Create issue ticket

考えれる24県の原因 2500 mg

結果を表示する: English

  • 高カリウム血症

    腎機能の正常な方では1日2000〜2500mgのK摂取を目安量として定められており、2006年の全国調査では1日平均男性2384mg、女性2215mg摂取しているといわれています。腎機能の低下した方では1日1000〜1500mg以下(普通食の約1/2以下)に控える必要があります。[nho-kumamoto.jp] カリウム 食事の摂取基準量(mg/日) 成人男性目安量2500mg(妊婦95mg・授乳婦125mg)、成人男性目標量3000mg以上、成人女性目安量2000mg(授乳婦2200mg)、成人女性目標量2600mg以上です。 体内には体重1kgあたり2gの カリウム があります。[hiryu.biz]

  • 消化管出血

    1日750mgで用いられることが多いが添付文章では1日2500mgまで投与可能である。 ヘモコアグラーゼヘビ毒から作られた酵素止血薬である。トロンビン様作用、トロンボプラスチン様作用によって止血作用をもたらす。血小板機能亢進作用もある。トロンビンとの併用は禁忌であり、トラネキサム酸の併用も慎重投与である。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性脳炎

    を1日2回で内服 1週間ごとに1日量500mgずつ増量 副作用なければ発作抑制できるまで、または1日最大2500mgまで増量 適格性 年齢(下限) 15歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 成人の自己免疫性脳炎と診断した症例 抗てんかん剤をすでに複数使用しても十分発作が抑制できていない、あるいは薬疹でほかに使用可能な抗てんかん剤が[rctportal.niph.go.jp] 限定募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 難治性てんかん 評価 主要アウトカム評価 神経学的所見:けいれん発作の有無とその頻度、持続時間を常時観察 副次アウトカム評価 脳波:常時装着する簡易の脳波と、投与開始2週間ごとの10-20脳波でてんかん原性所見の有無 試験デザイン 介入 介入1 stiripentol 初回1日量1000mg[rctportal.niph.go.jp]

  • 低カリウム血症

    カリウム 食事の摂取基準量(mg/日) 成人男性目安量2500mg(妊婦95mg・授乳婦125mg)、成人男性目標量3000mg以上、成人女性目安量2000mg(授乳婦2200mg)、成人女性目標量2600mg以上です。 体内には体重1kgあたり2gの カリウム があります。[hiryu.biz]

  • 吸収不良症候群

    2)毒性試験 (1)単回投与試験 ネオマイシンの単回投与試験でのLD 50 は、マウスの経口投与では2250 2500mg/kg体重、静脈内投与では40 158mg/kg体重、皮下投与では400 550mg/kg体重、腹腔内投与では658 1,000mg/kg体重であった。[ffcr.or.jp]

  • 乳輪の腫瘍

    […] m 2 を1日目から21日目まで朝夕2回に分けて内服 1サイクル:28日 カペシタビン 2500mg/m 2 を1日目から14日目まで朝夕2回に分けて内服 1サイクル:21日 吐き気、嘔吐、骨髄抑制、下痢、口内炎、手足症候群 S-1療法 転移再発 S-1 体表面積ごとに80-120mg/日 を1日目から14日目まで朝夕2回に分けて内服 1[ganjoho.jp] 日目点滴 1サイクル:21日 術前・術後療法では4サイクルが多い 好中球減少、脱毛、浮腫、発疹、アレルギー反応、発熱性好中球減少症 エリブリン療法 転移再発 エリブリン 1.4mg/m 2 1日目と8日目に点滴 1サイクル:21日 好中球減少、末梢神経障害、発熱、発熱性好中球減少症、骨髄抑制 カペシタビン療法 転移再発 カペシタビン 1657mg[ganjoho.jp]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    2.重症感染症における抗生物質との併用:1回人免疫グロブリンGとして2500〜5000mgを、小児に対しては、1回人免疫グロブリンGとして100〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。症状によって適宜増量する。 3.特発性血小板減少性紫斑病:1日に、人免疫グロブリンGとして200〜400mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。[medical.nikkeibp.co.jp] *「通常、成人に対しては、1回人免疫グロブリンGとして2500〜5000mgを、小児に対しては、1回人免疫グロブリンGとして100〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。症状によって適宜増量する。」に従って投与された際の副作用発現状況である。 重症感染症における抗生物質との併用: 26例中副作用は認められなかった(承認時)。[medical.nikkeibp.co.jp] 〜5000mgを、小児に対しては、1回人免疫グロブリンGとして100〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する 症状によって適宜増量する 3.特発性血小板減少性紫斑病:1日に、人免疫グロブリンGとして200〜400mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する なお、特発性血小板減少性紫斑病に用いる場合、5日間使用しても症状に改善が認められない[medical.nikkeibp.co.jp]

  • カルシウム欠乏

    厚生労働省が定めるカルシウム摂取量の上限は、1日あたり2500mgです。カルシウム製剤などを大量に飲まない限り、ふつうの食生活ではこの量を超えることはまずありません。 したがってカルシウムのとり過ぎを心配する必要はあまりないのですが(*3)、ただたくさんとればいいわけではありません。[healthcare.omron.co.jp]

  • 早発性リンパ浮腫

    […] m 2 を1日目から21日目まで朝夕2回に分けて内服 1サイクル:28日 カペシタビン 2500mg/m 2 を1日目から14日目まで朝夕2回に分けて内服 1サイクル:21日 吐き気、嘔吐、骨髄抑制、下痢、口内炎、手足症候群 S-1療法 転移再発 S-1 体表面積ごとに80-120mg/日 を1日目から14日目まで朝夕2回に分けて内服 1[ganjoho.jp] 日目点滴 1サイクル:21日 術前・術後療法では4サイクルが多い 好中球減少、脱毛、浮腫、発疹、アレルギー反応、発熱性好中球減少症 エリブリン療法 転移再発 エリブリン 1.4mg/m 2 1日目と8日目に点滴 1サイクル:21日 好中球減少、末梢神経障害、発熱、発熱性好中球減少症、骨髄抑制 カペシタビン療法 転移再発 カペシタビン 1657mg[ganjoho.jp]

  • 嚢胞性線維症

    患者の状態により1回2.5mg、1日2回まで」となっている。 嚢胞性線維症 は、欧米では出生児約2500人当たり1人程度に見られる頻度の高い遺伝性疾患であるが、日本では約187万人に1人と、極めてまれな疾患である。 この疾患は、CFTR(塩素イオンチャネル)の遺伝子変異によって発症する。[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状