Create issue ticket

考えれる8県の原因 30-50歳の間に発症

  • 亜急性脊髄視神経症(スモン)

    わが国での有病率は10万人に1〜4人で、欧米白人の30〜80に比べて少ないようです。発症年齢は比較的若く、約80%が20〜50に発病します。 【症状 】 脱髄巣が生じる部位に対応して様々な症状が出現します。多くは急性に発症しますが、時にゆっくりとした経過をとる場合もあります。[jlogos.com]

  • 視神経炎

    患者の大部分は20から50で、平均年齢は30-35歳である。男性より女性に多く起こる。発症は通常、片目を動かす時の痛みと亜急性の視覚喪失から始まる。患者の3分の1は軽い視神経乳頭浮腫が見られる。視覚障害は症例の95%で回復する。多くの症例で、多発性硬化症、あるいは視神経脊髄炎を伴うが、孤発性の場合もある。[genome.jp]

  • 常染色体優性難聴 11

    30 から 50 歳の発症し,その後 5 - 15 年で死亡する。 ポルフィリン症 Porphyria ( MIM/OMIM 176200 ) - 常染色体優性形質。高齢時に発症。 浸透度と表現度 遺伝子発現の変動を示す用語として, 浸透度 penetrance と 表現度 expressivity がある。[nature.cc.hirosaki-u.ac.jp]

  • 多発性パラミオクローヌス

    多発性硬化症は若年成人に多く発症し,初発年齢は20後半から30前半にピークを示し,全症例の約80%が15歳から50歳の発症する.男女比は1:1.3 3.2と女性に多い.多発性硬化症の家族内発症は世界的には0 10%とさまざまな報告があるが,日本は1%以下ときわめて低い.[kotobank.jp]

  • RAS随伴自己免疫白質増殖症候群

    患者の大部分は20から50で、平均年齢は30-35歳である。男性より女性に多く起こる。発症は通常、片目を動かす時の痛みと亜急性の視覚喪失から始まる。患者の3分の1は軽い視神経乳頭浮腫が見られる。視覚障害は症例の95%で回復する。多くの症例で、多発性硬化症、あるいは視神経脊髄炎を伴うが、孤発性の場合もある。[kegg.jp]

  • ホモ接合性家族性高コレステロール血症

    FHは生下時より高LDLコレステロール血症が持続することにより,きわめて冠動脈疾患のリスクが高い病態であり,その発症リスクは一般人の約10〜13倍と言われている。未治療の男性で3050,女性で50〜70歳のに心筋梗塞,狭心症などの冠動脈疾患を発症することが多い 1) 。[jmedj.co.jp]

  • 常染色体劣性中心核病

    30 から 50 歳の発症し,その後 5 - 15 年で死亡する。 ポルフィリン症 Porphyria ( MIM/OMIM 176200 ) - 常染色体優性形質。高齢時に発症。 浸透度と表現度 遺伝子発現の変動を示す用語として, 浸透度 penetrance と 表現度 expressivity がある。[nature.cc.hirosaki-u.ac.jp]

  • 常染色体劣性爪形成異常

    30 から 50 歳の発症し,その後 5 - 15 年で死亡する。 ポルフィリン症 Porphyria ( MIM/OMIM 176200 ) - 常染色体優性形質。高齢時に発症。 浸透度と表現度 遺伝子発現の変動を示す用語として, 浸透度 penetrance と 表現度 expressivity がある。[nature.cc.hirosaki-u.ac.jp]

さらなる症状