Create issue ticket

考えれる6,780県の原因 2l

  • 急性胃腸炎

    入院時白血球数64,300/μl(好中球桿状型%,分葉型89%)に増加。腹部全体に圧痛を認め,Blumberg's sign陽性,筋性防御は認めなかった。レントゲン,CT検査上,消化管穿孔,腸閉塞などは認めず,急性胃腸炎と判断して絶食,抗生剤治療を施行した。[jstage.jst.go.jp] 24時間で3回以上、72時間以内の下痢症状を伴う3-48月の急性胃腸炎患者886人を、Probiotics (Lactobacillus rhamnosus, L. helveticus 4.0 109 CFU) を1日2回5日間内服する介入群とプラセボを1日2回5日間内服する対照群と1:1で割り付けた。[kameda.com] 【経口補液療法】 嘔吐下痢の強い間は湯冷まし1Lに対して砂糖 40g (上白糖大さじ4と1/2杯)食塩 3g (小さじ1/2杯)をよく溶かしたものを1回5ml程度から開始し10-20分毎に与えていきます。吐かなければ少しづつ量を増やしていきます。吐いた後は20分程休んでまた少量から再開しましょう。[aoki-kodomo.net]

  • 虫刺症

    臨床検査成績:WBC 6,600/μl 、Eo 0.3%、CRP 0.04 mg/dl、LDH 200 IU/l、CK 70 IU/l、BUN 12.8 mg/dl、Cr 0.65 mg/dl、FBG 541 mg/dl、PT 12.3s、APTT 30.9s、INR 0.96。 症例 55歳男性。[idsc.nih.go.jp] 診 断 症例の血清抗体価は抗原交差性が高い R. japonica と R. conorii で1カ月後の抗体価が有意に上昇した( 表1 )。[idsc.nih.go.jp] 臨床検査成績:WBC 4,600/μl、Eo 0.3%、CRP 0.58 mg/dl、LDH 337 IU/l、CK 70 IU/l、BUN 14.6 mg/dl、Cr 0.84 mg/dl、FBG 541 mg/dl、PT 11.9s、APTT 44.3s、INR 0.94。[idsc.nih.go.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    リボテストマイコプラズマは,同じくイムノクロマト法により,咽頭ぬぐい液から肺炎マイコプラズマのリボソーム蛋白である7/蛋白を検出するキットです。 実際に当院ではプライムチェックマイコプラズマを用いて診断を試みてまいりました。その結果、想像以上に感度がよく、レントゲンで影のでる前に診断できた例もありました。[saitoh-clinic.com] 主な症状は、①38 以上または36 以下の体温、②心拍数90/分以上、③呼吸数20/分以上または動脈血炭酸ガス分圧(P aCO2)32mmHg以下、④白血球数1万000/μL以上または4000/μL以下。[qlife.jp] […] sCD14―ST蛋白質標準品は、国際公開第005/10849号に記載のrsCD14―STを用いた。標準品希釈系列をウエル当たり50μ添加し、5 で1時間反応(第一反応)させた。[patents.google.com]

  • 急性気管支炎

    予後不良因子として、右心不全の既往、1秒量1L以下、安静時動脈血O 2 分圧55Torr以下、緑膿菌感染があげられます。 治療の原則 慢性気管支炎の治療は、日常生活をほぼ通常どおり送れる状態(慢性安定期といいます)と入院加療を必要とするような病状の悪化時(急性増悪時といいます)に分けて考える必要があります。[jomf.or.jp]

  • 咽頭炎

    本当に怖い咽頭痛:症例2 症例:20歳代,男性 主訴:発熱,咽頭痛 現病歴:1週間前からの発熱,咽頭痛,体幹の軽度紅斑が出現し近医を受診.血液検査で汎血球減少(WBC 2,800/μL,Hb 10.4 g/dL,Plt 8.8万/μL),異型リンパ球8%,肝機能異常(AST 78 IU/L,ALT 94 IU/L)を指摘されたため,近医より[yodosha.co.jp] 紹介受診した.身体診察で咽頭発赤と白苔を認めた(図2).[yodosha.co.jp]

  • レンサ球菌感染

    入院後WBC 8,900/μl 、 AGBにてpH 7.41、 PaCO 2 22mmHg、 PaO 2 101mmHg、 HCO 3 - 13mmol/lと代謝性アシドーシスを示し、 また、 右上腕病変も急激に悪化した。[idsc.nih.go.jp]

  • 日焼け

    2 市販の薬を使う しみを改善するには、皮膚を形成するコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCや良質なたんぱく質、血行を良くするビタミンE、皮膚の代謝を助けるL‐システイン、皮膚の再生を助けるビタミンB 2 、B 6 などが配合されたビタミン剤が効果的です。[takeda-kenko.jp]

  • 耳管開放症

    着色剤としては、例えば酸化チタン、食用黄色5号、食用青色号、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄等が挙げられる。抗酸化剤としては、例えばアスコルビン酸ナトリウム、 システイン、亜硫酸ナトリウム、ビタミンE等が挙げられる。隠蔽剤としては、例えば酸化チタン等が挙げられる。静電気防止剤としては、例えばタルク、酸化チタン等が挙げられる。[biosciencedbc.jp]

  • 認知症

    “Usefulness of 2 questions about age and year of birth in the case-finding of dementia”. J Am Med Dir Assoc 14 (8): 627.e7–12. doi : 10.1016/j.jamda.2013.05.006 .[ja.wikipedia.org] HealthDay News Ventura T, De-la-Cámara C, Lopez-Anton R, Santabárbara J, Marcos G, Quintanilla MA, Campayo A, Lobo E, Roy JF, Saz P, Olaya B, Haro JM, Rodríguez-Mañas L, Sartorius[ja.wikipedia.org]

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症で利用できるカルシウム製剤はリン酸水素カルシウムとL-アスパラギン酸カルシウム(アスパラCA)の2種類がある。リン酸水素カルシウムは散剤で1日3g摂取すればカルシウムを699mg摂取できるがL-アスパラギン酸カルシウムは錠剤で1日1.2g摂取してもカルシウムは134.4mgしか摂取ができない。[ja.wikipedia.org] 方法 早朝の安静時に床に寝た状態で2時間掛けて約2lの生理食塩水を点滴静注する。 判定 目的1 目的2 耐糖能 [ 編集 ] OGTT - HOMA-R -HOMA-β [1] グルカゴン負荷試験 : グルカゴン を投与して 血糖 と血中CPR値を計る検査。 目的 インスリン 分泌能を調べること。[ja.wikipedia.org] ビスホスホネート系薬剤などの骨吸収抑制薬による治療中は,骨代謝回転が抑制される(架橋N-テロペプチド[ 40 nmol/L]または架橋C-テロペプチドの低値で証明される)。これらのマーカーは2年以上の休薬期間の間低いままである場合がある。[msdmanuals.com]

さらなる症状