Create issue ticket

考えれる3,534県の原因 3 6

結果を表示する: Deutsch

  • 亜急性甲状腺炎

    好発年齢は30 50歳代、男女比は1:3 6と女性に多い。 本疾患の本態は、甲状腺での炎症により甲状腺腫大と組織破壊を生じ、甲状腺ホルモンが血中に漏出することにある。[ja.wikipedia.org] このような機序であるため、甲状腺中毒症状は一過性であり、3 6週間で消失するほか、20 30%の症例で、甲状腺中毒症から回復した直後に、今度は一過性に甲状腺機能低下症が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 単純性表皮水疱症、コブナー

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 表皮水疱症(指定難病) ひょうひすいほうしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.表皮水疱症とは? 皮膚は、外側から内側に向かって表皮と真皮の2層からなりたっています。[nanbyou.or.jp] 細胞膜上のα6およびβ4インテグリン、17型コラーゲン、基底膜上のラミニンα3鎖、β3鎖、γ2鎖のいずれかに異常が生じると表皮と基底膜の接着機能が破綻して表皮と基底膜の間で水疱ができる接合部型表皮水疱症を発症します。[nanbyou.or.jp] ラミニンα3鎖、β3鎖、γ2鎖の遺伝子異常は極めて重症となり、全身の感染症で1歳を待たずに死亡することが殆どです。 α6インテグリンまたはβ4インテグリンの遺伝子異常では胃と小腸の結合部位(幽門)の閉鎖を合併し、手術を受けなければ食事摂取が出来ません。[nanbyou.or.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    36ヶ月ぐらいの乳児は免疫力が弱く重症化しやすい(母親からの免疫がなくなる時期)。 呼吸機能が未発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp] 大阪市の調査の結果、HPIVのうち3型(HPIV-3)が最多の検出で、その検出数は、冬に流行するRSウイルスの6割近くにのぼりました。HPIV-3は、2歳までに約60%が感染すると言われており、生後6ヵ月未満の感染も少なくありません。HPIV-3は感染力が強いと言われており、陽性例のうち下気道炎の占める割合も高いことから、注意が必要です。[iph.osaka.jp] (1)在胎期間28週以下の早産で、12か月齢以下の新生児および乳児 (2)在胎期間29週 35週の早産で、6か月齢以下の新生児および乳児 (3)過去6か月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24か月齢以下の新生児、乳児および幼児 (4)24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の新生児、乳児および幼児 (5)24[city.osaka.lg.jp]

  • 風邪

    細菌による二次感染や合併症が起こることも 人が1年間に風邪(かぜ)をひく回数は平均3 6回です。風邪(かぜ)は4日から1週間程度で治ることが多く、発熱が3日以上続くことはほとんどありません。しかし、風邪(かぜ)をひいている間に別の細菌に二次感染し、色のついたたんが出たり熱が続いたりすることもあります。[daiichisankyo-hc.co.jp] (※1)厚生労働省による人口動態統計(平成14年度)によれば、死亡原因の順位は、1.がん(31%)、2.心疾患(15.6%)、3.脳血管疾患(13.2%)、4.肺炎(8.9%)となっていて、肺炎は男女ともに第4位です。1965年ごろまでは減少傾向にありましたが、その後横ばいとなり、1990年代後半からは急速に増加しています。[healthcare.omron.co.jp] 医師が語る、風邪のとき食べるといいもの【風邪Q&A】 (『AneCan』2015年3月号) 【あわせて読みたい】 ※目からウロコ!風邪に負けない体をつくる6つのコツ ※おいしくて簡単!風邪やインフルエンザ予防に役立つあの食べ物の秘密 ※風邪やインフルエンザに感染しない3大予防してますか? ※ウイルスの違いや原因は?[cancam.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    春先から初夏(3 6月)に流行し、潜伏期は5〜6日です。感染者の喀痰などの分泌物に触れることによって手指にウイルスが付着し、その手で鼻や口の粘膜に触れることによって感染します。また、感染者の咳などによって発生する飛沫を吸い込むことによっても感染します。[tepika.net] 細菌による二次感染や合併症が起こることも 人が1年間に風邪(かぜ)をひく回数は平均3 6回です。風邪(かぜ)は4日から1週間程度で治ることが多く、発熱が3日以上続くことはほとんどありません。しかし、風邪(かぜ)をひいている間に別の細菌に二次感染し、色のついたたんが出たり熱が続いたりすることもあります。[daiichisankyo-hc.co.jp] 接触感染や飛沫感染で広がり、3 6歳の小児に多い感染症ですが、成人が感染すると症状が重くなる傾向にあります。ウイルスが内耳に侵入すると難聴(ムンプス難聴)になることがあり、永久的に聴力が失われることがあります。[obata-c.jp]

  • 急性胃腸炎

    T/日 注射の場合はブスコパン1A静注 3.抗生剤:感染性の食中毒に対してはタリビット、カナマイシン、ホスミシンなどが用い られる。[nms.co.jp] たとえばノロウイルスは、歳未満・5歳以上の方などを対象に健康保険が適用されているため 2) 、保険適用の対象者以外の方では一般的に検査を行わない場合が多いのです。 ただし入院の場合には、入院の部屋割りを決めるために当院では保険適用外でも検査を行っています。[medicalnote.jp] どちらも飲むワクチンで、生後週以降に4週以上の間隔で2回あるいは回経口接種します。接種できる期間が決められているため、かかりつけの小児科の先生と相談して、生後2カ月からインフルエンザ菌b型(ヒブ)や肺炎球菌のワクチンと一緒に開始するとよいでしょう。[asahi.com]

  • 頸動脈狭窄症

    高知赤十字病院の基準ではMRIのDWIでMCAの1/3以上の病変が認められること、MCAがM1ないしM2レベルで閉塞していること、JCSⅡ-30以上の意識障害が6時間以上持続することが除外基準である。[ja.wikipedia.org] 日本の脳卒中ガイドライン2009ではCEAの有効性が確実に得られるのは症候性病変で手術リスクが6%以下、無症候性病変では3%以下が条件である。10%以上のリスクを有する術者では患者の状況にかかわらず内科的治療に結果が劣る。[ja.wikipedia.org] 吹田研究では面積狭窄率25〜50%の頸動脈狭窄症の患者の頻度は男性で6.5%、女性で3.0%であった。面積狭窄率で50%を超える頸動脈狭窄症の頻度は男性で7.9%であり女性で1.3%であった。 アテローム硬化頸動脈狭窄症の原因のほとんどはアテローム硬化である。[ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症

    流行時期 おもに36月 感染経路 飛沫感染(口や鼻から感染)...咳やくしゃみ等で飛び散ったウイルスを吸い込むことで感染します。 接触感染(ウイルスに触れて感染)...ウイルスを含んだ飛沫や鼻水の付いたタオルや食器等を介して感染します。[mizuho-m.co.jp] 62.6 4.1% 5 HIV / AIDS 58.5 3.8% 6 脳血管疾患 46.6 3.1% 7 未熟児 、低出生体重 44.3 2.9% 8 出生時仮死出生外傷 41.7 2.7% 9 交通事故 41.2 2.7% 10 新生児の感染症など 40.4 2.7% 11 結核 34.2 2.2% 12 マラリア 34.0 2.2%[ja.wikipedia.org] 13 COPD 30.2 2.0% 14 屈折異常 27.7 1.8% 15 成人発症性の 難聴 27.4 1.8% 16 先天異常 25.3 1.7% 17 アルコール使用障害 23.7 1.6% 18 他傷による 怪我 21.7 1.4% 19 糖尿病 19.7 1.3% 20 自傷行為 怪我 19.6 1.3% 気道感染 (きどうかんせん[ja.wikipedia.org]

  • 気管支炎

    わが国でもRSV感染流行初期において(1)在胎期間28週以下の早産で、12カ月齢以下の新生児および乳児、(2)在胎期間29週 35週の早産で、カ月齢以下の新生児および乳児、(3)過去カ月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24カ月齢以下の新生児、乳児および幼児、(4)24カ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の[idsc.nih.go.jp] 5月3日(金・祝) 5月6日(月・祝)まで、休診日となります。 その他、5月は通常通り、 第2土曜、日曜、祝日が休診となります。 よろしくお願い致します。[okabefujiko-clinic.com] 自然療法医は、一般的な予防効果を得るには毎日00から00ミリグラムを摂ることを勧めているようですが、私もこのことは支持いたします。また、その他のマグネシウムに富む食材を選ぶと良いでしょう、たとえば全粒穀物、大豆、ナッツ、魚、乳製品、赤身肉などがありますね。[ecoshop-tibijin.co.jp]

  • 尿路疾患

    男性の膀胱結石患者数は女性患者の3-6倍とされています。また膀胱結石は50歳台以降の人に多い傾向があります。 3. 膀胱結石の診断は? 膀胱結石は症状から診断を確定することが困難です。 膀胱結石の診断を行う上では検査が必要です。以下のようないくつかの検査を組み合わせて診断を行います。[medley.life] これを3 6回繰り替えす。 痛み 麻酔針を刺すときに多少の痛みがあるが、それ以外の痛みは殆どない。むしろ検査後、長時間にわたる安静臥床によって起こる腰痛が苦しい。 合併症 腎被膜下血腫 腎被膜下血腫は、腎臓の皮膜の内側に血液が溜まる事。圧迫止血が充分でないと起こる。皮膜が伸展されると痛い。[ja.wikipedia.org] 目次 1 歴史 2 主な疾患・障害 2.1 腎 2.2 尿管 2.3 膀胱 2.4 前立腺 2.5 尿道 2.6 尿路結石 2.7 陰嚢内 2.8 陰茎 2.9 性病 2.10 腹壁・臍 3 脚注 4 関連項目 5 外部リンク 歴史 [ 編集 ] 外科学 の腹部外科の領域において、 腎臓 、 泌尿器 を扱っていた分野が始まりで、欧米では現在[ja.wikipedia.org]

さらなる症状