Create issue ticket

考えれる43県の原因 4 5 hz

結果を表示する: Deutsch

  • 耳垢栓塞

    病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的な「 C5dip 」と呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。 治療 血流改善剤、ビタミン剤、副腎皮質ホルモン剤、循環改善薬などが使用されます。また、安静を保つことが大切です。[inoue-ent-cl.jp]

  • 耳管開放症

    病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的な「 C5dip 」と呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。 治療 血流改善剤、ビタミン剤、副腎皮質ホルモン剤、循環改善薬などが使用されます。また、安静を保つことが大切です。[inoue-ent-cl.jp]

  • 心律動異常

    [脳波]【2.5 3.5Hz 全般性棘徐波群発】 焦点性発作 : 0歳4ヶ月 4歳の間に出現 二次性に全般化する(部分発作で始まった発作波が広がり全身性けいれんになる)こともよくあります。 運動型の単純焦点発作(稀) :体の一部がピクピクと動く発作。意識あり。[dravetsyndromejp.org] [脳波]【3 4Hz 全般性(多棘)徐波】 2. 《発作間欠期》 1歳 5歳の間にミオクロニー発作と同時期に出現します(非てんかん性) 発作間欠期ミオクローヌス 多焦点性のミオクローヌスが頻回にミオクロニー発作を持たない多くの患者にもみられます。安静時にみられます。発作が多い時期に悪化しやすいです。[dravetsyndromejp.org]

  • パーキンソン病 3型

    4-5Hzのゆっくりとした安静時振戦で80%の症例で経過中にみられる。随意運動にて振戦は停止し姿勢をとると10秒程度で振戦が止まる。本態性振戦には潜時はない。頭部が左右に震えることは稀であるがL-dopaの副作用でみられることはある。 固縮は筋肉を受動的に伸展したときに検者が感じる抵抗である。伸展している間ほぼ同じように抵抗がある。[nagoya-central-hospital.com]

  • パーキンソン病

    4-5Hzのゆっくりとした安静時振戦で80%の症例で経過中にみられる。随意運動にて振戦は停止し姿勢をとると10秒程度で振戦が止まる。本態性振戦には潜時はない。頭部が左右に震えることは稀であるがL-dopaの副作用でみられることはある。 固縮は筋肉を受動的に伸展したときに検者が感じる抵抗である。伸展している間ほぼ同じように抵抗がある。[nagoya-central-hospital.com]

  • 慢性外耳炎

    病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的なC5dipと呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。また騒音下作業の職歴の有無が、騒音性難聴の診断には極めて有用です。 治療 急性に起こった音響外傷では、ステロイドが有効です。[inoue-ent.jp] 病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的な「 C5dip 」と呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。 治療 血流改善剤、ビタミン剤、副腎皮質ホルモン剤、循環改善薬などが使用されます。また、安静を保つことが大切です。[inoue-ent-cl.jp]

  • 慢性中耳炎

    病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的な「 C5dip 」と呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。 治療 血流改善剤、ビタミン剤、副腎皮質ホルモン剤、循環改善薬などが使用されます。また、安静を保つことが大切です。[inoue-ent-cl.jp]

  • てんかん重積状態

    [脳波]【2.5 3.5Hz 全般性棘徐波群発】 焦点性発作 : 0歳4ヶ月 4歳の間に出現 二次性に全般化する(部分発作で始まった発作波が広がり全身性けいれんになる)こともよくあります。 運動型の単純焦点発作(稀) :体の一部がピクピクと動く発作。意識あり。[dravetsyndromejp.org] [脳波]【3 4Hz 全般性(多棘)徐波】 2. 《発作間欠期》 1歳 5歳の間にミオクロニー発作と同時期に出現します(非てんかん性) 発作間欠期ミオクローヌス 多焦点性のミオクローヌスが頻回にミオクロニー発作を持たない多くの患者にもみられます。安静時にみられます。発作が多い時期に悪化しやすいです。[dravetsyndromejp.org]

  • 音響外傷

    病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的なC5dipと呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。また騒音下作業の職歴の有無が、騒音性難聴の診断には極めて有用です。 治療 急性に起こった音響外傷では、ステロイドが有効です。[inoue-ent.jp] 病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的なC5dipと呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。また騒音下作業の職歴の有無が、騒音性難聴の診断には極めて有用です。 治療: 急に起こった音響外傷では、ステロイドが有効です。[motoyawata-jibika.com]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    [脳波]【2.5 3.5Hz 全般性棘徐波群発】 焦点性発作 : 0歳4ヶ月 4歳の間に出現 二次性に全般化する(部分発作で始まった発作波が広がり全身性けいれんになる)こともよくあります。 運動型の単純焦点発作(稀) :体の一部がピクピクと動く発作。意識あり。[dravetsyndromejp.org] [脳波]【3 4Hz 全般性(多棘)徐波】 2. 《発作間欠期》 1歳 5歳の間にミオクロニー発作と同時期に出現します(非てんかん性) 発作間欠期ミオクローヌス 多焦点性のミオクローヌスが頻回にミオクロニー発作を持たない多くの患者にもみられます。安静時にみられます。発作が多い時期に悪化しやすいです。[dravetsyndromejp.org]

さらなる症状