Create issue ticket

考えれる3,689県の原因 4 kg

結果を表示する: Română

  • 急性胃腸炎

    症状が始まってから4時間以内に、不足する水分を与えることが推奨されています。 一例としてWHOは、4時間で体重kg 75ml(10kgで750ml)を目安としています。飲ませ方は、哺乳瓶を使わず、1-2分ごとにティースプーン1杯ずつ、口を湿らせる感じで与えます。嘔吐がなければ徐々に与える量を増やします。[ohisama.cute.coocan.jp] すでに脱水のサインが見られる場合は、不足している水分を3 4時間以内に摂取させる必要があります。目安は、体重1kgあたり50 100ミリリットルです。一気に飲むと吐いてしまうので、ティースプーンに1杯程度の量を少しずつ飲ませていきましょう。[saiseikai.or.jp] 身長168cm,体重78kgでBMIは27.6,意識清明,体温36.4 C,血圧182/96mmHg,脈拍52/分整,呼吸数16/分でルームエアーでのSO2は99%。腹部も平坦・軟で心窩部中央の自発痛はあるが明らかな圧痛はない。腸蠕動は亢進。貧血や黄疸はなく,咽頭所見も正常,表在リンパ節は触知しない。呼吸音や心音にも異常なし。[igaku-shoin.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    用法としては、主に10月から翌年4月くらいの間(RSウイルス流行開始前から流行期)、用量15mg/kgを月1回のペースで筋肉注射することにより、重篤な下気道疾患の発症抑制のための予防効果が期待できます。 パリビズマブ製剤の投与対象者となっているのは以下の方で、保険適用の上で予防投与が開始されることがあります。[city.osaka.lg.jp] イヌ(雄性ビーグル犬、7または8カ月齢、3頭、北山ラベス株式会社)に、組換え体sCD1-ST(国際公開第2005/10829号に記載のrsCD1-ST)を10μg/kgの用量で静脈内投与し、投与後2時間までの血液を経時的に採取した。血中のsCD14-ST濃度を実施例1に記載のサンドイッチEIA系を用いて測定した。[patents.google.com]

  • 副鼻腔炎

    マクロライド系抗生物質の量は 8mg/kgで2歳以下の幼児では副鼻腔の発育は非常に小さく 免疫も不十分なため反復感染を生じやすいため マクロライド療法の適応から除外しています 小児では副鼻腔は発達段階にあり、手術適応は10歳以上でありすでに発達したと思われる副鼻腔のみが手術可能です。[ayase-jibika.jp]

  • 髄膜炎

    デキサメサゾン(デカドロン)0.15mg/Kgで1日6回(36mg/60Kg/day)を2 4日投与 抗菌薬による細菌の融解で細菌の壁産物が放出される。これにより惹起される炎症性メディエイターによるサイトカイン、ケモカイン、酸化窒素の放出を副腎ステロイド薬が抑制することで神経障害が軽減すると考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • テオフィリン

    血漿蛋白質結合率は4割である。分布容積は0.5L/kgで、新生児や肝硬変、栄養失調のある患者で増加し、肥満患者で減少する。 テオフィリンは主に肝臓で(7割程度まで)代謝される。シトクロムP450のCYP1A2で脱メチル化される。反応次数0の経路とミカエリス・メンテン式に従う経路が共存する。[ja.wikipedia.org] 小児では、日本小児アレルギー学会の『小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012』で、1歳以上の幼児・小児には4〜5mg/kg、乳児(生後6ヶ月以上1年未満)には3mg/kg、6ヶ月未満の乳児・新生児には使用非推奨とされている。 テオフィリンはキサンチンの誘導体の一つであり、上図の構造の中でR1とR2がメチル基で置換された構造をしている。[ja.wikipedia.org]

  • 先端巨大症

    公式プロフィールでは身長が7フィート4インチ(約223cm)、体重が520ポンド(約236kg)とされ、北米では " The 8th Wonder of the World "(世界8番目の不思議)、日本では「 大巨人 」などの異名で呼ばれた。[ja.wikipedia.org]

  • 抗不整脈薬

    静注での維持量は0.4 0.6mg/kg/hrであるためメキシチール4A(1000mg)を5%ブドウ糖で100mlとすると10mg/mLとなるので、体重が50kgならば2 3mL/hrで維持ができる。 アプリンジン Ib群の中で唯一、上室性不整脈に効果がある薬である。安全性が高く、心房細動の治療ではよく用いられる。[ja.wikipedia.org]

  • 結核性髄膜炎

    デキサメサゾン0.3 0.4mg/kg/dayの投与を3週間行い、以降3 6週間で漸減する。 外科手術 [ 編集 ] 水頭症に対するシャント術、巨大な結核腫の除去術、脳膿瘍のドレナージ術がある。 予後 [ 編集 ] 結核性髄膜炎は適切な治療を行っても10%ほど一時的に増悪することがある。致死率は20 50%と報告されている。[ja.wikipedia.org] 副腎皮質ステロイド併用に関する過去の無作為比較試験のメタ解析結果からは,HIV陰性の本症では重症度にかかわらず全例で副腎皮質ステロイド薬併用が推奨される.軽症ではデキサメタゾン0.3 mg/kg/日の静注で1週間,中等症 重症では0.4 mg/kg/日の静注で1週間投与する.その後1週間ごとに0.1 mg/kgずつゆっくり減量して比較的長期[kotobank.jp] 治療 現在の抗菌薬選択(成人の標準的投与量)は,イソニアジド(INH)(300 mg/日・経口),リファンピシン(RFP)(体重 50 kg 450 mg/日, 50 kg 600 mg/日・経口),エタンブトールEB(体重 50 kg 1.5 g/日, 50 kg 2.0 g/日・経口),ピラジナミド(PZA)(15 mg/kg/日・経口[kotobank.jp]

  • ジアゼパム

    例に強化効果が認められた.4)phcnobarbital 0.5 2mg/kg/infusionでは8例中4例,diazepam 0.5 1mg/kg/infusionでは22例中14例のラットが夜間優位の自発的摂取を行いdiazepamの3例では定率を増やすとレバー押しが著しく強化された.ビークルに置換しても両薬物とも容易に消去作用は現れなかった[doi.org] 抄録 精神依存能を有する主な中枢神経作用薬を対象にラットによる静脈内自発的摂取法を確立し,本方法を用いて筋弛緩作用の弱い新しい睡眠導入剤1H-1,2,4-triazolyl benzophenone誘導体450191-Sの薬物依存能を調べた.1)methamphetamine 0.25 1mg/kg/infusionに対して24例中20例の[doi.org] 2)morphine 0.1 5mg/kg/infusionでは20例中13例のラットが対照より高いオペラントレペルで自発的摂i取を行い少数例に強化効果が認められた.一日の摂取量は用量に依存して増加したがその摂取パタンには周期性がなかった.3)Pentazodne 1 2mg/kg/infusionでは12例中10例が自発的摂取を行いうち4[doi.org]

  • フェニルブタゾン

    抄録 馬6頭を14日間の休薬期間で繰り返し用いて非ステロイド系抗炎症薬のフェニルブタゾン(4.4mg/kg),シクロオキシゲナーゼ-2選択阻害薬のフィロコキシブ(5mg/kg),フェニルブタゾン(4.4mg/kg)とプロトンポンプ阻害薬のオメプラゾール(1mg/kg)及び生理食塩水(20m l )を1日1回7日間経口投与する4回の薬物投与実験[jstage.jst.go.jp] 適量(一日あたり2.2-4.4 mg/kg)を守れば継続的に使用しても毒性は十分に低いとされる [11] 。蹄葉炎のように痛みの酷い場合、倍量が与えられるが継続的に用いると毒性が表われ、極端に多量(一日あたり 15 mg/kg以上)に用いた場合、一週間で死に至る場合がある [12] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状