Create issue ticket

考えれる472県の原因 38 m s

結果を表示する: Română

  • 骨粗鬆症

    Bone 38: S4-9. 注2)Howard GM, Nguyen TV, Harris M, Kelly PJ, Eisman JA.[riken.jp]

  • シャルコー・マリー・トゥース病

    便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。中には中間型CMTといい家系の中で上肢正中神経のMCVが38m/sの上下にまたがる場合もある。しかしCMT1の多くは医療機関を受診する頃には正中神経のMCVは20 25m/sに低下している。[ja.wikipedia.org] CMTでは便宜的に上肢の正中神経の運動速度伝導速度(MCV)が38m/sを境に決定される。すなわちCMTの分類に神経伝導速度検査は不可欠である。家系の中でもMCVが38m/sの上下にまたがる場合もあり中間型CMTと呼ばれることもある。 CMTは少なくとも34の原因遺伝子に加え、8以上の遺伝子座が報告されている。[ja.wikipedia.org] 軸索変性を主体とし、神経伝導速度は正常よりはやや低下するが38m/sを下回らない。 CMT type 2A - CMT2A (OMIM 118210) -KIF 1B(廣川信隆らのグループによって発見された)が原因遺伝子である。またミトフシン2(Mitofusin-2)蛋白をコードするMFN2(1p36.2)も原因遺伝子とされる。[ja.wikipedia.org]

  • デジェリン・ソタス病

    CMTでは便宜的に上肢の正中神経の 運動速度伝導速度(MCV)が 38m/sを境に決定される。 すなわちCMTの分類に 神経伝導速度検査は不可欠である。 家系の中でもMCVが38m/sの 上下にまたがる場合もあり 中間型CMTと呼ばれることもある。 CMTは少なくとも34の原因遺伝子に加え、 8以上の遺伝子座が報告されている。[ameblo.jp] 便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。中には中間型CMTといい家系の中で上肢正中神経のMCVが38m/sの上下にまたがる場合もある。しかしCMT1の多くは医療機関を受診する頃には正中神経のMCVは20 25m/sに低下している。[ja.wikipedia.org] 軸索変性を主体とし、 神経伝導速度は正常よりはやや 低下するが38m/sを下回らない。 CMT type 2A - CMT2A (OMIM 118210) - KIF 1B (廣川信隆らのグループによって 発見された)が原因遺伝子である。[ameblo.jp]

  • 幼児の神経軸索ジストロフィー 

    便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。中には中間型CMTといい家系の中で上肢正中神経のMCVが38m/sの上下にまたがる場合もある。しかしCMT1の多くは医療機関を受診する頃には正中神経のMCVは20 25m/sに低下している。[ja.wikipedia.org] 正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org] CMTでは便宜的に上肢の正中神経の運動速度伝導速度(MCV)が38m/sを境に決定される。すなわちCMTの分類に神経伝導速度検査は不可欠である。家系の中でもMCVが38m/sの上下にまたがる場合もあり中間型CMTと呼ばれることもある。 CMTは少なくとも34の原因遺伝子に加え、8以上の遺伝子座が報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • シャルコーマリートゥース病2S

    脱髄型CMTでは、一般的に神経伝導速度は38m/s以下、活動電位はほぼ正常又は軽度低下を示し、腓腹神経所見では節性脱髄、onion bulb の形成を認める。軸索型CMTでは、神経伝導速度は正常または軽度低下を示すが、活動電位は明らかに低下し、腓腹神経所見では有髄線維の著明な減少を示す。[nanbyou.or.jp] 便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。中には中間型CMTといい家系の中で上肢正中神経のMCVが38m/sの上下にまたがる場合もある。しかしCMT1の多くは医療機関を受診する頃には正中神経のMCVは20 25m/sに低下している。[ja.wikipedia.org] (ア)正中神経の運動神経伝導速度が38m/s以下 (イ)正中神経の運動神経複合活動電位の明らかな低下 (ウ)他の末梢神経の神経伝導検査で軸索障害または脱髄性障害を認める。 なお、脱髄が高度な場合、全被検神経で活動電位が導出できない場合もある。 ③シャルコー・マリー・トゥース病に特有の遺伝子異常がある。[nanbyou.or.jp]

  • 尿毒症性ニューロパチー

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • ヒ素誘発性多発ニューロパチー

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

  • フォワチャヴァニーマリー症候群

    便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。中には中間型CMTといい家系の中で上肢正中神経のMCVが38m/sの上下にまたがる場合もある。しかしCMT1の多くは医療機関を受診する頃には正中神経のMCVは20 25m/sに低下している。[ja.wikipedia.org] CMTでは便宜的に上肢の正中神経の運動速度伝導速度(MCV)が38m/sを境に決定される。すなわちCMTの分類に神経伝導速度検査は不可欠である。家系の中でもMCVが38m/sの上下にまたがる場合もあり中間型CMTと呼ばれることもある。 CMTは少なくとも34の原因遺伝子に加え、8以上の遺伝子座が報告されている。[ja.wikipedia.org] 軸索変性を主体とし、神経伝導速度は正常よりはやや低下するが38m/sを下回らない。 CMT type 2A - CMT2A ( OMIM 118210 ) - KIF 1B( 廣川信隆 らのグループによって発見された)が原因遺伝子である。[ja.wikipedia.org]

  • 軸外多発性A5型

    正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。両方共少数の例外をのぞいて常染色体優性遺伝である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状