Create issue ticket

考えれる19県の原因 38 m s

結果を表示する: Deutsch

  • 末梢神経障害

    〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net] 正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • 正中神経障害

    〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net]

  • 尺骨神経絞扼

    〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net] 正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • 橈骨神経管症候群

    〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net]

  • 橈骨神経麻痺

    〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net]

  • 幼児の神経軸索ジストロフィー 

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性アミロイド筋症

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • 有毒性多発神経障害

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状