Create issue ticket

考えれる1,923県の原因 30 50

結果を表示する: English

  • 酒さ

    最初に症状が現れたときの年齢(典型的には30 50歳)と、黒色面疱や白色面疱がみられないことが、にきびとの区別に役立つ。 酒さ様皮膚炎は、酒さに適した医薬品の保険適応がないため脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎として診断してステロイド外用薬やタクロリムス(局所カルシニューリン阻害剤)を処方し連用している最中に生じることがある。[ja.wikipedia.org] 典型的には30 50歳の人が発症します。この病気は、肌の色が白いアイルランド系および北欧系の人で最もよくみられますが、実際には皮膚の色が比較的濃い人でも生じていて、おそらくはあまり気づかれていないだけと考えられます。酒さは医師が見れば通常は簡単に診断がつきますが、にきびや他の皮膚病のように見えることもあります。[msdmanuals.com]

  • 関節炎

    プレドニゾロンを3050mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。 急性多関節炎を引き起こすウイルスとしてパルボウイルスB19、B型肝炎ウイルス、風疹ウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、HIVがあげられる。 関節炎の鑑別としてリウマチ性多発筋痛症(PMR)は非常に重要である。[ja.wikipedia.org] プレドニゾロンを3050mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。発作時に尿酸降下薬を新たに開始するべきではない。尿酸降下薬の使用が痛風発作を誘発することがあるためである。しかし痛風発作時に尿酸降下薬を既に使用している場合は原則として継続する。尿酸降下薬は発作の寛解後およそ2週間後から低容量で開始し、漸増する。[ja.wikipedia.org]

  • 亜急性甲状腺炎

    好発年齢は30 50歳代、男女比は1:3 6と女性に多い。 本疾患の本態は、甲状腺での炎症により甲状腺腫大と組織破壊を生じ、甲状腺ホルモンが血中に漏出することにある。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    抗菌薬で治療しますが、致死率は30 50%と高いため、「人食いバクテリア」とも称され、怖がられている感染症のひとつです。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、子どもから大人まで広範囲の年齢層に罹りますが、30代以上の大人に多いのが特徴です。[pro.saraya.com] 致死率は報告によっても異なりますが30 50%程度であり、多くは発症から48時間以内で死に至ります。また、壊死性筋膜炎を発症した患者の30 50%はSTSSに発展し、多臓器不全を併発する危険性が高くなります。[yoshida-pharm.com] 基礎疾患(元々持っていた病気)としてがん、糖尿病、肝疾患が挙げられていますが、一般に、はっきりした感染源も明らかでなく健康な30代以上(50代から60代がピーク)の男女に突然発症するのが特長です。[pref.aichi.jp]

  • 低血糖症

    血糖値が50mg/dl以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が出現する。血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] 意識障害があったり30 mg/dL以下の低血糖や経口摂取が不可能な場合は点滴で即急に治療する。5 %ブドウ糖液50 mLに50 %ブドウ糖液20mLを混注して点滴投与する方法がよく知られている。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    プレドニゾロンを3050mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。 急性多関節炎を引き起こすウイルスとしてパルボウイルスB19、B型肝炎ウイルス、風疹ウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、HIVがあげられる。 関節炎の鑑別としてリウマチ性多発筋痛症(PMR)は非常に重要である。[ja.wikipedia.org] DIAGNOSTIC TEST ESR ESR 30mm/H 感度 99%、特異度 50-70%、陽性尤度比 2.5、陰性尤度比 0.02 ESRは100mm/H以上のことも多い。 Temporal Artery Biopsy 単球の動脈壁への浸潤、内弾性板の断裂はTAに特徴的な所見である。[blog.livedoor.jp] プレドニゾロンを3050mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。発作時に尿酸降下薬を新たに開始するべきではない。尿酸降下薬の使用が痛風発作を誘発することがあるためである。しかし痛風発作時に尿酸降下薬を既に使用している場合は原則として継続する。尿酸降下薬は発作の寛解後およそ2週間後から低容量で開始し、漸増する。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    それらには、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルスなどがありますが、最も頻度の多いのがライノウイルスで風邪の30 50%を引き起こしています。次に多いのがコロナウイルスであり、10 15%を占めています。インフルエンザは風邪には含めません。[tepika.net]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチとは 3050代の女性に多い関節リウマチ 関節リウマチとは、指、手首、ひじ、肩、ひざ、足首、足の指などの関節に炎症が起こり、関節がはれていたくなる病気です。進行すると、関節が変形したり、正常に機能しなくなってしまうことがあります。[kubota-ra.com] 関節リウマチの発症のピークは30 50歳とされ、女性が男性に比べ2 5倍程度発症が多いとされています。 かつては関節の痛みだけでなく、関節の変形、さらには体を動かす機能の低下を引き起こす深刻な病気でありました。[kameda-makuhari.jp] 患者は30 50代がピーク、20代での発症も多い 現在、日本には約70万 80万人のリウマチ患者がいるといわれています。人口の0.4 0.5%、30歳以上の1%に当たります。関節リウマチというと高齢女性に多いイメージがありますが、実際に発病するのはもっと若く、最も多いのは20 40代。やはり、罹患している人の8割は女性です。[hitachi-hoken.co.jp]

  • 高尿酸血症

    現在、国内の痛風患者数は約30 50万、痛風ではないものの尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症(痛風 予 備群)」の人は、約500万と推計されています。 高尿酸血症も合併症が怖い病気 糖尿病は血液中のブドウ糖濃度「血糖値」が高い状態が続く病気ですが、痛風・高尿酸血症は血液中の尿酸という物質の濃度「尿酸値」が高い状態が続くのが特徴です。[dm-net.co.jp] 患者さんの多くは30 50代の男性で、女性が痛風になることはめったにありません。 痛風発作の激しい痛みは数日間続き、手当ての有無にかかわらず、やがて治まってくるのがふつうの経過です。このため患者さんの中には、発作の原因である「高尿酸血症」を治療せずにいる人が少なくありません。高尿酸血症そのものは、全く自覚症状がない病気だからです。[seikatsusyukanbyo.com] 現在、国内の痛風患者数は約 30 50 万、尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症」の人は、約 500 万と推計されています。 発作時には、鎮痛薬やコルヒチン(白血球の動きを抑える薬)などで治療します。患部を冷やすと多少痛みが抑えられます。注意したいことは、発作が治まっても、炎症が鎮まっただけで、尿酸値が下がったのではないということです。[miyauchi-cl.jp]

  • 気管支炎

    1分間に30回以内が正常、 50回以上は呼吸困難あり、60回以上は酸素投与や入院が必要かもしれません。 4.RSウイルス感染症の診断は? 咳・喘鳴・熱などのが強く 多呼吸、聴診上の肺雑音などで呼吸困難があり RSウイルスを疑った場合、 鼻から綿棒を入れて、インフルエンザのような迅速診断を実施します。[ohisama.cute.coocan.jp]

さらなる症状