Create issue ticket

考えれる3,857県の原因 40

結果を表示する: English

  • メタボリックシンドローム

    ですが、お総菜の揚げ物の中には、1食で1日分の脂肪目安量(40g)に達しているものも多く、選ぶ際は注意が必要であるという国民生活センターの 調査 もあります。市販されているフライ類は、手作りものに比べて脂質が多く、食塩や調味料で味付けを濃くしてある傾向があるそうです。[web.archive.org] 我々の検討では、IDF診断基準と日本の診断基準の一致度は男性で30%、女性で40%だった。 内臓脂肪面積の臨床的有用性が確立していないにもかかわらず、メタボリック症候群診断基準検討委員会が、CT等による内臓脂肪面積の測定を研究目的以外で奨励したことは倫理的に問題と考えられる。[ja.wikipedia.org] ものによっては、ロースカツ1個、またはコロッケ2個食べると、それだけで脂質を40g以上摂ってしまうものもあったとか。 忙しい日々のなかで、健康に配慮した食生活を維持していくには、努力が必要です。まずは、食に対して“意識的”に選ぶ目を持つことで、便利に利用できるものは利用しつつ、できることからスタートしてみましょう。[web.archive.org]

  • 低血糖症

    次に10%ブドウ糖で血管確保し、50%ブドウ糖40mlを静注する。静注後5 10分たっても回復しない場合は、さらに40mlを静注する。次に10%ブドウ糖液500mlを点滴静注する。上記の処置を行っても回復せず、副腎不全や脳浮腫が疑われる場合は頭部CTスキャンをとり、以下の処置を行う。[ja.wikipedia.org] 治療としては基本的には血糖値が70 mg/dL以下のときは40 kcalほど摂取することが望ましいとされている。経口摂取が可能な場合はブドウ糖10 gやグルコレスキューを1袋、インタクト5個といった糖分補給を行う。もちろん糖分を含む飲み物を摂取しても同じである。[ja.wikipedia.org] 糖質の多い飲食をさせたり、50 %ブドウ糖液を20-40 mL静注することで多くは回復する。それでも意識が回復しない時は、ヒドロコルチゾンを静注。それでもまだ意識が回復しない時は、マンニトールを静注する。 意識障害患者には、血糖を確認することなく時間のかかるCT検査などをすることは禁忌である。[ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20 30代でピークを迎えますが、40代に入ったころから急激に低下が始まります。 これにともなって、さまざまな身体的、精神的症状が現れるのが更年期障害です。個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐ症状を自覚することもあります。[w-health.jp] 男女ともに40歳を過ぎた頃から見られる、様々な体調の不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びます。 女性の場合は、閉経期前後の約10年間に卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによって症状が現れます。[e-healthnet.mhlw.go.jp] 40歳ぐらいの間が最も多く、40歳ごろから減り始め、閉経の前後で急激に減少します。その、ホルモンの変化が大きい閉経前後の約5年を更年期といいます。一般的には40代後半ごろから始まるといわれますが、30代後半から始まる人もいれば、50代半ばになってからという人もいるように、個人差が大きいものです。[daiichisankyo-hc.co.jp]

  • 緑内障

    これは、日本緑内障学会が行った調査で、多治見市在住の40歳以上の住民を調査したところ、緑内障の有病率が5%という結果が示された。20人に1人が罹患しており、かつ10人に9人は未受診だったというものだ。[toyokeizai.net] それだけに最近は 「40歳をすぎたら」、あるいは「老眼が入ってきたら」、緑内障の検査をしたほうがいい 、といわれるようになっています。 早期発見のためにも、正常眼圧緑内障について知っておきましょう。[healthcare.omron.co.jp] 40歳を越えたら注意が必要です。 緑内障は、加齢にともなって起こる病気だと思われている方が多いようです。 しかし、NTGにかかる方は、40歳から急増しており、決して緑内障は高齢の方だけの病気ではありません。 40歳を越えたら、年に一度は、緑内障検診を受けることをおすすめします。[tsujimoto-ganka.com]

  • 寄生虫病

    世界では年間40,000-100,000人が、アメーバ赤痢によって死亡していると推定される。 世界各地でみられ、特に熱帯・亜熱帯での発生が多い。日本では開発途上国旅行者での発生が見られる。先進国では性感染症として問題視されている。感染源は回復期患者、サル、ネズミ、シストに汚染された飲食物などであり、感染経路はシストの経口感染。[ja.wikipedia.org] 寄生虫をやっつける 加熱処理:沸騰したお湯で30秒以上、もしくは中心温度で60 以上の加熱 凍結処理:-30 で4日間以上、-35 (中心温度)で15時間以上、-4040分以上 ※ご家庭の冷凍庫(およそ-18 )では死滅しません。[fsc.go.jp] 凍結処理:-20 (中心温度)で48時間以上、-30 (同)で36時間以上、-40 (同)で18時間以上等、急速冷凍装置を用いた場合は-30 (同)で18時間以上を保持、液体窒素に浸す場合は1時間以上保持等 主な症状 ・S. hominis (ウシ)、S. suihominis (ブタ)による消化管サルコシスティス症:食肉摂食後3〜6時間で[fsc.go.jp]

  • トロサ・ハント症候群

    一方、治療を受けた患者の約30 40%に再発がみられる。 THSは国際的にも珍しい。ニュージーランドで、オーストラリアのニューサウスウェールズ州でそれぞれ1症例の報告がある。THSの発症に性差はなく、罹患年齢は60歳前後である。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    しかし、日本人の 40% 位の人はこの過程のアセトアルデヒドから酢酸への変換が弱く,さらに5%位の人はほとんどできないことが知られています。このような人たちがエタノールを大量かつ急速に摂取すると,エタノールやアセトアルデヒドが分解されずに高濃度のまま体内に残り,時に急死することもあります。[hcc.keio.ac.jp] 翌朝に酒を残さないためには純粋なエタノール量に換算して男性で45〜55cc、女性なら30〜40cc程度が限度量となる。男性なら、日本酒で2合、ビールなら2本、ウィスキーのダブルで2杯程度。女性なら、日本酒で1.5合弱、ビールなら1.5本弱、ウィスキーのダブルで1.5杯弱程度。[ja.wikipedia.org] エタノールの血中濃度と酔いの態様 血中アルコール濃度 酩酊度 影響 0.05% 微酔期 陽気、気分の発揚 0.08% 運動の協調性の低下、反射の遅れ 0.10% 酩酊期 運動の協調性の明らかな障害(まっすぐに歩けない等) 0.20% 泥酔期 錯乱 、記憶力の低下、重い運動機能障害(立つことができない等) 0.30% 昏睡期 意識の喪失 0.40%[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症患者の少数が巨細胞性動脈炎を発症するが,リウマチ性多発筋痛症は40 60%の巨細胞性動脈炎患者にみられる。巨細胞性動脈炎に対して,リウマチ性多発筋痛症が先行するか,それに続く,または同時に発生する可能性がある。 病因と発生機序は不明である。[msdmanuals.com] -38% 約40%の症例で、頭痛やPMRの症状がなく、発熱、倦怠感、体重減少といった非特異的な症状しか有さない。[blog.livedoor.jp] ただし15mg/dayの少量ステロイドでよいリウマチ性多発筋痛症と違い、側頭動脈炎ではプレドニゾロン40〜60mg/dayの高用量を用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    特に喫煙歴が10年以上ある人、40代以上の人はリスクが高いので、早めに受診しましょう。 診断には「スパイロメーター」という機器で呼吸機能検査を行います。これは、思い切り呼吸をしたときの呼吸効率を測定するもので、機種によっては「肺年齢」として数値が出るものもあります。 また、CTなどの画像診断も、肺の状態を知るのに役立ちます。[fukushihoken.metro.tokyo.jp] 2000年の日本における、40歳以上のCOPDの病気を持つ人の割合は、8.6%、患者数530万人と推定されています。一方、2008年患者調査によると、COPDの治療をしている患者数は約17万3千人となっています。これは、大多数の患者が未診断、未治療の状況に置かれていることを表しています。[city.kikuchi.lg.jp] 対象 区内在住・在勤・在学者 とき 11月20日(火曜)午後1時30分から3時30分 ところ 男女平等参画センター学習室C(みなとパーク芝浦2階) 定員 40人(申込順) 申し込み 電話で、11月19日(月曜)までに、みなとコール(受付時間:午前9時から午後5時)へ。[city.minato.tokyo.jp]

  • C型肝炎

    抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org]

さらなる症状