Create issue ticket

考えれる3,306県の原因 5 a

結果を表示する: English

  • 過食

    過食症(神経性過食症) 診断 神経性過食症の診断基準(概要、DSM-.むちゃ食いのエピソードの繰り返し。むちゃ食いのエピソードは以下の2つによって特徴づけられる。 (1) 他とはっきり区別される時間の間に、ほとんどの人が同じような時間に同じような環境で食べる量よりも明らかに多い食べ物を食べること。[kokorotokarada.net] 診断基準 [ 編集 ] DSM-IV-TR [ 編集 ] DSM-IV-TRでは次の5項目を満たすと神経性大食症と診断される。排出行動が見られるかによって、排出型/非排出型に分かれる [10] 。 A. 無茶食いのエピソードの繰り返し。無茶食いのエピソードは以下の2つによって特徴づけられる。[ja.wikipedia.org]

  • ブルガダ症候群

    415例中、60例(14%)にSCN5A変異を認め、355症例(86%)にはSCN5A変異を認めませんでした。平均追跡期間72ヶ月間にSCN5A群では13例(22%)、非SCN5A群では49例(14%) で致死性不整脈が起こりました。両群の生存曲線を比較したところ、SCN5A群で有意に致死性不整脈が多く発症しました(図)。[ncvc.go.jp] しかし、遺伝子異常は検索されても20%程度のみにしか認められず、すべての症例がSCN5Aの異常で説明されるわけではない。 心電図で、典型的には右脚ブロック様波形(V1,2のrSR’パターン)とV1-V3にかけてのcoved型、またはsaddleback型のST上昇を来す。[ja.wikipedia.org] SCN5A 遺伝子: ブルガダ症候群の患者では, SCN5A 遺伝子のヘテロ接合型の病原性変異の有無にかかわらず,ST上昇の程度や不整脈の発症頻度は同程度である[ Morita et al 2009 ].[grj.umin.jp]

  • 風邪

    咽頭発赤・腫脹、咽頭痛に対して グレードA (強く勧める) 含嗽水、トローチ . 扁桃腫脹に対して グレードA (強く勧める) 高熱を伴ったり、膿性分泌物(膿栓、白苔)がみられる場合には、細菌感染の合併を考え抗菌薬を投与する 6.[ebm.jp] 位 1076日間100位内 エスエス製薬 イブA錠 60錠 [指定第2類医薬品 解熱鎮痛剤 ※セルフメディケーション税制対象商品] 6 位 5日間100位内 皇漢堂 ロキソプロフェン錠「クニヒロ」 12錠 [第1類医薬品 解熱鎮痛剤 ※セルフメディケーション税制対象商品] 7 位 885日間100位内 エスエス製薬 イブクイック頭痛薬DX[yodobashi.com] ピコルナウイルス科には、5つの属がありますが、ヒトに感染症を起こすウイルスは、 エンテロウイルス 属、ライノウイルス属、ヘパトウイルス属(型肝炎ウイルス。以前エンテロウイルス72型とされたが、現在はエンテロウイルス属から独立して一つの属を形成している。)に限られます。[city.yokohama.lg.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    C5aペプチダーゼ 表面のタンパク質の一種で、補体成分のC5aを分解して補体による排除機構から逃れる役割を持つ。分泌される毒素、酵素ストレプトリジン(ストレプトリシン) 溶血素、すなわち赤血球などの細胞膜を破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。[ja.wikipedia.org] C5aペプチダーゼ 表面のタンパク質の一種で、補体成分のC5aを分解して補体による排除機構から逃れる役割を持つ。 分泌される毒素、酵素 ストレプトリジン (ストレプトリシン) 溶血素 、すなわち赤血球などの細胞膜を破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。[ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症

    咽頭発赤・腫脹、咽頭痛に対して グレードA (強く勧める) 含嗽水、トローチ . 扁桃腫脹に対して グレードA (強く勧める) 高熱を伴ったり、膿性分泌物(膿栓、白苔)がみられる場合には、細菌感染の合併を考え抗菌薬を投与する 6.[ebm.jp] 1 肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae 2 インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae 3 モラクセラ・カタラーリス Moraxella catarrhalis 4 A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌) Streptococcus pyogenes 5 嫌気性菌 Peptostreptococcus属,[molcom.jp] Should you cancel the operation when a child has an upper respiratory tract infection. Anesth Analg 72:282-288,1991 5 Tait,A.R. & Knight, P.R.[www2.nms.ac.jp]

  • 急性胃腸炎

    Aは、20日午後3時過ぎころから寒気や腹痛を訴え、同日午後7時ころから、5回程度黄色い液体の嘔吐を繰り返したので、X2(Aの母)は、同日午後8時45分ころ、Aを連れてY病院の救急外来受付を訪れ、小児科当直医のI医師の診察を受けた。[medsafe.net] 下痢便の電解質組成は、 N:2 50、K:35 60、Cl:20 40、HCO3:30 45であ るので、5%グル00ml KCl20mEq メイロン20mlを基本とするが、 血管痛が見られる場合はソリタT3 アスパラK1などを使用する。[nms.co.jp] インドネシアのA群ロタウイルス流行株を明らかにするために、2015-2016年の1年間にインドネシア国スラバヤ市の病院を受診した5歳未満の急性胃腸症患児134人から糞便検体を収集し、134検体中42検体(31.3%)からA群ロタウイルスを検出しました。[kobe-u.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    回収した未吸着画分を濃縮し、含まれているF(b’)2とFabを分離する為、ゲル濾過(Superdex7、GEヘルスケア)により精製した。得られたF(b’)2を濃縮後、10mM炭酸緩衝液(pH9.)で透析した。[patents.google.com] RSウイルスは毎年11月から翌年の5月頃まで流行し,そのピークは1月から2月です.抗原性の違いによりA株とB株に2大別され,A株とB株が交互に流行する傾向を示します.RSウイルスは頻繁に遺伝子変異を起こします.このため母親由来の移行抗体は感染防御に不十分で,生後半年以内の乳児でも罹患してしまいます.毎年流行を繰り返し生涯に何度でも罹患してしまうのも[zousantsushin.jp] 実施料 130点 判断料 144点 アデノウイルス シーズン 6月 8月(咽頭結膜熱「プール熱」) 特 徴 アデノウイルスには51種類の血清型および52型以降の遺伝型(genotype)があり、A Gの7種に分類されます。 多くのアデノウイルスは、体内の潜伏期間が5 7日で、アデノウイルスの種類によってその症状は様々です。[e-mediceo.com]

  • 尿路疾患

    ドキュメンタリー「 神秘の東洋医学 シリーズ第5回 イスラム(前編)」ヒストリーチャンネル 「 再発予防における飲水指導の効果はあるか? 」『尿路結石症診療ガイドライン 2013年版]』 a b c 「 シュウ酸はどのような食物に多く含まれるか?[ja.wikipedia.org] J Am Soc Nephrol 1999;10:840-5. Curhan GC, Willett WC, Rimm EB, Stampfer MJ.[ja.wikipedia.org] Lancet. 2016 (16)00745-5/fulltext 尿路結石(藤田保健衛生大学医学部泌尿器外科学講座) 荒川孝「体にできる“石”の病気 尿路結石」、『きょうの健康』2017年11月号、 NHK出版 、 68頁。[ja.wikipedia.org]

  • 気管支炎

    Reif JS, Rhodes WH: The lungs of aged dogs: A radiographic?morphologic correlation, J Am Vet Radiol Soc 7:5, 1996. 10.[sagamigaoka-ac.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    Should you cancel the operation when a child has an upper respiratory tract infection. Anesth Analg 72:282-288,1991 5 Tait,A.R. & Knight, P.R.[www2.nms.ac.jp] 1 肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae 2 インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae 3 モラクセラ・カタラーリス Moraxella catarrhalis 4 A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌) Streptococcus pyogenes 5 嫌気性菌 Peptostreptococcus 属[jmedj.co.jp] RSウイルスは毎年11月から翌年の5月頃まで流行し,そのピークは1月から2月です.抗原性の違いによりA株とB株に2大別され,A株とB株が交互に流行する傾向を示します.RSウイルスは頻繁に遺伝子変異を起こします.このため母親由来の移行抗体は感染防御に不十分で,生後半年以内の乳児でも罹患してしまいます.毎年流行を繰り返し生涯に何度でも罹患してしまうのも[zousantsushin.jp]

さらなる症状