Create issue ticket

考えれる53県の原因 3 4 hz multispike, qt

結果を表示する: Română

  • トルサード・ド・ポワント

    通常のTdPはQT延長症候群と関係があり、心電図上でQT時間の延長を確認できる。QTが延長すると再分極の終わりの相対不応期(T波の後半)に心室の脱分極を示すR波が重なるR-on-T現象が見られる。R-on-T現象はTdPの予兆である。またTdPに先立ち心電図上にT-U波が見られる事もある。[ja.wikipedia.org] 先天的QT延長症候群も存在する。 また一部の医薬品の併用で起こる薬物相互作用の結果である場合もある。QT延長作用を持つクラリスロマイシン、レボフロキサシン、ハロペリドールは、シトクロムP450阻害作用を持つフルオキセチンやシメチジン、グレープフルーツなどの一部の食品を併用すると、薬剤の代謝が阻害されて血中濃度が上昇し、QT時間を延長する。[ja.wikipedia.org] 消化管運動促進薬であるシサプリドはQT延長によるTdPで死亡例が発生して2000年に米国市場から撤退した。アリゾナ治療教育研究センター(CERT)にQT延長を起こす薬剤がまとめられている。 下記にトルサード・ド・ポワントの危険因子とされているものを挙げる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • QT短縮症候群

    QT短縮症候群 は心臓の電気信号伝達系の 遺伝的疾患。心電図 においてQT時間が 300 ms以下であり、心拍数や、T波には特徴は無く、心臓の構造は正常で器質的疾患を持たない。心室細動からの突然死リスクが上昇する。 何らかの原因により発症する後天性(二次性)QT短縮症候群と、明らかな原因のない先天性QT短縮症候群に分類される。[ja.wikipedia.org] 抄録 QT時間の延長は特発性QT延長症候群や抗不整脈薬によるtorsade de pointes発生との関係で重要視されている.III群薬を使用する機会が増加しつつある今日,QT時間調節の生理的,病理的要因について理解しておくことは大切である.QT時間は心拍数によって変動するが,心拍数を変化させる要因によっても修飾を受ける.このため日常使用[jstage.jst.go.jp] 抄録 QT短縮症候群(SQTS)は,器質的心疾患をもたないにもかかわらずQT時間が修正QT(QTc)時間で300 320msec未満と短く,心室細動(VF)から突然死を発症する症候群である.当院で有症候性のSQTS症例を4例経験した.全例男性で,3例でVFが確認され,1例では失神発作を認めた.12誘導心電図上,安静時QTc時間は平均327msec[jstage.jst.go.jp]

    不足: 3 4 hz multispike
  • 心室性不整脈

    QT延長症候群(QTえんちょうしょうこうぐん、long QT syndrome; LQTS)は、心臓の収縮後の再分極の遅延がおき、心室頻拍(Torsades de Pointes:TdP、心室性不整脈の一種)のリスクを増大させる心臓疾患である。[ja.wikipedia.org] 2.7 QT延長症候群における薬剤負荷試験 QT延長症候群の内、LQT1型は浸透度(penetrance)が低く、遺伝子変異carrierであっても通常の臨床的検査では診断できない例が多い。このような場合にエピネフリン静注負荷法が診断に有用であることが指摘されている(Shimizu W et al.[udatsu.vs1.jp] より簡略にはT波の終点がRRの中点を越えていれば明らかにQTの延長とする。この方法はスクリーニング診察時に用いることがある。 なお、精密には、QT時間は、RR間隔で補正する必要(Bazett 式のQTc QT/Root(RR)、Heggliu. Holzman 式 QT 0.39(RootRR) 0.04 sec)がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • 心室細動

    心筋梗塞や心臓弁膜症など心臓病の既往がある場合が多いが、急性心筋梗塞の初発症状であったり、また若年者ではブルガダ症候群やQT延長症候群など先天性の遺伝子異常が背景である場合もある。また、心臓に異常がない人でも脱水や栄養障害、腎機能障害などによって血液中のカリウムが異常に少ない場合や異常に多い場合にQT延長が生じてVfを発症することがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • 心室頻拍

    QT延長症候群 不整脈原性右室心筋症 偽性心室頻拍 大鵬幸喜 杉本恒明, 矢崎義雄 『内科学 I (第9版)』 朝倉書店、2007年、475-479頁。ISBN 978-4254322316。[ja.wikipedia.org] 、心臓ペーシング電気的除細動: カルディオバージョン(QRS波同期による電気ショック) 心臓ペーシング頻拍予防抗不整脈薬(基礎心疾患のない場合) Ia群薬 (活動電位持続時間を延長させるNaチャネル遮断薬) (ベラパミル感受性VT) IV群薬 (カルシウム拮抗薬) (先天性QT延長症候群) β遮断薬 (心機能低下を伴う場合) III群薬、とくに[ja.wikipedia.org] 頻拍発作の停止抗不整脈薬(一般的) ボーン・ウイリアムス分類 I群 (Naチャネル遮断薬)の薬剤 (基礎心疾患を有する場合) リドカイン、プロカインアミド (心機能低下を伴う場合) ニフェカラント (右脚ブロックと左軸偏位) ベラパミル (左脚ブロックと右軸偏位) ATPとβ遮断薬 (先天性QT延長症候群) β遮断薬、マグネシウム、イソプロテレノール[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • エリスロマイシン

    すなわち、エリスロマイシンはそれらの薬剤やQT時間を延ばすような薬剤を使用している患者に対しての投与は避けるべきであると結論付けられた。[ja.wikipedia.org] 他の例としてテルフェナジン (Seldane , Seldane-D )、アステミゾール (Hismanal )、シサプリド(Propulsid , 多くの国でQT時間を延長させる効果のため認可が取り消されている)、ピモジド (Orap ) が挙げられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • QT延長症候群

    QT延長症候群(QTえんちょうしょうこうぐん、long QT syndrome; LQTS)は、心臓の収縮後の再分極の遅延がおき、心室頻拍(Torsades de Pointes:TdP、心室性不整脈の一種)のリスクを増大させる心臓疾患である。[ja.wikipedia.org] 2.7 QT延長症候群における薬剤負荷試験 QT延長症候群の内、LQT1型は浸透度(penetrance)が低く、遺伝子変異carrierであっても通常の臨床的検査では診断できない例が多い。このような場合にエピネフリン静注負荷法が診断に有用であることが指摘されている(Shimizu W et al.[udatsu.vs1.jp] より簡略にはT波の終点がRRの中点を越えていれば明らかにQTの延長とする。この方法はスクリーニング診察時に用いることがある。 なお、精密には、QT時間は、RR間隔で補正する必要(Bazett 式のQTc QT/Root(RR)、Heggliu. Holzman 式 QT 0.39(RootRR) 0.04 sec)がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • オンダンセトロン

    オンダンセトロンはQT時間を延長させ、時に、致死的な不整脈として知られるトルサード・ド・ポワントを引き起こす。あらゆる患者で如何なる剤形でも起こり得るが、特に静脈注射時に顕著であり、用量依存的にリスクが増加する。他にQTを延長させる薬剤を服用している場合、先天性QT延長症候群、先天性心疾患、徐脈もリスクを増加させる。[ja.wikipedia.org] 重篤な副作用としては、QT延長症候群やアナフィラキシーが挙げられる。妊婦に対して危険であるとは思われていないが、充分に研究されていない。 オンダンセトロンが最初に医学的に用いられたのは1990年である。 WHO必須医薬品モデル・リストに収載されている。 セトロン(stron)とは、5-HT3受容体の拮抗薬の語尾に付けられる名称である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • フルコナゾール

    ショック、アナフィラキシー 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、スティーブンス・ジョンソン症候群 無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少、白血球減少、貧血 急性腎不全、肝障害(黄疸、肝炎、胆汁うっ滞性肝炎、肝壊死、肝不全など) 意識障害(錯乱、見当識障害など)、痙攣、高カリウム血症、心室頻拍、QT[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike
  • イミプラミン

    緑内障のある患者 本剤の成分又は三環系抗うつ薬に対して過敏症の既往歴を持つ患者 心筋梗塞の回復初期の患者 尿閉(前立腺疾患等)のある患者 モノアミン酸化酵素 (MAO) 阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者 チオリダジンを投与中の患者 QT延長症候群のある患者 抗コリン作用による以下の副作用が報告されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 3 4 hz multispike

さらなる症状