Create issue ticket

考えれる63県の原因 2500 mg

結果を表示する: English

  • 高カリウム血症

    腎機能の正常な方では1日2000〜2500mgのK摂取を目安量として定められており、2006年の全国調査では1日平均男性2384mg、女性2215mg摂取しているといわれています。腎機能の低下した方では1日1000〜1500mg以下(普通食の約1/2以下)に控える必要があります。[nho-kumamoto.jp]

  • 消化管出血

    1日750mgで用いられることが多いが添付文章では1日2500mgまで投与可能である。 ヘモコアグラーゼヘビ毒から作られた酵素止血薬である。トロンビン様作用、トロンボプラスチン様作用によって止血作用をもたらす。血小板機能亢進作用もある。トロンビンとの併用は禁忌であり、トラネキサム酸の併用も慎重投与である。[ja.wikipedia.org]

  • カルシウム含有腎結石

    ) 20歳以上 年齢(上限) 65歳未満 性別 男女両方 選択基準 (1)20歳以上65歳未満の健常な成人男女 (2)事前に本試験ついて説明を受け、その内容が理解でき趣旨に賛同し、本人による文書同意が得られる者 除外基準 (1)薬物による継続的な治療を行っている者 (2)普段の食事からのカルシウム摂取量と試験食品のカルシウム摂取量が合計で2500mg[rctportal.niph.go.jp]

  • 上部消化管出血

    1日750mgで用いられることが多いが添付文章では1日2500mgまで投与可能である。 ヘモコアグラーゼ ヘビ毒 から作られた酵素止血薬である。トロンビン様作用、トロンボプラスチン様作用によって止血作用をもたらす。血小板機能亢進作用もある。 トロンビン との併用は禁忌であり、トラネキサム酸の併用も慎重投与である。[ja.wikipedia.org]

  • 頸性脊椎炎

    白血球1万2500/μL,CRP 2.1mg/dL,赤沈59mm,血液培養は陰性でした。頸椎X線でC5/6椎間板狭小化,C5-6椎体変形,MRIでC5-6椎体周囲に液体貯留を認め,化膿性脊椎炎と診断しました。[jmedj.co.jp]

  • IgE型骨髄腫

    血清γ-グロブリン値が2.5g/dl以上またはIgG値が2500mg/dl以上 3. 自己抗体の陽性:a)またはb) a)LE細胞現象陽性(註1) b)抗核抗体陽性またはLE test陽性(註2) 4. IgM anti-HA陰性、HBs抗原陰性かつanti-HBc陰性または低力価 5.[ibaraisikai.or.jp]

  • 下部消化管出血

    1日750mgで用いられることが多いが添付文章では1日2500mgまで投与可能である。 ヘモコアグラーゼ ヘビ毒 から作られた酵素止血薬である。トロンビン様作用、トロンボプラスチン様作用によって止血作用をもたらす。血小板機能亢進作用もある。 トロンビン との併用は禁忌であり、トラネキサム酸の併用も慎重投与である。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性脳炎

    を1日2回で内服 1週間ごとに1日量500mgずつ増量 副作用なければ発作抑制できるまで、または1日最大2500mgまで増量 適格性 年齢(下限) 15歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 成人の自己免疫性脳炎と診断した症例 抗てんかん剤をすでに複数使用しても十分発作が抑制できていない、あるいは薬疹でほかに使用可能な抗てんかん剤が[rctportal.niph.go.jp] 限定募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 難治性てんかん 評価 主要アウトカム評価 神経学的所見:けいれん発作の有無とその頻度、持続時間を常時観察 副次アウトカム評価 脳波:常時装着する簡易の脳波と、投与開始2週間ごとの10-20脳波でてんかん原性所見の有無 試験デザイン 介入 介入1 stiripentol 初回1日量1000mg[rctportal.niph.go.jp]

  • 妊娠糖尿病

    […] metformin群では500mgまたは1000mg(分2)より開始し,目標血糖値に達するまで最大2500mgまで増量。なお目標血糖値に達しない場合はインスリンを併用。 結果 解析可能症例はmetformin群363例,インスリン群370例であった。[diabetes.ebm-library.jp]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    ニューロパチーを含む)の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合) 天疱瘡(ステロイド剤の効果不十分な場合) スティーブンス・ジョンソン症候群及び中毒性表皮壊死症(ステロイド剤の効果不十分な場合) 水疱性類天疱瘡(ステロイド剤の効果不十分な場合) ギラン・バレー症候群(急性増悪期で歩行困難な重症例) 献血グロベニン I静注用2500mg[kegg.jp] 2.重症感染症における抗生物質との併用:1回人免疫グロブリンGとして2500〜5000mgを、小児に対しては、1回人免疫グロブリンGとして100〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。症状によって適宜増量する。 3.特発性血小板減少性紫斑病:1日に、人免疫グロブリンGとして200〜400mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。[medical.nikkeibp.co.jp] *「通常、成人に対しては、1回人免疫グロブリンGとして2500〜5000mgを、小児に対しては、1回人免疫グロブリンGとして100〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。症状によって適宜増量する。」に従って投与された際の副作用発現状況である。 重症感染症における抗生物質との併用: 26例中副作用は認められなかった(承認時)。[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状