Create issue ticket

考えれる316県の原因 5-20歳で発症

  • 急性胃腸炎

    研究デザイン:評価者盲検(assessor-blind)ランダム化並行群間試験、ITT解析 P:12以下の カンピロバクター 腸炎 (Campylobacter enterocolitis)、発症から48時間以内(n 120) E:①エリスロマイシン(EM)50mg/kg/日 5日間 ②アジスロマイシン(AZM)20mg/kg 単回投与 [ph-minimal.hatenablog.com]

  • 高血圧症

    % (0 100) 参考:平均的な人の高血圧発症率推計値 20 30歳 40歳 50歳 60歳 1年後 0% 0% 1% 3% 5% 2年後 0% 1% 3% 6% 10% 3年後 0% 1% 4% 8% 14% 4年後 1% 2% 5% 11% 18% 5年後 1% 2% 6% 13% 22% (Kanegae H, Oikawa T[genkiplaza.or.jp] 拡張期血圧 (DBP) mmHg LDLコレステロール mg/dL 尿酸値 mg/dL 蛋白尿 陽性 陰性 現在の喫煙 あり なし 週3日以上の飲酒 あり なし 食べる速さ 速い ・ 普通 おそい 計算する 高血圧発症率の推計値 1年後 % (0 100) 2年後 % (0 100) 3年後 % (0 100) 4年後 % (0 100) 5年後[genkiplaza.or.jp]

  • 緊張性尿失禁

    ②疫学 :発症年齢は、思春期から20代半ばにピークがありますが、30代での発症も稀ではありません。男性の方が女性より5歳ほどの発症のピークが若いです。生涯有病率は、国や地域による差は少なく、ほぼ1%です。わが国の平成23年の患者調査によれば、生涯有病率は約0.8%(120人に1人)で、推定患者総数は約70万人、男女差はないとされます。[comhbo.net]

  • アトピー

    アトピー性皮膚炎は皮膚の病気として最も一般的なものの1つで、特に都市部や先進国に多く、先進国では小児や青年の約20%と成人の1 3%が罹患しています。この病気の患者の大半は5までに発症し、多くは1歳未満で発症します。小児期に生じたアトピー性皮膚炎はしばしば成人期までに消失したり、大幅に軽くなったりします。[msdmanuals.com]

  • 日光角化症

    BRAF遺伝子変異やERCC5発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 皮膚炎

    アトピー性皮膚炎は皮膚の病気として最も一般的なものの1つで、特に都市部や先進国に多く、先進国では小児や青年の約20%と成人の1 3%が罹患しています。この病気の患者の大半は5までに発症し、多くは1歳未満で発症します。小児期に生じたアトピー性皮膚炎はしばしば成人期までに消失したり、大幅に軽くなったりします。[msdmanuals.com]

  • インスリン抵抗性

    20から体重が5kg以上増加した群で糖尿病発症のリスクが上昇。 コホート研究によって筋肉労働や激しいスポーツをしない人が多量の米飯を摂取することで糖尿病リスクを上昇させていることが報告されている。 亜鉛の欠乏が糖尿病の発症リスクを高めるとする報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症

    特発性血小板減少性紫斑病 「急性型」と「慢性型」の特徴 急性型 慢性型 好発年齢 2〜5 20〜40歳 男女比 1:1 1:2〜4 発症 急性の発症 発症時期は しばしば不明 先行感染 ウイルス感染、 予防接種 なし 出血症状 強い 無症状の場合もある 経過 6ヶ月以内に治癒 6ヶ月以上慢性に 経過する 内科 102(6):1418-1423[kyowa-kirin.co.jp] 急性型と慢性型があり、急性型は5以下の小児に多く、慢性型は20 40歳の女性に多いですが、高齢での発症もあります。慢性型の方は、症状がなく健診でたまたま発見されることもあります。 【血小板が減少する原因は?】 何らかの原因で血小板の表面にある蛋白物質に対する自己抗体(抗血小板抗体)が産生されます。[municipal-hp.hikone.shiga.jp]

  • 糖尿病

    そこで、若年成人期からの体重変化および中年期における体重変化とその後の糖尿病発症との関連について検討しました。 20から体重が5kg以上増加した群で糖尿病発症のリスクが上昇 若年成人期から中年期までの体重変化の指標として、研究開始時の自記式調査票のデータを用い、20歳からベースライン調査までの体重変化を算出しました。[epi.ncc.go.jp] 20から体重が5kg以上増加した群で糖尿病発症のリスクが上昇。 コホート研究によって筋肉労働や激しいスポーツをしない人が多量の米飯を摂取することで糖尿病リスクを上昇させていることが報告されている。 亜鉛の欠乏が糖尿病の発症リスクを高めるとする報告がある。[ja.wikipedia.org] した調査結果にもとづいて、20からの体重変化およびベースラインから年後調査までの5年間の体重変化と糖尿病発症との関連を調べた結果を、専門誌で論文発表しましたので紹介します( Journal of Epidemiology and Community Health 2010年WEB先行公開 )。[epi.ncc.go.jp]

  • 高カリウム血症

    また/あるいはカリウムの経口摂取による誘発あるいは増悪 発作間欠期の血清カリウム値が正常で筋力も正常 20以前の発症である パラミオトニー(寒冷や運動で惹起される筋のこわばり)がない 発作間欠期に不整脈がない 正常の精神運動発達 典型的には、少なくとも1名の罹患した一親等親族 他の遺伝性高カリウム血症(鑑別診断参照)および後天性高カリウム[grj.umin.jp] 少なくとも2回の四肢(眼、咽頭、体幹筋にも及ぶことがある)の弛緩性麻痺発作の病歴 麻痺発作中の高カリウム血症(血清カリウム濃度 5 mmol/L)あるいは血清カリウム値の少なくとも1.5 mmol/L以上の上昇。[grj.umin.jp]

さらなる症状