Create issue ticket

考えれる785県の原因 223

  • 骨転移

    特徴 ゾーフィゴに含まれるラジウム-223には、骨の成分であるカルシウムと同じように骨に集まりやすい性質があり、注射で体内に送られると、代謝が活発になっているがんの骨転移巣に多く運ばれます。そして、そこから放出されるアルファ線が、骨に転移したがん細胞を攻撃します。[tane.or.jp] Ra223(ラジウム223)という放射性物質を注射します。毎月1回、6か月間にわたって使用することが一般的です。日本では最近承認された薬剤で、痛みをよくするだけでなく、その後の治療成績も改善したというデータがあり今後使用されることが多くなる可能性があります。[cick.jp] ゾーフィゴ 〔一般名:塩化ラジウム(223Ra)〕は、骨転移のある去勢抵抗性前立腺がん(男性ホルモンの分泌を抑える治療を実施しても病状が悪化する前立腺がんのこと)の治療薬として、世界で初めてアルファ線(α線)と呼ばれる放射線を用いた、骨に転移したがん細胞に対して治療効果を発揮する放射性医薬品です。[tane.or.jp]

  • 上気道感染症

    日本呼吸器学会 「呼吸器感染症に関するガイドライン」 成人気道感染症診療の基本的考え方 The Japanese Respiratory Society guidelines for the management of respiratory tract infection ダウンロード 販売状況 可 学会直販 目 次 第I章 はじめに (223k[jrs.or.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    番染色体父親性ダイソミー症候群 211 大脳皮質基底核変性症 212 大理石骨病 213 ダウン症候群 214 高安動脈炎 215 多系統萎縮症 216 タナトフォリック骨異形成症 217 多発血管炎性肉芽腫症 218 多発性硬化症/視神経脊髄炎 219 多発性軟骨性外骨腫症 220 多発性嚢胞腎 221 多脾症候群 222 タンジール病 223[city.itabashi.tokyo.jp] ダイソミー症候群 210 大脳皮質基底核変性症 211 大理石骨症 212 ダウン症候群 213 高安動脈炎 214 多系統萎縮症 215 タナトフォリック骨異形成症 216 多発血管炎性肉芽腫症 217 多発性硬化症/視神経脊髄炎 218 多発性軟骨性外骨腫症 219 多発性嚢胞腎 220 多脾症候群 221 タンジール病 222 単心室症 223[city.ube.yamaguchi.jp] 脆弱X症候群関連疾患 55 ガラクトース‐1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症 110 高チロシン血症1型 165 正常圧水頭症 (1ページ目) 166 成人スチル病 221 特発性基底核石灰化症 276 プリオン病 167 成長ホルモン分泌亢進症 ※ 222 特発性血小板減少性紫斑病 277 プロピオン酸血症 168 脊髄空洞症 223[city.tosa.lg.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    (PubMed) 223. Witham MD, Price RJ, Struthers AD, et al.[lpi.oregonstate.edu] Atherosclerosis. 2012;223(1):86-94. (PubMed) 150. Chitalia N, Recio-Mayoral A, Kaski JC, Banerjee D.[lpi.oregonstate.edu] しかし、150人の年配者(平均年齢77歳)を対象にした別の無作為化プラセボ対照試験では、3ヶ月ごとに100,000 IUのビタミンD補給を1年間しても、プラセボに比べて血圧は大きく下がらなかった (223) 。ビタミンD補給が高血圧の予防や管理に役立つのかどうかを決定するさらなる研究が必要である。[lpi.oregonstate.edu]

  • 熱傷

    中山雄二朗、小寺厚志、宮崎直樹 ほか、 重度熱傷患者の在院死亡を予測する因子の検討 日本臨床麻酔学会誌 2012年 32巻 2号 p.223-231, doi : 10.2199/jjsca.32.223 p.3286, 「創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―6: 熱傷診療ガイドライン」 - 日本皮膚科学会ガイドライン [1] a b c “[ja.wikipedia.org]

  • 後天性全汎リポジストロフィー

    211 4p欠失症候群 212 5p欠失症候群 213 第14番染色体父親性ダイソミー症候群 214 アンジェルマン症候群 215 スミス・マギニス症候群 216 22q11.2欠失症候群 217 エマヌエル症候群 218 脆弱X症候群関連疾患 219 脆弱X症候群 220 総動脈幹遺残症 221 修正大血管転位症 222 完全大血管転位症 223[city.itabashi.tokyo.jp] 脆弱X症候群関連疾患 55 ガラクトース‐1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症 110 高チロシン血症1型 165 正常圧水頭症 (1ページ目) 166 成人スチル病 221 特発性基底核石灰化症 276 プリオン病 167 成長ホルモン分泌亢進症 ※ 222 特発性血小板減少性紫斑病 277 プロピオン酸血症 168 脊髄空洞症 223[city.tosa.lg.jp] ダイソミー症候群 210 大脳皮質基底核変性症 211 大理石骨症 212 ダウン症候群 213 高安動脈炎 214 多系統萎縮症 215 タナトフォリック骨異形成症 216 多発血管炎性肉芽腫症 217 多発性硬化症/視神経脊髄炎 218 多発性軟骨性外骨腫症 219 多発性嚢胞腎 220 多脾症候群 221 タンジール病 222 単心室症 223[city.ube.yamaguchi.jp]

  • 顎関節炎

    米国口腔顔面痛学会 ・認定医 所属学会 日本顎関節学会 日本口腔顔面痛学会 日本頭痛学会 アジア口腔顔面痛学会〔Asian Academy of Craniomandibular Disorders〕 米国口腔顔面痛学会〔American academy of orofacial pain〕 所属学会 2004年 日本顎関節学会雑誌16(3) 220ー223[443-ryusei.jp]

  • 高尿酸血症

    台湾では2000年にLinら 2) が223人の無症候性高尿酸血症男性を対象に5年間の前向きコホート研究を行っている。その結果,血清尿酸値の前値が7.0〜7.9mg/dLでは痛風関節炎の5年間累積発症率は10.8%,8.0〜8.9mg/dLで27.7%,9.0mg/dL以上では61.1%であった( 図2 ) 2) 。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 脊髄転移

    (塩化ラジウム)商品名:ゾーフィゴ 2016年に承認されており、α線(アルファ線)を放出するラジウム-223を含んでいます。[himeji.hosp.go.jp] ・・・ 日経メディカルオンライン メタストロン注の治療実施医療機関 ・・・ 日本メジフィックス 【体内照射:α線放出アイソトープ(Ra-223)】 ラジウム223(Xofigo:ゾーフィゴ) メタストロン(ストロンチウム-89)はベータ線を放出し、骨痛を除去する緩和治療として用いられるのに対し、アルファ線(ラジウム223)を放出するゾーフィゴ[pros-can.net] Ra223(ラジウム223)という放射性物質を注射します。毎月1回、6か月間にわたって使用することが一般的です。日本では最近承認された薬剤で、痛みをよくするだけでなく、その後の治療成績も改善したというデータがあり今後使用されることが多くなる可能性があります。[cick.jp]

  • 先天性葉酸吸収不良

    金属代謝異常:概論 青木 継稔 223 2. 銅転送異常症 (1) ウイルソン病 清水 教一 230 (2) メンケス病 清水 教一 234 (3) 無セルロプラスミン血症 兼子 一真 236 3. 遺伝性ヘモクロマトーシス 小船 雅義 240 4. 先天性無トランスフェリン血症 川上 義 244 5.[nippon-rinsho.co.jp] 脆弱X症候群関連疾患 55 ガラクトース‐1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症 110 高チロシン血症1型 165 正常圧水頭症 (1ページ目) 166 成人スチル病 221 特発性基底核石灰化症 276 プリオン病 167 成長ホルモン分泌亢進症 ※ 222 特発性血小板減少性紫斑病 277 プロピオン酸血症 168 脊髄空洞症 223[city.tosa.lg.jp] 331 特発性多中心性キャッスルマン病 腎・泌尿器系疾患 告示番号 指定難病名 66 IgA腎症 67 多発性嚢胞腎 109 非典型溶血性尿毒症症候群 218 アルポート症候群 219 ギャロウェイ・モワト症候群 220 急速進行性糸球体腎炎 221 抗糸球体基底膜腎炎 222 一次性ネフローゼ症候群 223 一次性膜性増殖性糸球体腎炎 224[shiga-med.ac.jp]

さらなる症状