Create issue ticket

考えれる18県の原因 45 kd

結果を表示する: Deutsch

  • 扁平上皮癌

    容器画像 コンペンジウム 高値 子宮頸癌  頭頸部癌  食道癌  肺癌 低値 解説 SCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)は、子宮頸部扁平上皮癌組織の肝転移巣から抽出された分子量約45kDの蛋白である。[uwb01.bml.co.jp] DC10(CK18) 分子量45kD のサイトケラチンで、通常サイトケラチン8と同時にほとんどの単層腺上皮に発現する。 抗サイトケラチン18抗体は、正常細胞ではほとんどの腺上皮細胞と皮膚以外の重層扁平上皮の基底細胞に陽性となる。腫瘍細胞では、すべての腺癌、乳癌、膀胱癌、未分化癌、子宮頸癌、肝細胞癌が陽性となり、扁平上皮癌では一般に陰性。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • ビエッティ結晶性ジストロフィー

    特定のインプラントにおいて、ポリマーの相対平均分子量は、約9 約64kD、一般に約10 約54kD、より一般的には約12 約45kDである。 【0063】 いくつかのインプラントにおいて、グリコール酸と乳酸のコポリマーを使用し、生分解速度をグリコール酸/乳酸の比率によって調節する。[ekouhou.net] 特定のインプラントにおいて、ポリマーの相対平均分子量は、約9〜約64kDの範囲、一般に約10〜約54kD、より一般には約12kD〜約45kDの範囲である。 いくつかのインプラントでは、グリコール酸および乳酸のコポリマーが使用され、ここで、生分解速度は、グリコール酸対乳酸の比によって制御される。[biosciencedbc.jp] 網膜毛細血管透過性の増加およびその後の網膜浮腫の増加は、45 kDの糖タンパク質である血管内皮増殖因子(VEGF)によって部分的に媒介された血液網膜関門の崩壊の結果として起こり得る。[ipforce.jp]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    容器画像 コンペンジウム 高値 子宮頸癌  頭頸部癌  食道癌  肺癌 低値 解説 SCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)は、子宮頸部扁平上皮癌組織の肝転移巣から抽出された分子量約45kDの蛋白である。[uwb01.bml.co.jp]

  • 腎盂類表皮癌

    DC10(CK18) 分子量45kD のサイトケラチンで、通常サイトケラチン8と同時にほとんどの単層腺上皮に発現する。 抗サイトケラチン18抗体は、正常細胞ではほとんどの腺上皮細胞と皮膚以外の重層扁平上皮の基底細胞に陽性となる。腫瘍細胞では、すべての腺癌、乳癌、膀胱癌、未分化癌、子宮頸癌、肝細胞癌が陽性となり、扁平上皮癌では一般に陰性。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 膀胱腺がん

    DC10(CK18) 分子量45kD のサイトケラチンで、通常サイトケラチン8と同時にほとんどの単層腺上皮に発現する。 抗サイトケラチン18抗体は、正常細胞ではほとんどの腺上皮細胞と皮膚以外の重層扁平上皮の基底細胞に陽性となる。腫瘍細胞では、すべての腺癌、乳癌、膀胱癌、未分化癌、子宮頸癌、肝細胞癌が陽性となり、扁平上皮癌では一般に陰性。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 唾液腺の良性上皮腫瘍

    DC10(CK18) 分子量45kD のサイトケラチンで、通常サイトケラチン8と同時にほとんどの単層腺上皮に発現する。 抗サイトケラチン18抗体は、正常細胞ではほとんどの腺上皮細胞と皮膚以外の重層扁平上皮の基底細胞に陽性となる。腫瘍細胞では、すべての腺癌、乳癌、膀胱癌、未分化癌、子宮頸癌、肝細胞癌が陽性となり、扁平上皮癌では一般に陰性。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 膀胱扁平上皮がん

    DC10(CK18) 分子量45kD のサイトケラチンで、通常サイトケラチン8と同時にほとんどの単層腺上皮に発現する。 抗サイトケラチン18抗体は、正常細胞ではほとんどの腺上皮細胞と皮膚以外の重層扁平上皮の基底細胞に陽性となる。腫瘍細胞では、すべての腺癌、乳癌、膀胱癌、未分化癌、子宮頸癌、肝細胞癌が陽性となり、扁平上皮癌では一般に陰性。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 巣状非表皮剥離型Palmoplantar Keratoderma

    BL AST 検索 からはSchizosaccharomyces pombe(GenBankアクセッション番号O13776)の仮定的な104.8KDタンパク質との 著明 なアミノ酸 相同性 (一致26%、 陽性 45%)が明らかになった。[astamuse.com]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    遊離L鎖κ型が約22.5kDの単量体で血中を循環するのに対し、遊離L鎖λ型は約45kDの2量体で循環します。遊離L鎖κ型及びλ型のいずれも腎臓で排泄されますが、分子量の違いから糸球体ろ過量は遊離L鎖κ型の方が遊離L鎖λ型よりも高いため、血漿中L鎖総κ/λ比が約2であるのに対し、遊離L鎖の平均κ/λ比は0.6です。[info.pmda.go.jp]

  • 脆性角膜症候群2

    特定のインプラントにおいて、ポリマーの相対平均分子量は、約9〜約64kD、一般に約10〜約54kD、より一般的には約12〜約45kDである。 【0061】 いくつかのインプラントにおいて、グリコール酸と乳酸のコポリマーを使用し、生分解速度をグリコール酸/乳酸の比率によって調節する。[ipforce.jp] 特定のインプラントにおいて、ポリマーの相対平均分子量は、約9 約60kD、一般に約10 約54kD、より一般的には約12 約45kD、最も一般的には約40kD未満である。 【0050】 いくつかのインプラントにおいて、グリコール酸と乳酸のコポリマーを使用し、生分解速度をグリコール酸/乳酸の比率によって調節する。[ekouhou.net]

さらなる症状