Create issue ticket

考えれる3,059県の原因 34

結果を表示する: English

  • 早産

    まもなく妊娠34週目をむかえる妊婦さんや、切迫早産と診断された妊婦さんのなかに、妊娠34週目が出産までの一つの山場と聞いた方はいませんか。なぜ、妊娠34週目が山場とされるのか、また、早産になりやすい妊婦さんの特徴や、早産のリスクについて見てみましょう。[teniteo.jp] 妊娠34週より前に破水した場合は、赤ちゃんが自分で呼吸できる状態になるまで抗菌薬を投与し感染を抑えることが一般的です。妊娠34週以降であれば、赤ちゃんは自分で呼吸できる可能性が高いので、赤ちゃんに細菌が感染する前に出産し、生まれた後に治療室での治療を行います。 また、症状がなく子宮口が開きやすい状態を子宮頸管無力症といいます。[jsog.or.jp] 出産 の約5%で認められているが34週未満では胎児の予後が不良であることが多い。34週以降では比較的良好であるといわれている。 前置胎盤 、 妊娠高血圧症候群 、 常位胎盤早期剥離 などによって母児救命のために行う人工早産と切迫早産や 前期破水 による自然早産が知られている。自然早産の原因はほとんどが 羊膜絨毛膜炎 である。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    J Clin Psychiatry (suppl.) 55; 15-27, 1994. 34)松永寿人. 強迫性障害-いわゆる難治例とその対応-. 専門医のための精神科臨床リュミエール 15. 難治性精神障害を考えるII. 様々な難治性精神障害とその取り組みの実際.[mhlw.go.jp] OCDの治療反応性評価には、 Yale-Brown Obsessive Compulsive Scale ( Y-BOCS ) [33] [34] 総得点の改善率を用いることが一般的である。[bsd.neuroinf.jp] 薬物療法では、ほかのSSRIへの変更、SSRIに少量の抗精神病薬を付加投与する方法などを試みる 34) 。また観念のみ認める場合、認知的歪みや洞察の修正、治療的動機づけの強化などが必要な場合などでは認知療法が、心理・社会的、人格的要因などの関与が考えられる場合では家族療法などほかの精神療法が、それぞれ有効となる。以下に処方例を示す。[mhlw.go.jp]

  • 子宮外妊娠

    出産の約5%で認められているが34週未満では胎児の予後が不良であることが多い。34週以降では比較的良好であるといわれている。前置胎盤、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離などによって母児救命のために行う人工早産と切迫早産や前期破水による自然早産が知られている。自然早産の原因はほとんどが羊膜絨毛膜炎である。[ja.wikipedia.org] 周産期医療の発達した2008年現在も34週未満の早産は予後不良な場合が多い。流産では12週未満に起こった場合は染色体異常が原因のことが多く早期流産という。また12週以降では羊膜絨毛膜炎が原因であることが多い。自然流産の発生頻度は15%程度である。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    出産の約5%で認められているが34週未満では胎児の予後が不良であることが多い。34週以降では比較的良好であるといわれている。前置胎盤、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離などによって母児救命のために行う人工早産と切迫早産や前期破水による自然早産が知られている。自然早産の原因はほとんどが羊膜絨毛膜炎である。[ja.wikipedia.org] 周産期医療の発達した2008年現在も34週未満の早産は予後不良な場合が多い。流産では12週未満に起こった場合は染色体異常が原因のことが多く早期流産という。また12週以降では羊膜絨毛膜炎が原因であることが多い。自然流産の発生頻度は15%程度である。[ja.wikipedia.org]

  • 過食

    作者プロフィール ドナルド涼子 BCRPA Supervisor of Group fitness & Yoga ,Personal trainer, Older Adult, 200H Yoga Teacher 47歳、愛知県出身、1999年に結婚を機にカナダに移住、34歳の時にフィットネスインストラクターの道に進むとすぐ、女性に人気のカリスマインストラクター[v-shinpo.com] 角田信朗 仕事の重責から、10年近く過食嘔吐で苦しんだとブログで告白 [34] 。 遠野なぎこ 自伝で過食嘔吐を告白。 その他女優などのハリウッドスターはマスコミに過食症を告白している人物が多く存在する。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠後期

    28週 29週 30週 31週 32週 33週 34週 35週 36週 37週 38週 39週 40週 妊娠後期の気がかりやトラブル・病気 静脈瘤ができる、腰痛がひどいなど、妊娠後期になると大きく、重くなった子宮に影響されたトラブルが起こりやすくなります。[st.benesse.ne.jp] 34週が理想 紹介状を現在の医師からもらう。 里帰り時の交通機関の確認 分娩の兆候 おしるし 陣痛 破水 以上のいずれかが出現 分娩にむけて、34週過ぎたら2km(1日)程度の散歩、呼吸法の練習・乳房の手入れをする。(分娩後授乳出来るために) など分娩への心構えをしておく。[hisamatsu.or.jp] 里帰り出産をする人は、余裕を持って帰省を(34週ごろが普通です)。 いつお産が始まってもよいように体力をつけておく。心の準備もしておきましょう。 休み休みで構わないので、臨月になっても適度な運動は続けた方がよいでしょう。股関節を軟らかくしておいたほうが出産もスムーズです。[healthcare.omron.co.jp]

  • 急性アルコール中毒

    最近2年間の千葉市消防局警防部救急課の資料によると救急搬送された89266人のうち1196人(1.34%)は、飲酒が原因で救急搬送されています。救急搬送の時間帯は21時から24時まで(3時間)の救急車要請が多く全体の30%以上を占めており19時から午前2時までの(8時間)の救急車要請は約64%を占めています。[chiba-city-med.or.jp] Emerg Med Australas 25 (6): 527–34. doi : 10.1111/1742-6723.12151 . PMC : 4253317 . PMID 24308613 . 。[ja.wikipedia.org]

  • 口腔カンジダ症

    Journal of Oral Pathology & Medicine 34 (7): 397-400. doi:10.1111/j.1600-0714.2005.00324.x. ISSN 1600-0714.[ja.wikipedia.org] Journal of Oral Pathology & Medicine 34 (7): 397-400. doi : 10.1111/j.1600-0714.2005.00324.x . ISSN 1600-0714 .[ja.wikipedia.org]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    このような検査は選択的分娩に対しては,胎児心音,ヒト絨毛性ゴナドトロピン値,および超音波測定値によって在胎期間を確定できない場合は39週目までが適応となり,選択的分娩ではない場合は34週から36週目の間が適応となる。[msdmanuals.com] 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。 呻吟、多呼吸や努力性呼吸が見られ、チアノーゼを呈する。血液ガス分析では、PaO2の低下とPaCO2の増大とアシドーシスが見られる。[ja.wikipedia.org] 1,500g未満の極 低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体 糖尿病 帝王切開 児 また、 動脈管開存症 (PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。 検査・所見 [ 編集 ] 呻吟、多呼吸や努力性呼吸が見られ、 チアノーゼ を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性乳び胸症

    J Vasc Interv Radiol 2014; 25 : 1404–1405 31) Nadolski GJ, Itkin M: Thoracic duct embolization for nontraumatic chylous effusion: Experience in 34 patients.[jpccs.jp] 2017, pp 53–62 25) 加藤 基:小児リンパ管疾患とリンパ外科.医学のあゆみ 2017; 262 : 1162–1166 26) Kato M, Watanabe S, Kato R, et al: Spontaneous regression of lymphangiomas in a single center over 34[jpccs.jp] Semin Intervent Radiol 2017; 34 : 294–300 18) Itkin MG, McCormack FX, Dori Y: Diagnosis and treatment of lymphatic plastic bronchitis in adults using advanced lymphatic imaging[jpccs.jp]

さらなる症状