Create issue ticket

考えれる7,712県の原因 48

結果を表示する: English

  • 上気道感染症

    トップ jmedmookバックナンバー jmedmook48 「上気道感染症の診かた&治しかた」について基本も押さえ日常診療でも超お役立ちで使える1冊![jmedj.co.jp] 発症後12 48時間での検査をおすすめします。 ―治療― 通常、高熱が数日持続し、1週間程度で回復します。インフルエンザウィルス自体には、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬が有効ですが、効果は根本的なものではなく、また、発症後初期(約48時間以内)に使用しなくては効果がありません。[ccmc.seikei-kai.or.jp] 48〜72時間以内に解熱しないときには耐性菌と判断し、8歳未満ではトスフロキサシン(オゼックス)、8歳以上ではテトラサイクリン系(ミノマイシンなど)が投与されます。 大切なことは第一選択としてトスフロキサシンやテトラサイクリン系を原則使用しないこと、テトラサイクリン系は8歳未満には投与しないことです。[sakuragaokashonika.com]

  • 急性胃腸炎

    [Research Question] 3-48ヶ月の急性胃腸炎の小児患者にProbioticsを投与すると14日後の中等症-重症の胃腸炎を予防できるか。 [Method] カナダの6箇所の3次救急施設での他施設無作為化比較試験。[kameda.com] 潜伏期間 12-24時間 1-2日 2-11日 3-8日 12-72時間 1-5日 12時間-5日 24-48時間 1-3日 主な症状 上腹部痛、 下痢 、 嘔吐 発熱 、 腹痛 、下痢、嘔吐 頭痛 、腹痛、下痢、嘔吐 下腹部痛、下痢、 血便 、 風邪 様症状 腹痛、下痢、嘔吐、発熱 下腹部痛、下痢、血便、発熱 水様性下痢、嘔吐、 脱水症状[ja.wikipedia.org] SRSVはヒトの口に入ってから発症するまで24 48時間かかる。吐き気、嘔吐に続いて、激しい下痢、腹痛が現れる。嘔吐あるいは下痢のみの場合もあり、風邪の症状も見られることから、おなかの風邪と診断されることもある。だが発熱の程度は低い。[iph.pref.hokkaido.jp]

  • インフルエンザ

    A3.潜伏期間(感染から発症までの時間)は24 48時間です。 主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、微熱です。通常、これらの症状が1 2日間続いた後に治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。[kantei.go.jp] 発症後48時間以内に適切な抗インフルエンザウイルス薬を服用すれば、症状の重症化を抑えられます。 また、インフルエンザの流行シーズン前にワクチン接種を受ければ、感染しても症状は軽くてすみます(アレルギー体質の方は、かかりつけ医に御相談ください)。 あなたと、あなたのまわりの大切な人を守るために、こころがけてください。[pref.toyama.jp] そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。インフルエンザが流行る季節になり、このような症状がみられたとき、いつもの風邪かもしれないと思い、市販の風邪薬を試しに ...[meiji.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    その他の手術あり 手術・処置等2なし 115 12.47 12.26 7.83% 72.48 060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 10.22 11.48 2.83% 71.47 060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術[aomori-kenbyo.jp] 2)-(1) ノロウイルス感染症 ノロウイルスによる胃腸炎は、通常24 48時間の潜伏期の後、突然の吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などで発症します。通常3日程度で回復しますが、乳幼児や高齢者は脱水や、嘔吐物による窒息や肺炎に注意が必要です。[koseikan.jp] 48〜72時間以内に解熱しないときには耐性菌と判断し、8歳未満ではトスフロキサシン(オゼックス)、8歳以上ではテトラサイクリン系(ミノマイシンなど)が投与されます。 大切なことは第一選択としてトスフロキサシンやテトラサイクリン系を原則使用しないこと、テトラサイクリン系は8歳未満には投与しないことです。[sakuragaokashonika.com]

  • 虫刺症

    1〜2時間後には発疹は消失あるいは軽減しますが、 6〜48時間後に再びかゆみを伴う赤い発疹が生じます。 時に水ぶくれとなる場合もあります。 ノミやイエダニでは6時間以後に反応が出てくることが多く、 虫刺されに気づかないこともあります。 毛虫皮膚炎や毒蛾皮膚炎では、やや隆起した赤い発疹が多数集まって現れます。[shoujinkai.or.jp] 蚊に刺されると赤く腫れますが、これは蚊の唾液腺物質に対するアレルギー反応によるもので、直後に膨疹や紅斑がみられ1時間前後で消失する即時型反応と、数時間後に再び紅斑、丘疹、水疱を生じ24 48時間でピークになる遅延型反応に分けられます。[alle-net.com] 蚊が媒介する別の病気で、全米48州で感染の報告がある西ナイル熱も発熱などの症状が現れます(ただし感染しても症状が出ない人も多い)。結論としては、 最近蚊に刺された後に、発熱その他の症状が現れたら、すぐに医師に相談しましょう。 5 マダニ 小さな吸血生物のなかでもっとも邪悪なのがマダニ 。[msn.com]

  • 肺炎

    なお、入院後48時間までに発症した肺炎は市中肺炎と見なす。これも原因菌の想定を妥当なものとするためである。 医療ケア関連肺炎(Healthcare-associated Pneumonia; HCAP): 老人ホームなどの医療・介護施設で発症した肺炎。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    通常,治療開始後24 48時間で症状や臨床検査所見に改善傾向が認められる場合が多い。改善傾向が認められない場合には,尿培養の再検や尿路の器質的異常(膿腎症,腎膿瘍,気腫性膀胱炎,前立腺膿瘍など)の検索あるいは他の感染巣の検索を行う必要がある。[minds.jcqhc.or.jp] データから、クランベリー製品はプラセボ、水または無治療と比較して全体(RR 0.86、95%CI 0.71〜1.04)または再発性UTIの女性(RR 0.74、95%CI 0.42〜1.31)、高齢者(RR 0.75、95%CI 0.39〜1.44)、妊娠女性(RR 1.04、95%CI 0.97〜1.17)、再発性UTIの小児(RR 0.48[cochrane.org]

  • 急性気管支炎

    インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いため、症状が出現して48時間以内にウイルスの増殖のピークがきます。このため、 48時間以内に服用しないとお薬の効果が現れにくくなります 。[ayumi-clinic.com] ・オセルタミビル(経口薬) ・ザナミビル(吸入薬) 気管支炎の原因がインフルエンザの場合、発症から48時間以内に抗ウイルス薬を投与する。 48時間以内に抗ウイルス薬を用いることで、「症状軽減」「治癒促進」が期待できる。[fdoc.jp] またインフルエンザの治療としては抗インフルエンザ薬があり、発症48時間以内に投与すれば症状を軽くすることができます。しかし普通のかぜのウイルスに効く予防接種や抗ウイルス薬は現在のところありません。 (内科医長 島田 達也) 【かぜの治療】 かぜによる症状を緩和する目的で、以下のような薬を用います(対症療法)。[nho-kumamoto.jp]

  • レンサ球菌感染

    陰性の場合、咽頭ぬぐい液の培養24〜48時間で結果が得られる。感度は90%を超える。治療の開始が9日遅れてもリウマチ熱の発症率に影響を与えないといわれる。[ja.wikipedia.org] 参考として登校(園)の目安ですが、文部科学省の解説 * では、『適切な抗菌薬療法開始後24時間以内に感染力は失せるため、それ以降、登校(園)は可能である』と、又厚生労働省のガイドライン ** でも『抗菌薬内服後24〜48時間経過していること。』との記載があります。[shionogi.co.jp] 致死率は報告によっても異なりますが30 50%程度であり、多くは発症から48時間以内で死に至ります。また、壊死性筋膜炎を発症した患者の30 50%はSTSSに発展し、多臓器不全を併発する危険性が高くなります。[yoshida-pharm.com]

  • 咽頭炎

    発症後48時間ならば抗インフルエンザ薬が効果的である。治療薬として オセルタミビル や ザナミビル が有名である。インフルエンザにはA型、B型の2種類が知られているがこれらはどちらにでも効く。[ja.wikipedia.org] 発症者に対しては、適切な抗菌薬による治療が開始されてから48時間が経過するまでは学校、幼稚園、保育園での集団生活は許可すべきではないとされています。 無症状保菌者への対応 通常無症状保菌者から他者への拡散やリウマチ熱をきたす危険性は低いと言われていて、無症状保菌者に対する積極的な抗菌薬投与による除菌については議論が別れています。[kansensho.jp] 抗生物質を使用すると、おおよそ48時間程度で症状は改善していきます。ただ、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎では、症状が改善しても、のどに残っている菌を排除するために決められた日数だけ抗菌薬を継続するべきとされています。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状