Create issue ticket

考えれる5県の原因 30-40歳で発生

  • サルコイドーシス

    好発年齢は40以下の成人に好発し20 - 30代にピークがある。スカンジナビア諸国と日本では50 - 60代の女性に発生率の第2のピークがあり2峰性を示す。地域別に見ると、北欧や北米、日本では北海道や東北地方など寒冷地に多くみられる。[ja.wikipedia.org]

  • ダウン症候群

    ダウン症 候群は生児 出生 700 1000例に 1例の割合で発生するといわれ,母親が 35を過ぎるとその確率は著しく高まる。40を過ぎた母親の場合,発生率は 1/100から 1/30となる。また再発率は 1%である。11週から 14週の妊婦に対して行なわれる 超音波診断 や 羊水診断 によって診断される( 出生前診断 )。[kotobank.jp]

  • 日本脳炎

    日本では、1966 年の2,017人をピークに減少し、1992年以降発生数は毎年10人以下であり、そのほとんどが高齢者であった。しかし、1999年以後、10代2 例、30代・40歳代各1例と比較的若年の患者が発生していることは注目される。[nih.go.jp]

  • 多子出産

    30から40歳ぐらいである(特に35歳以上の妊婦の発生率が高い)。 身長・体重が平均より大きい。 経産婦である。 経産回数が多いほど多排卵になりやすい。特に二卵性双生児の母親が再び二卵性双生児を身籠る確率は、通常の3 - 4倍に達する。 一部の生殖補助医療(不妊治療)。 生殖補助医療の種類に拠り、多排卵に全く影響を与えないものもある。[ja.wikipedia.org]

  • ジカウィルス病

    患者発生は全米各地でみられていますが、ニューヨーク市では患者数が500人近くにのぼる集団発生がおきています。 日本では現在3040歳代の世代で麻疹の免疫が低下しているため、この年齢の人が海外に滞在する際には麻疹ワクチンの接種を受けておくことを推奨します。[hospinfo.tokyo-med.ac.jp]

さらなる症状