Create issue ticket

考えれる2,432県の原因 2n

結果を表示する: English

  • 肺癌

    またはT1bまたはT1c N2 M0 T2a N2 M0 T2b N2 M0 T3 N1 M0 T4 N0 M0 T4 N1 M0 ⅢB期 T1aまたはT1bまたはT1c N3 M0 T2a N3 M0 T2b N3 M0 T3 N2 M0 T4 N2 M0 ⅢC期 T3 N3 M0 T4 N3 M0 ⅣA期 Any T Any N M1a[med.oita-u.ac.jp] の転移) N0 遠隔転移なし T1a-T2b N1 遠隔転移なし ⅢA期 T4(充実成分径 7cmもしくは腫瘍の横隔膜・縦隔・心臓・大血管・気管 等に浸潤、同側の異なった肺葉内への転移) N0 遠隔転移なし T3-T4 N1 遠隔転移なし T1a-T2b N2 遠隔転移なし ⅢB期 T3-T4 N2 遠隔転移なし T1a-T2b N3 遠隔転移[kindai-geka.jp] 病状分類 潜伏癌 TX N0 M0 0期 Tis N0 M0 IA1期 T1miまたはT1a N0 M0 IA2期 T1b N0 M0 IA3期 T1c N0 M0 IB期 T2a N0 M0 ⅡA期 T2b N0 M0 ⅡB期 T1aまたはT1bまたはT1c N1 M0 T2a N1 M0 T2b N1 M0 T3 N0 M0 ⅢA期 T1a[med.oita-u.ac.jp]

  • 風邪

    A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2) B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統) B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)(引用: 国立感染症研究所 ) 今季[tenki.jp]

  • 急性胃腸炎

    しかし、DS-1-like遺伝子構成のEquine-like G3ロタウイルス株はVP7がウマロタウイルスに類似し、VP4がP[8]またはP[6]で、DS-1-like遺伝子型構成 (I2-R2-C2-M2-A2-N2-T2-E2-H2)を有しており、従来のヒト型ロタウイルスと遺伝学的に大きく異なっていました。[kobe-u.ac.jp] N Engl J Med 2004; 350:38. ※ドクターズマガジン2014年2月号に掲載するためにご執筆いただいたものです。[medi-gate.jp] 下痢便の電解質組成は、 a:5 50、K:35 60、Cl:20 40、HCO3:30 45であ るので、5%グル500ml KCl20mEq メイロン20mlを基本とするが、 血管痛が見られる場合はソリタT3 アスパラK1Aなどを使用する。[nms.co.jp]

  • インフルエンザ

    ちなみに、産業用の使い捨て式防じんマスクには、わが国の国家検定が行われており、DS2というクラスのものがN95と理論上は同様の効果があると考えられる。もしN95マスクが底をついた時にはDS2の防じんマスクの使用も考慮する必要があるだろう。[medical.nikkeibp.co.jp] その後、昭和32(1957)年には「アジアインフルエンザ(A(H2N2)亜型)」が、昭和43(1968)年には「香港インフルエンザ(A(H3N2)亜型)」が、そして最近では平成21(2009)年に「インフルエンザ(H1N1)2009」が世界的な大流行を起こしています。 インフルエンザを予防する有効な方法としては、以下が挙げられます。[mhlw.go.jp] インフルエンザ[原因ウイルスはA(H3N2)亜型]の3つです。[shionogi.co.jp]

  • インフルエンザB型ウィルス感染

    このA(H1N1)型ウイルスの流行は1957年を境に一旦収束しましたが、それに代わりA(H2N2)型ウイルスが流行しました。A(H2N2)型ウイルスは1968年に流行が収束しましが、近年は「ソ連かぜ」と呼ばれるA(H1N1)型、「香港かぜ」と呼ばれるA(H3N2)型、B型の3種類のウイルスが流行しています。[yoshida-pharm.com] 今のところ、これら144通りのA型インフルエンザ亜型のうち、人間界でパンデミックを起こしたのは、H1N1(Aソ連型)、H2N2(アジア風邪)、H3N2(A香港型)、H1N1pdm09などに限られています。[opendoctors.jp] このウイルスのH1抗原とN2抗原は、近年流行しているA(H1N1)型のH1抗原、および同じく流行しているA(H3N2)型のN2抗原と類似しており、これらふたつの亜型が遺伝子交雑して発生したものと考えられています。従って現行ワクチンの効果が期待でき、また特別な臨床経過も報告されていないため、脅威とは認識されていません。[yoshida-pharm.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    結果および考察 261検体について遺伝子検出を行った結果,5検体(1.9%)から hMPV のF蛋白遺伝子を検出したが,そのうちN蛋白遺伝子も検出できたのは2例のみで,残りの3例は検出できなかった.LLC-MK2細胞およびVeroE6細胞から hMPV は分離されなかった(表2).[eiken.pref.kanagawa.jp] Prim Care Respir J 17(2): 79-89, 2008. 4)Rosenfeld RM, Andes D, Bhattacharyya N, Cheung D, Eisenberg S, Ganiats TG, et al.[hhk.jp] 1.sCD14-ST sCD14-ST(別名:プレセプシン(presepsin))は可溶性CD14の分子種の一つであり、非還元条件下SDS-PAGEにおいて分子量13 kDaに泳動されることを特徴とし、CD14の端部を保持しているものである。[patents.google.com]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2N型

    LGMDI、K、M、N:α-ジストログリカノパチー 拡張型心筋症が主な症状です。血清CK値は正常値の10 50倍に上昇します。骨格筋の障害は比較的軽度で、中枢神経障害や目症状はきたしません。 LGMDKでは脳奇形や精神発達遅滞、LGMDMでは心不全、呼吸不全や関節拘縮、LGMDNでは精神発達遅滞が見られます。[mdcst.jp] ところで、GlcNAcβ1-2Man構造はN型糖鎖にすでに二つあることは良く知られており、UDP- N -acetylglucosamine: α-3-D-mannoside β-1,2- N -acetylglucosaminyltransferase I (GnT-I) とUDP- N -acetylglucosamine: α-6-D-mannoside[glycoforum.gr.jp] 9q31 Fukutin 日本人、幼児発症、知能障害なし 福山型先天性筋ジストロフィー(FCMD) , cardiomyopathy LGMD2N 14q24 POMT2 筋緊張低下、運動発達遅延、翼状肩甲 α-dystroglyconopathywith mental retardation (CMDB2) LGMD2O 1p32 POMGnT1[pathologycenter.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    A型株 A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A型株 A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2) B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統) B型株 B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統) インフルエンザワクチン[pro.saraya.com] Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp] Prim Care Respir J 17(2): 79-89, 2008. 4)Rosenfeld RM, Andes D, Bhattacharyya N, Cheung D, Eisenberg S, Ganiats TG, et al.[hhk.jp]

  • 上気道感染症

    Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp] Prim Care Respir J 17(2): 79-89, 2008. 4)Rosenfeld RM, Andes D, Bhattacharyya N, Cheung D, Eisenberg S, Ganiats TG, et al.[hhk.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    J Hum Lact. 2013;29(2):163-170. (PubMed) 32. Wharton B, Bishop N. Rickets. Lancet. 2003;362(9393):1389-1400. (PubMed) 33. Chen TC, Chimeh F, Lu Z, et al.[lpi.oregonstate.edu] Gastroenterology 1978;74:900-2. [ PubMed abstract(英語サイト) ] Gough H, Goggin T, Bissessar A, Baker M, Crowley M, Callaghan N.[ejim.ncgg.go.jp] Ann N Y Acad Sci. 1999;889:107-119. (PubMed) 76. Gandini S, Boniol M, Haukka J, et al.[lpi.oregonstate.edu]

さらなる症状