Create issue ticket

考えれる140県の原因 30-40歳で発生

  • 本態性高血圧症

    通常は30台、40歳台から徐々に発症し高齢者ではおよそ70%が罹患するといわれるこの疾病は、高食塩や肥満、運動不足、ストレスなどからなる環境要因が主因として疑われており、さらに多くの要因の相互作用の結果と考えられています。 本態性高血圧の診断 高血圧かどうかの診断は、以下の表のように、最高血圧と最低血圧の値で診断されます。[hama1-cl.jp] 本態性高血圧の原因が不明であるというのは、単一の病因では説明できない という意味であり、様々な要素が絡んで発生しているというのが現在主流となっている考え方です。[hama1-cl.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    頻度 全妊娠の0.5 1.5%に発生する。 リスク因子 年齢 好発年齢は20 30代だが、40歳以上では発生率が10歳代の3倍以上になる。 妊娠歴 経産婦に多い傾向があり、前回の妊娠との間隔が長い(5年以上)ものがリスクになる。[www2.nms.ac.jp]

  • 良性移動性舌炎

    わが国での頻度は低く、年間500例ほどの発生頻度です。好発年齢は40 50ですが30歳以下の若年者にもみられます。多くは未分化または低分化の 扁平上皮がん で、早期に 遠隔転移 を起こしやすいという特徴があります。[mita.iuhw.ac.jp]

  • 脂肪浮腫

    4.疫学・統計 胸腺腫・胸腺がんは30以上、特に40 70歳の成人に多くみられる病気で、小児や青年が発症することはまれです。男女による発生率の差はありません。 胸腺腫は、国内では人口10万人あたり0.44 0.68人が罹患(りかん)すると推計されており、胸腺腫がまれな疾患であることがわかります。[ganjoho.jp]

  • 内分泌機能不全

    内分泌および内分泌以外の随伴疾患( 1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 )が,患者が少なくとも40前後になるまでは発生し続ける。 2型(Schmidt症候群) 2型は一般に成人に生じ,発生のピークは30歳である。発生は女性で3倍多くみられる。[msdmanuals.com]

  • 靱帯断裂

    ・どの犬種でも起こり得る(好発犬種はある) ・体重過多はリスク因子となる ・4以上に多い(小型犬は特に高齢での発生が多い) ・小型犬では膝蓋骨脱臼との併発が多い(15 20%程) ・30 40%は2年以内に反対肢も断裂する ・完全に切れる完全断裂と、部分的に損傷する(ほつれる)部分断裂がある 原因 急性・慢性断裂がありますが、ほとんどは慢性断裂[eug.jp]

  • 子宮内膜症

    20前後から認められ3040代に最も多くなります。 1. 発生部位 子宮体部筋層内が最も多く、ついで卵巣、ダグラス窩腹膜、S字結腸、直腸、卵管などです。子宮内膜症が子宮に在在する場合を子宮腺筋症、そのほかに発生したものを狭義の子宮内膜症と呼びます。また、卵巣の子宮内膜症で、膿庖を形成し膨大したものをチョコレート膿疱と呼んでいます。[niizashiki-hp.jp] 発生原因は現時点では明らかになっていません。好発年齢は30代後半から40歳代です。 かなり痛い月経痛が数日続くことも 症状は月経痛、過多月経、貧血症状などですが、痛みはかなり強く月経が終了しても数日続く場合もあります。多くの症例で子宮の腫大がみられるため、診断では子宮筋腫との鑑別が必要となります。[tokushukai.or.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    HNPCCの大腸がんの特徴を挙げますと、 ①若くして大腸がんができることが多い 3040台またはそれ以上の年齢で発生する場合が最も多いですが、時には20歳台、まれには10歳台で発生することもあります。 ②がんが複数できることがある おなじ大腸に同時に複数できることもあるし、一度がんが治っても大腸の別の場所にできることもあります。[ichou.com] (日本臨床 消化管症候群:120-123) ・頻度 1/15000 性差なし ・常染色体優性遺伝 ・日本のFAPでは 大腸癌診断 39.8歳 死亡年齢 42.8歳(死因は81%大腸癌) ・APC遺伝子の発生異常のある人では 平均15.2でpolyposisの診断 30.8で大腸癌 32.6歳で癌死 ・大腸癌の発生40歳までに50%,[trc-rad.jp]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    HNPCCの大腸がんの特徴を挙げますと、 ①若くして大腸がんができることが多い 3040台またはそれ以上の年齢で発生する場合が最も多いですが、時には20歳台、まれには10歳台で発生することもあります。 ②がんが複数できることがある おなじ大腸に同時に複数できることもあるし、一度がんが治っても大腸の別の場所にできることもあります。[ichou.com]

  • 胃潰瘍

    年齢別には、胃潰瘍は40 50代、十二指腸潰瘍は30 40代に多く見られ、いずれも女性より男性に多く発生しています。 【原因】 胃潰瘍 粘膜を覆う粘液、粘膜自体の抵抗力、粘膜内の血液循環などは、粘膜を保護する防御因子です。胃酸やペプシンなどの消化液、喫煙、アルコール、ヘリコバクター・ピロリ菌感染などは粘膜を傷つける攻撃因子です。[miyauchi-cl.jp] ほとんど小彎(わん)側に発生する。40以上の男性に多い(女性の2〜3倍)。体重減少,便秘,疲労感,貧血を伴い食後20〜30分にみぞおちから左肋骨弓下に疼痛(とうつう)を認める。便の潜血反応,X線検査,胃カメラ等によって確診される。 胃癌 に移行することはないが,発生部位ならびに症状が近似するため,鑑別が必要である。[kotobank.jp]

さらなる症状