Create issue ticket

考えれる1,923県の原因 311

  • インフルエンザ

    (21%) 8% 室内の加湿 15/76(20%) 58/293(20%) 0% 何れの対策も実施なし 7/31(23%) 66/338(20%) -16% ビタミンC摂取 8/34(24%) 65/335(19%) -21% マスクの着用 44/195(23%) 29/174(17%) -35% 手指消毒剤 15/58(26%) 58/311[mitsui-norin.co.jp]

  • 骨粗鬆症

    "Fruit and vegetable intakes are an independent predictor of bone size in early pubertal children" Am J Clin Nutr. 79(2), 2004, pp311-317. New SA et al.[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    このため、糖尿病で腎機能が悪くなると血糖コントロールが一時的に改善したり、血糖降下薬やインスリン製剤の代謝・排泄が遅延して低血糖を生じることがあります(血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012 透析会誌 2013;46(3):311-57.参照)。[j-endo.jp]

  • 特発性肺線維症

    杉野圭史:今日の治療指針 私はこう治療している 薬剤性肺障害 P311-312. 医学書院,東京,2018 2. 杉野圭史:画像から学ぶびまん性肺疾患.血管炎MPA.克誠堂出版,東京,2018 3. 杉野圭史:呼吸器疾患の薬物療法を極める.Nアセチルシステインのエビデンスと処方の実際.文光堂,東京,2018 4.[tsuboi-hp.or.jp]

  • 結核

    【表】結核新規登録患者の3年間の動き 2014年(平成26年) 2015年(平成27年) 2016年(平成28年) 新規登録患者数(人) 1,329 1,311 1,192 0から14歳 4人(0.4%) 6人(0.5%) 2人(0.2%) 15から19歳 14人(1.1%) 19人(1.4%) 17人(1.4%) 20から39歳 187人[pref.kanagawa.jp]

  • 常染色体劣性難聴103

    白質脳症を伴う常染色体優性脳動脈症 308 もやもや病 199 タナトフォリック骨異形成症 254 肥大型心筋症 309 モワット・ウイルソン症候群 200 多発血管炎性肉芽腫症 ※ 255 ビタミンD依存性くる病/骨軟化症 ※※ 310 薬剤性過敏症症候群 201 多発性硬化症/視神経脊髄炎 ※ 256 ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症 311[city.tosa.lg.jp] 311 片側巨脳症 312 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 313 芳香族 L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症 314 発作性夜間ヘモグロビン尿症 315 ポルフィリン症 316 マリネスコ・シェーグレン症候群 317 マルファン症候群 318 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 319 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 320 慢性再発性多発性骨髄炎[city.ube.yamaguchi.jp] 310 片側巨脳症 311 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 312 芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症 313 発作性夜間ヘモグロビン尿症 314 ポルフィリン症 315 マリネスコ・シェーグレン症候群 316 マルファン症候群 317 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 318 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 319 慢性再発性多発性骨髄炎[city.itabashi.tokyo.jp]

  • 常染色体劣性難聴88

    白質脳症を伴う常染色体優性脳動脈症 308 もやもや病 199 タナトフォリック骨異形成症 254 肥大型心筋症 309 モワット・ウイルソン症候群 200 多発血管炎性肉芽腫症 ※ 255 ビタミンD依存性くる病/骨軟化症 ※※ 310 薬剤性過敏症症候群 201 多発性硬化症/視神経脊髄炎 ※ 256 ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症 311[city.tosa.lg.jp] 311 片側巨脳症 312 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 313 芳香族 L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症 314 発作性夜間ヘモグロビン尿症 315 ポルフィリン症 316 マリネスコ・シェーグレン症候群 317 マルファン症候群 318 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 319 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 320 慢性再発性多発性骨髄炎[city.ube.yamaguchi.jp] 310 片側巨脳症 311 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 312 芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症 313 発作性夜間ヘモグロビン尿症 314 ポルフィリン症 315 マリネスコ・シェーグレン症候群 316 マルファン症候群 317 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 318 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 319 慢性再発性多発性骨髄炎[city.itabashi.tokyo.jp]

  • 因子 XI 欠乏

    血液学 容器画像 コンペンジウム 補足情報 検査項目名称 第ⅩⅠ因子凝固活性 (F11) コード 00373 統一コード 2B420-0000-022-311 検体必要量(mL)容器 / 保存 血漿 0.3 B-11 S-1 採取条件・提出条件 / 備考 凝固因子活性項目の共用は可能です。[uwb01.bml.co.jp] 生化学的検査 薬物分析検査 内分泌学的検査 免疫血清学的検査 腫瘍関連検査 血液学的検査 一般検査 微生物学的検査 病理学的検査 遺伝子関連検査 その他 凝固第XI因子 coagulation facter XI 分類 血液学的検査 - 凝固・線溶系検査 検査コード 2003-000000 JLAC10 2B420-0000-022-311[falco.co.jp]

  • 常染色体劣性難聴84

    網膜色素変性症 88 クロンカイト・カナダ症候群 198 多系統萎縮症 308 もやもや病 89 痙攣重積型(二相性)急性脳症 199 タナトフォリック骨異形成症 309 モワット・ウイルソン症候群 90 結節性硬化症 200 多発血管炎性肉芽腫症 310 薬剤性過敏症症候群 91 結節性多発動脈炎 201 多発性硬化症/視神経脊髄炎 311[town-kofu.jp] 白質脳症を伴う常染色体優性脳動脈症 308 もやもや病 199 タナトフォリック骨異形成症 254 肥大型心筋症 309 モワット・ウイルソン症候群 200 多発血管炎性肉芽腫症 ※ 255 ビタミンD依存性くる病/骨軟化症 ※※ 310 薬剤性過敏症症候群 201 多発性硬化症/視神経脊髄炎 ※ 256 ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症 311[city.tosa.lg.jp] 311 片側巨脳症 312 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 313 芳香族 L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症 314 発作性夜間ヘモグロビン尿症 315 ポルフィリン症 316 マリネスコ・シェーグレン症候群 317 マルファン症候群 318 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 319 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 320 慢性再発性多発性骨髄炎[city.ube.yamaguchi.jp]

  • 分離コハク酸-CoQ 還元酵素欠乏

    スコルバミン酸より生成するラジカルについて 倉田忠男, 藤巻正生 お茶の水女子大 食物学 ビタミン 53(7): 311 -311 1979 2. 鉛毒性に対する食餌鉄, ビタミンCの防止効果 吉田昭, 鈴木正 名大農 栄養化学 ビタミン 53(7): 311 -312 1979 3.[mol.medicalonline.jp] Science 311 (5766): 1430–6. doi : 10.1126/science.1123809 . PMID 16469879 . Roessler MM, King MS, Robinson AJ, Armstrong FA, Harmer J, Hirst J. (February 2010).[ja.wikipedia.org]

さらなる症状