謝物で,セロトニンはモノアミンオキシダーゼ(MAO)により脱アミノ化され5-ハイドロキシインドールアルデヒドとなり,さらに酸化され5-HIAAとなる。[test-guide.srl.info] ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)値の変化に基づいて評価した.[nejm.jp] 5-HIAA排泄の増加していない患者では,全身性の肥満細胞活性化(例,ヒスタミン代謝物の尿中濃度およびトリプターゼの血清中濃度の上昇を伴う全身性肥満細胞症)ならびに特発性アナフィラキシーが関与する障害が原因の可能性がある。[msdmanuals.com]

  • カルチノイド

    ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)値の変化に基づいて評価した.[nejm.jp] NETのbiomarkerとしてCGA、NSE、5HIAAについて検討した。CGA、NSE、5HIAAはそれぞれ61%、33%、63%で上昇していた。CGA、5HIAA上昇例でOSは不良であり、NSE上昇例ではPFS(p 0.01)、OS(p 0.001)が不良であった。[gi-cancer.net] HTPを経て5-ヒドロキシトリプタミン(セロトニン)が生成される(図12-10-1).セロトニンは代謝されると5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)となり尿中へ排泄される.後腸由来NETは銀親和性,好銀性いずれも陰性で,活性アミンを産生することはまれである.[kotobank.jp]

  • カルチノイド腫瘍

    [ 76 ] 別の研究において、尿中5-HIAA濃度が300μmol/24時間を超えていた中腸カルチノイド患者では、尿中5-HIAA濃度が低かった患者と比較して生存率は統計的に有意に低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org] [ 5 ] [ 38 ] 診断方法:生化学マーカー、画像検査、およびアプローチ 生化学マーカー 消化管カルチノイドの診断における生化学的検査には、24時間尿中5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)の収集(特異度は約88%)が挙げられるが、5-HIAAの感度は35%と低いことが報告されている。[cancerinfo.tri-kobe.org] [ 79 ] 同様に、中腸カルチノイド症候群患者を対象にした研究では、尿中5-HIAA濃度が500μmol/24時間を超えると生存期間が短くなることが示された。 [ 76 ] 尿中5-HIAA濃度の上昇の程度はまた、カルチノイド症状の重症度とも関連しており、カルチノイド心不全の患者では最も高い濃度が観察されている。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 十二指腸カルチノイド症候群

    尿中5-ヒドロキシインドール酢酸〈5-HIAA〉25.2mg/日 (基準1.0 6.0).胸部X線写真で 右肺に腫瘤陰影 があり,腹部ダイナミックCTで早期濃染を呈する 多発性の肝腫瘤 を認める.[kumicho.asia] 「九州がんセンター 消化管医用画像データベース 中央陥凹を伴った典型的な直腸カルチノイド」 ・血液検査:血中 5-HT (末梢血中セロトニン)が上昇する。 ・尿検査(24時間尿中5-HIAA測定):5-HIAA5-ヒドロキシインドール酢酸)が上昇する。[medibito.net] […] hydroxyindole acetic acid(5-HIAA)の測定も必要となります。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 消化管カルチノイド

    本症を疑った場合、24時間尿中の5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)測定(保険適用あり)と血中クロモグラニンA(保険適用外)の測定が診断に有用である。 切除可能な消化管カルチノイドの予後は良好であるため、早期発見が重要であり、内視鏡的切除を検討する場合もある。[clinicalsup.jp] [ 76 ] 別の研究において、尿中5-HIAA濃度が300μmol/24時間を超えていた中腸カルチノイド患者では、尿中5-HIAA濃度が低かった患者と比較して生存率は統計的に有意に低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org] 本症を疑った場合、24時間尿中の5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)測定(保険適用あり)と血中クロモグラニンA(保険適用外)の測定が診断に有用である。  消化管カルチノイドは、下記の検査にて無症状で発見されることが多い。6)、7)(保険適用外)の測定が有用である。存在診断には1) 5)が役立つ。確定診断には病理診断が必要である。[clinicalsup.jp]

  • 遺伝性ジフィブリノゲン血症

    ハイドロキシインドール酢酸(5-HIAA)〈髄液〉 ・17-ハイドロキシコルチコステロイド(17-OHCS) ・17-ケトステロイド・総(17-KS) ・レオウイルス抗体(Reo)《CF》 ・パラインフルエンザ抗体 4型(M-25) ・水痘・帯状ヘルペス半定量 ・HCV-RNA同定(アンプリコアHCV-RNA) ・HCV-RNA定量《ハイレンジ[medience.co.jp] ・アミラーゼアイソザイム〈血清〉 ・アミラーゼアイソザイム〈尿〉 ・過酸化脂質(LPO) ・シュウ酸 ・覚せい剤スクリーニング ・成長ホルモン(GH)〈尿〉 ・TSHレセプター抗体(TRAb,TBII) ・TSHレセプター抗体定量(TRAb定量) ・βクロスラプス(βCTX) ・バニルマンデル酸(VMA)《定性》 ・ホモバニリン酸(HVA)〈髄液〉 ・5-[medience.co.jp]

  • 小児期のカルチノイド腫瘍

    5-HIAA排泄の増加していない患者では,全身性の肥満細胞活性化(例,ヒスタミン代謝物の尿中濃度およびトリプターゼの血清中濃度の上昇を伴う全身性肥満細胞症)ならびに特発性アナフィラキシーが関与する障害が原因の可能性がある。[msdmanuals.com] [ 76 ] 別の研究において、尿中5-HIAA濃度が300μmol/24時間を超えていた中腸カルチノイド患者では、尿中5-HIAA濃度が低かった患者と比較して生存率は統計的に有意に低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org] [19] [20] 本剤はカルチノイド症候群の患者において、セロトニンの主要代謝物である5-HIAAの尿中排泄量を低下させる。 [21] 本剤はガストリン産生腫瘍患者において血中ガストリン濃度を低下させる。[kegg.jp]

  • 芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素欠乏

    髄液検査では、AADCの基質(L-DOPAおよび5HTP)とその代謝産物である3-o- methyldopaの髄液中濃度が上昇し、生成物のモノアミンとセロトニンの代謝産物であるhomovanillic acid(HVA), 5-hydroxyindolacetic acid(5HIAA)は著減している。[nanbyou.or.jp] AADC欠損症の患者さんに髄液検査を行うと、ドパミンの代謝産物であるホモバニリン酸(homovanillic acid :HVA) とセロトニンの代謝産物である5-ヒドロキシインドール酢酸(5-hydroxyindoleacetic acid :5-HIAA)の値が著明に低い一方で、L-ドーパと5-ヒドロキシトリプトファンの値が高くなっています[medicalnote.jp] 副次評価項目 AAV-hAADC-2注入療法の有効性 発作記録、一般身体所見、神経学的所見の臨床評価、 運動、認知機能を評価スケールで評価 臨床検査 髄液検査(L-dopa、HVA、5HIAAを含む) 頭部MRI、脳波 被殻注入AAV-hAADC-2の発現量 FMT-PET:AADCのトレーサ6-[18F]fluoro-m-tyrosine[rctportal.niph.go.jp]

  • メトカルバモール

    臨床検査への影響 [ 編集 ] 服用中は尿中に排泄される5-ヒドロキシインドール酢酸(5-HIAA)やバニリルマンデル酸(VMA)の量が増大することがあるため、尿中のこれらの量を測定する カルチノイド腫瘍 や 褐色細胞腫 の 臨床検査 を行うと、結果が擬陽性となる場合がある [37] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状