Create issue ticket

考えれる17県の原因 40 0001

結果を表示する: English

  • 鉄欠乏症

    もう1件の研究では、治療前と治療後の変化について、鉄療法開始から4カ月後の鉄群とプラセボ群の差がBayley Scale PDIで18.40(95% CI 10.16 26.64、P値 0.0001、エビデンスの質:中等度)、Bayley Scale MDIで18.80(95% CI 10.17 27.43、P値 0.0001、エビデンスの[cochrane.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    もう1件の研究では、治療前と治療後の変化について、鉄療法開始から4カ月後の鉄群とプラセボ群の差がBayley Scale PDIで18.40(95% CI 10.16 26.64、P値 0.0001、エビデンスの質:中等度)、Bayley Scale MDIで18.80(95% CI 10.17 27.43、P値 0.0001、エビデンスの[cochrane.org]

  • アルコール離脱

    […] a:1日のアルコール消費量が男性で60g、女性で40gを超えた日の1ヵ月当たりの日数(日/月)b:平均値 標準偏差c:最小二乗平均値 標準誤差d:固定効果として投与群、性別及び時期、投与群と時期の交互作用、ベースライン値、ベースライン値と時期の交互作用を含めたMixed Model for Repeated Measures(MMRM)解析[kegg.jp] […] c プラセボとの差 [95%信頼区間] p値 プラセボ 244 22.97 6.44 7.91 0.61 本剤10mg 180 23.49 6.07 12.09 0.74 4.18 [ 6.05, 2.32] p 0.0001 本剤20mg 242 22.64 6.37 12.25 0.64 4.34 [ 6.05, 2.62] p 0.0001[kegg.jp]

  • 幼年期非小細胞肺癌

    , P 0.0195)が示された 40) 。[haigan.gr.jp] CDDP PEM併用療法後のPEMを用いたcontinuation maintenanceの第Ⅲ相試験(PARAMOUNT試験)で,PFSの有意な延長(4.1カ月vs 2.8カ月,HR 0.62,95%CI:0.50-0.73, P 0.0001),OSの有意な延長(13.9カ月vs 11.0カ月,HR 0.78,95%CI:0.64-0.96[haigan.gr.jp]

  • IgE型骨髄腫

    1)Doubletについて 再発難治例を対象としBOR DEX療法とCFZ DEX療法を直接比較したENDEAVAR試験では,無増悪期間(PFS)中央値においてCFZ DEX群は18.7カ月,BOR DEX群は9.4カ月であり,CFZ DEX群が有意に上回った(p 0.0001) 1) 。[jshem.or.jp] その後の追跡調査では,CFZ DEX群の全生存期間(OS)における優位性も示された(中央値47.6カ月 vs 40.0カ月,p 0.010) 2) 。BOR投与歴を有する症例は両群ともに54%であり,サブ解析ではBOR投与歴の有無に関わらず,CFZ DEX群のOS延長効果における優位性が示された。[jshem.or.jp]

  • プラスミノーゲン欠乏

    〜80質量%、好ましくは0.001〜50質量%、より好ましくは0.1〜40質量%の範囲であり、有効成分の望ましい摂取量を摂取できるように、1日当たりの投与量が管理できる形にするのが望ましい。[biosciencedbc.jp] プラスミノーゲン活性化剤が、上記添加剤や他のプラスミノーゲン活性化剤、他の血栓溶解剤などを含む場合、有効成分である乳酸菌又はその処理物の含有量は、その剤型により異なるが、処理前の乳酸菌の量として、通常は、0.01〜99質量%、好ましくは0.1〜80質量%、より好ましくは1〜75質量%の範囲であり、乳酸菌の処理物(例えば濃縮物)としては、通常は、0.0001[biosciencedbc.jp]

  • 多発性骨髄腫

    1)Doubletについて 再発難治例を対象としBOR DEX療法とCFZ DEX療法を直接比較したENDEAVAR試験では,無増悪期間(PFS)中央値においてCFZ DEX群は18.7カ月,BOR DEX群は9.4カ月であり,CFZ DEX群が有意に上回った(p 0.0001) 1) 。[jshem.or.jp] その後の追跡調査では,CFZ DEX群の全生存期間(OS)における優位性も示された(中央値47.6カ月 vs 40.0カ月,p 0.010) 2) 。BOR投与歴を有する症例は両群ともに54%であり,サブ解析ではBOR投与歴の有無に関わらず,CFZ DEX群のOS延長効果における優位性が示された。[jshem.or.jp]

  • 神経膠腫

    ・多変量解析では年齢(40歳以上)が生命予後不良因子であった. HR 2.20, 95%CI: 1.47-3.28, p 0.0001. ・一方, 放射線治療(HR 0.33, 95%CI; 0.24-0.47; p Yang S et al.[sites.google.com]

  • 多形性膠芽腫

    試験に参加したrGBM患者でTTAC-0001は脳浮腫に奏功しました( 40%)。高血圧症、出血、消化管/肺の穿孔、タンパク尿は一例も観察されませんでした。 ファーマブシンのJin-San Yoo最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。[zaikei.co.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    1)Doubletについて 再発難治例を対象としBOR DEX療法とCFZ DEX療法を直接比較したENDEAVAR試験では,無増悪期間(PFS)中央値においてCFZ DEX群は18.7カ月,BOR DEX群は9.4カ月であり,CFZ DEX群が有意に上回った(p 0.0001) 1) 。[jshem.or.jp] その後の追跡調査では,CFZ DEX群の全生存期間(OS)における優位性も示された(中央値47.6カ月 vs 40.0カ月,p 0.010) 2) 。BOR投与歴を有する症例は両群ともに54%であり,サブ解析ではBOR投与歴の有無に関わらず,CFZ DEX群のOS延長効果における優位性が示された。[jshem.or.jp]

さらなる症状