Create issue ticket

考えれる3,584県の原因 30

結果を表示する: English

  • メタボリックシンドローム

    現在、ボディマス指数(BMI)で30以上は、アメリカでは30%以上、日本では3%である。 このメタボリックシンドロームに関して異論があり、下にそれを記す。 近年、心血管疾患と糖尿病は、肥満の流行する先進文明諸国の主要な疾患および死因となっており、その原因の解明と危険因子の同定のために多くの努力がなされてきた。[ja.wikipedia.org] ここ20年の間に魚介類の摂取量は1 19歳では2割以上、30 49歳では3割以上も減っています。それは、こどもの好みもさることながら、調理をする親御さんの方が、「調理が面倒」「肉より割高」等、大人の事情による影響もあるようです。[web.archive.org] Grundyはメタボリック症候群は短期(10年)リスクを評価するための道具ではなく、長期リスクを評価するための道具であると述べているが、Sundstromらは長期(30年)コホルト研究でメタボリック症候群はその個々の構成成分以上のリスクに関する情報を与えないと報告した。[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] 意識障害があったり30 mg/dL以下の低血糖や経口摂取が不可能な場合は点滴で即急に治療する。5 %ブドウ糖液50 mLに50 %ブドウ糖液20mLを混注して点滴投与する方法がよく知られている。[ja.wikipedia.org] 胃切除後の反応性低血糖では食後30分から1時間の間に、2型糖尿病の初期の反応性低血糖では食後3時間から5時間後に低血糖症状がみとめられることが多い。 意識障害がなく経口摂取が可能な場合ブドウ糖を10 15gを服用させる(砂糖やジュースでも可能)。ブドウ糖服用後に5 10分たっても症状が改善しなければさらに追加服用させる。[ja.wikipedia.org]

  • 酒さ

    最初に症状が現れたときの年齢(典型的には30 50歳)と、黒色面疱や白色面疱がみられないことが、にきびとの区別に役立つ。 酒さ様皮膚炎は、酒さに適した医薬品の保険適応がないため脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎として診断してステロイド外用薬やタクロリムス(局所カルシニューリン阻害剤)を処方し連用している最中に生じることがある。[ja.wikipedia.org] 典型的には30 50歳の人が発症します。この病気は、肌の色が白いアイルランド系および北欧系の人で最もよくみられますが、実際には皮膚の色が比較的濃い人でも生じていて、おそらくはあまり気づかれていないだけと考えられます。酒さは医師が見れば通常は簡単に診断がつきますが、にきびや他の皮膚病のように見えることもあります。[msdmanuals.com] よくあるご質問 ご使用ステップ アゼライン酸とは アゼライン酸は海外で約30年前から使用されています。また、穀物に含まれており、食品として摂取している成分です。 AZAクリアはにきびがちな肌の方に着目したスキンケア化粧品です。[drx-web.com]

  • 頸動脈狭窄症

    高度狭窄とは70 99%狭窄であり、中等度狭窄では30 69%であり、軽度狭窄は30%未満とされている。脳梗塞の病型診断でTOAST分類で行う場合は50%以上の狭窄の有無が重要となる。狭窄度の測り方にいくつかの方法がある。 冠動脈で用いる血管内超音波を頸部病変に応用する。[ja.wikipedia.org] […] stage0は脳循環予備能が30%より大きい場合である。stageⅠは脳循環予備能が10 30%の範囲内または、脳循環予備能が10%以下かつ安静時脳血流が正常平均値の80%より大きい場合である。stageⅡは脳循環予備能が10%以下でありかつ安静時血流量が80%以下の場合である。[ja.wikipedia.org] 高知赤十字病院の基準ではMRIのDWIでMCAの1/3以上の病変が認められること、MCAがM1ないしM2レベルで閉塞していること、JCSⅡ-30以上の意識障害が6時間以上持続することが除外基準である。[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    2004 2007年に報告された2,452例を病期・性・年齢群別にみると( 図2 )、早期顕症は、男性では10代後半からみられ、30代前半をピークとして20 40代前半に多く、女性では1例ではあるが10代前半からみられ、20代前半をピークとして10代後半 30代に多かった。[idsc.nih.go.jp] 2018年度は2018年10月1日 2019年9月30日の期間となります。[jssti.umin.jp] 分から午前10時30分 結果説明 午前9時30分から午前11時30分 印のある検査日の結果は3週間後になります。[city.minato.tokyo.jp]

  • 関節炎

    プレドニゾロンを30〜50mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。 急性多関節炎を引き起こすウイルスとしてパルボウイルスB19、B型肝炎ウイルス、風疹ウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、HIVがあげられる。 関節炎の鑑別としてリウマチ性多発筋痛症(PMR)は非常に重要である。[ja.wikipedia.org] プレドニゾロンを30〜50mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。発作時に尿酸降下薬を新たに開始するべきではない。尿酸降下薬の使用が痛風発作を誘発することがあるためである。しかし痛風発作時に尿酸降下薬を既に使用している場合は原則として継続する。尿酸降下薬は発作の寛解後およそ2週間後から低容量で開始し、漸増する。[ja.wikipedia.org]

  • 蕁麻疹

    抗原被曝から30分以内には症状が出る。ヒスタミンの放出は15分程度であり、通常はすぐに治まる。しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になり皮疹の出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。なお、接触性皮膚炎(かぶれ)でみられる湿疹は、IV型アレルギーであり、機序が異なる。[ja.wikipedia.org] 原因による分類 原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。アレルギー性蕁麻疹の一つ。サバなどの生魚が多いが、古くなるとすぐ醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされている。また、その食物そのものに対してアレルギー反応がないが、消化器官で代謝された代謝産物に対してアレルギー反応をもっている場合も多い。[ja.wikipedia.org] 薬剤摂取後30分以内に起こるのが通常。抗生剤・NSAIDの頻度が高い。 2〜3年以上続く慢性蕁麻疹の中には、膠原病や内臓疾患を合併していることがある。 アレルギー性の反応はないが、何らかの刺激でヒスタミンが肥満細胞から分泌されたり、神経末端よりアセチルコリンなどの物質が分泌され、それより血管透過性が亢進して症状が出るものなどがある。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    飲酒後にアルコール血中濃度がピークに達するのは30分 2時間後だが、個人差が大きく、胃の内容物などでも左右される。東京消防庁の管内では、年間約1万人が急性アルコール中毒で 救急搬送 されており、12月が1年のうちで最も多い。年代別では、20歳代 30歳代に集中しているという。[imidas.jp] 翌朝に酒を残さないためには純粋なエタノール量に換算して男性で45〜55cc、女性なら30〜40cc程度が限度量となる。男性なら、日本酒で2合、ビールなら2本、ウィスキーのダブルで2杯程度。女性なら、日本酒で1.5合弱、ビールなら1.5本弱、ウィスキーのダブルで1.5杯弱程度。[ja.wikipedia.org] 注釈 [ 編集 ] 日本酒の アルコール度数 :15度、焼酎のアルコール度数:25度、ビールのアルコール度数:5度、ウイスキーのアルコール度数:30度の場合。 Perez SR, Keijzers G, Steele M, Byrnes J, Scuffham PA (2013).[ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    これからのおよそ30年から40年あまりをより自分らしく輝けるように、気になる症状があれば気軽に婦人科で相談してみましょう。[ddnavi.com] 5.20 30代も!?若い人にも更年期障害の症状が! さて、池田さん。 ここまで私は、更年期は45歳 55歳あたりの時期を指すとお伝えしてきましたが、実は最近、 20 30代にも関わらず更年期障害の症状があらわれる人が増えている ってご存じですか? えっ・・・!? 20 30代なのに更年期障害なんですか・・・!? はい、そうなんです。[teinei.co.jp] 女性は30歳代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が次第に減少してきます。 そして平均して50歳前後で閉経を迎えますが、その前後の45 55歳までを一般に更年期と呼んでいます(この年齢には個人差があります)。 更年期は急激に女性ホルモンが減少するため、体がその減少変化についていけず、さまざまな変調を来たしがちです。[lck.jp]

  • トロサ・ハント症候群

    一方、治療を受けた患者の約30 40%に再発がみられる。 THSは国際的にも珍しい。ニュージーランドで、オーストラリアのニューサウスウェールズ州でそれぞれ1症例の報告がある。THSの発症に性差はなく、罹患年齢は60歳前後である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状