Create issue ticket

考えれる112県の原因 30-40代に発生

  • 卵巣嚢胞

    この 卵巣腫瘍は、3040代に起こりやすい病気ですので、注意が必要 。 卵巣腫瘍には、本当にさまざまの種類があります。[mylohas.net] 腫瘍の発生起源から、大きく分けると 「表層(ひょうそう)上皮性(じょうひせい)・間(かん)質性(しつせい)腫瘍(しゅよう)」 「性索間(せいさくかん)質性(しつせい)腫瘍(しゅよう)」 「胚(はい)細胞(さいぼう)腫瘍(しゅよう)」 の3つに分けられます。 そして、それぞれの種類ごとに、良性の腫瘍、境界悪性の腫瘍、悪性の腫瘍があります。[mylohas.net]

  • 骨盤内炎症性疾患

    頻度 全妊娠の0.5 1.5%に発生する。 リスク因子 年齢 好発年齢は20 30だが、40歳以上では発生率が10歳代の3倍以上になる。 妊娠歴 経産婦に多い傾向があり、前回の妊娠との間隔が長い(5年以上)ものがリスクになる。[www2.nms.ac.jp]

  • 子宮筋腫

    エストロゲン(卵胞ホルモン)が作用して大きくなっていきますので、早い人だと高校生 20前半で発生し、30 40発生のピークです。40代では3 4人に1人が筋腫をもっているとされ、閉経すると数年かけて次第に筋腫は小さくなっていきます。 よく「予防方法はないのですか?」と聞かれますが、残念ながらありません。[women.benesse.ne.jp] しかしながら近年の研究で、卵巣から産生される女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が、発生した子宮筋腫を成長させることが明らかになりつつあります。 エストロゲンは女性の性成熟期である3040代に産生が盛んになります。これは子宮筋腫の発生が多くみられる年代とほぼ一致します。[e-chiken.com] Uterine Fibroid 解説:岸 郁子 ( 東京都済生会中央病院 婦人科部長) 子宮筋腫はこんな病気 子宮筋腫は、子宮の筋層に発生する良性の腫瘍(筋肉のこぶ)で、婦人科領域の中でも発症頻度が高い病気です。30後半から40代の女性の4割に子宮筋腫があるともいわれています。[saiseikai.or.jp]

  • 子宮内膜症

    20歳前後から認められ3040に最も多くなります。 1. 発生部位 子宮体部筋層内が最も多く、ついで卵巣、ダグラス窩腹膜、S字結腸、直腸、卵管などです。子宮内膜症が子宮に在在する場合を子宮腺筋症、そのほかに発生したものを狭義の子宮内膜症と呼びます。また、卵巣の子宮内膜症で、膿庖を形成し膨大したものをチョコレート膿疱と呼んでいます。[niizashiki-hp.jp] 発生原因は現時点では明らかになっていません。好発年齢は30後半から40歳代です。 かなり痛い月経痛が数日続くことも 症状は月経痛、過多月経、貧血症状などですが、痛みはかなり強く月経が終了しても数日続く場合もあります。多くの症例で子宮の腫大がみられるため、診断では子宮筋腫との鑑別が必要となります。[tokushukai.or.jp]

  • 胃潰瘍

    年齢別には、胃潰瘍は40 50歳、十二指腸潰瘍は30 40に多く見られ、いずれも女性より男性に多く発生しています。 【原因】 胃潰瘍 粘膜を覆う粘液、粘膜自体の抵抗力、粘膜内の血液循環などは、粘膜を保護する防御因子です。胃酸やペプシンなどの消化液、喫煙、アルコール、ヘリコバクター・ピロリ菌感染などは粘膜を傷つける攻撃因子です。[miyauchi-cl.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    常染色体優性遺伝性の疾患で、大腸全域に無数(100個以上)の腺腫が発生し、40までに「100%がん化」する。医療ドラマ『フラジャイル』第4話では、30代女性がこの病気であることが判明して……というエピソードが描かれた。[healthpress.jp]

  • 悪性結腸腫瘍

    60歳代がピークで70歳、50歳と続きます。欧米と比べ、10歳ほど若い傾向があります。5〜10%の頻度で3040歳代の若年者に発生し、若年者大腸癌は家族や血縁者の中に多発する傾向が認められることがあります。 大腸癌の発生には、遺伝的因子よりも環境的因子の比重が大きいと考えられています。[saiseikai.com]

  • 血栓性静脈炎

    男女比は9対1と圧倒的に男性が多く、殆どが喫煙者で、発症年齢も30から40歳代を中心に青・壮年に多く発生します。職業歴や生活環境との関連性ははっきりしません。 4. この病気の原因はわかっているのですか? 原因は不明ですが、四肢末梢血管の 炎症 (血管炎)に起因するものと考えられています。 5. この病気は遺伝するのですか?[nanbyou.or.jp]

  • 皮膚癌

    また、これまでに述べた他のがんに比べ若い年齢から発生します。小児期における発生はまれですが、思春期以降は少なくなく、3040歳代がかなり多いのが特徴です。 紫外線と皮膚がん 代表的な 皮膚がん の中で乳房外パジェット病以外は、すべて大なり小なり日光に含まれる紫外線ががんの発生に関与します。[i-fukuda-clinic.com]

  • 直腸癌

    60歳代がピークで70歳、50歳と続きます。欧米と比べ、10歳ほど若い傾向があります。5〜10%の頻度で3040歳代の若年者に発生し、若年者大腸癌は家族や血縁者の中に多発する傾向が認められることがあります。 大腸癌の発生には、遺伝的因子よりも環境的因子の比重が大きいと考えられています。[saiseikai.com]

さらなる症状