Create issue ticket

考えれる2,322県の原因 3 50

結果を表示する: Deutsch

  • 頸動脈狭窄症

    吹田研究では面積狭窄率25〜50%の頸動脈狭窄症の患者の頻度は男性で6.5%、女性で3.0%であった。面積狭窄率で50%を超える頸動脈狭窄症の頻度は男性で7.9%であり女性で1.3%であった。 アテローム硬化頸動脈狭窄症の原因のほとんどはアテローム硬化である。[ja.wikipedia.org] 日本では脳梗塞全体の1.2%、50歳以下では2.9〜3.8%を占めると報告されている。CTAやDSAで明らかなintimal flapやdouble lumenを認める場合、またはT1WIで壁在血腫と思われる高信号を認める場合に動脈解離と診断できる。 動脈解離の進展胸部の大動脈解離が進展することで総頸動脈に狭窄や閉塞をきたす。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    帰宅したら必ず手を洗う 3. 室内では加湿器などを使い、適切な湿度(50 60%)をキープする 4. 体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのよい栄養摂取を 5. 人ごみや繁華街への外出をできるだけ控える 6.[zespri-jp.com]

  • 急性胃腸炎

    (2)人参スープ:人参500gに食塩3gを加えて2時間煮て裏ごしし、水を加えて1Lにする。 ()おもゆ(5分粥):米50g 水500ml米粒がとろけるまで (4)全粥:米100g 水500mlねっとりするまで炊く。 又は、炊きあがりご飯1と水1を同様に炊く。[top-page.jp] すでに脱水のサインが見られる場合は、不足している水分を3 4時間以内に摂取させる必要があります。目安は、体重1kgあたり50 100ミリリットルです。一気に飲むと吐いてしまうので、ティースプーンに1杯程度の量を少しずつ飲ませていきましょう。[saiseikai.or.jp]

  • 尿路疾患

    男性の膀胱結石患者数は女性患者の3-6倍とされています。また膀胱結石は50歳台以降の人に多い傾向があります。 3. 膀胱結石の診断は? 膀胱結石は症状から診断を確定することが困難です。 膀胱結石の診断を行う上では検査が必要です。以下のようないくつかの検査を組み合わせて診断を行います。[medley.life]

  • 気管支炎

    乳児は、生まれて最初の一年間で50 70%以上が罹患し 2-3歳までに、ほぼすべての小児が抗体を獲得すると言われています。 1回感染しただけでは免疫は不完全で、 小児から成人まで、繰り返し感染しながら徐々に免疫が強くなります。 免疫のある年長児や大人が感染しても、 咳や鼻汁などの症状があるだけで、普通の風邪とあまり変わりません。[ohisama.cute.coocan.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    まで6回使用される.パリビズマブ使用により,RSVによる入院が50%程度抑制されている.[kotobank.jp] するヒト化マウスモノクローナル抗体(パリビズマブ)が用いられている.RSVが感染すると入院するリスクが高い未熟児の慢性肺疾患児,早産(在胎35週以下)児,血行動態に異常のある先天性心疾患児が適応とされている.パリビズマブ15 mg/kgをRSVが流行する前の月から流行が終息するまでの間,1カ月に1回筋肉注射する.わが国では10月から翌年の3[kotobank.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    きのこはビタミンDが「豊富」といわれていますが、まいたけ100g中のビタミンDは7.7マイクログラムで、100gもまいたけを食べる人は少数派と思われ、30gのまいたけで2.3マイクログラムです。 離乳食なら油漬けのツナ缶50gに2マイクログラム含まれます。 おすすめは「卵」と「鮭」です。[fnn.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    最初の一年間で50〜70%以上の新生児が罹患し、3歳までにすべての小児が抗体を獲 得する。肺炎や細気管支炎など のRSVによる下気道症状は、ほとんどの場合は3歳以下で、入院事例のピークは2〜5カ月齢に あるが、最初の3〜4週齢では比較的少ない。また、年長児や成人における再感染は普遍的に 見られるが、重症となることは少ない。[niid.go.jp]

  • 膣炎

    CA125高値 3 附属器炎 15-30 感染 4 骨盤腹膜炎 20-35 腹膜刺激症状 5 子宮筋腫 35-50 通常自発通は無いが… 6 卵巣出血 20-50 7 排卵痛 18-36 病的意義なし。排卵期出血。[med.akita-u.ac.jp] 0 合計点 自己採点の評価方法 0点 25点 異常なし 26点 50点 食事や運動に注意しましょう。[kotoni-ladies.or.jp] もし陽性であった場合、検査後 6ヵ月後に再検査を行うことをおすすめします。 プレ更年期 更年期は、40才後半から50才前半の閉経を迎える時期をいいます。それよりも若い世代、つまり30才後半から40才前半の方に見られる更年期に似たような状況を「プレ更年期のトラブル」と呼んでいます。[tomimatsu-lc.jp]

  • 尿路感染症

    当院および関連施設の統計によると急性膀胱炎の好発年齢のピークは2000年以降は20代、閉経を迎えた50代、そして70歳代の3つあります(図1)。 [lab.toho-u.ac.jp]

さらなる症状