Create issue ticket

考えれる2,214県の原因 22 66 ml, 腹痛

  • 急性胃腸炎

    一般的にウイルス性胃腸炎よりも細菌性腸炎のほうが重症になりやすく、しばしば激しい腹痛、血便、38 以上の高熱を伴う。 ほとんどの場合、数日 1週間程度で自然軽快するが、脱水症状には注意が必要である。また、細菌性腸炎では、ときに重篤な合併症を起こすこともある。[ja.wikipedia.org] おかされる部位および炎症の程度によって、症状の現れ方は異なるが、共通した症状として、下痢、腹痛などがあらわれます。吐き気や嘔吐を伴い、発熱がある場合には感染性の腸炎が疑われます。[ichikawaiin.com] 【症状の現れ方】 ほとんどが腹痛、発熱、血便で始まります。細菌性の胃腸炎は腹痛が比較的強く、腸の動きが悪くなって腹部が膨満することもあります(麻痺性イレウス)。発熱は細菌感染に伴って持続します。嘔吐も現れますが、ウイルス感染によるものより比較的遅れて出現します。 便には血液、粘液、うみなどが混じります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 過食

    過食(かしょく, Overeating)、食べ過ぎ(たべすぎ)とは、臓器が必要とする以上のエネルギーを、生物が過度に消費すること。体重増加や肥満をまねく。 またビンジ・イーティング(Binge eating)、ドカ食い、むちゃ食いとは無秩序な摂食パターンの一つであり、コントロール不能な摂食エピソードに特徴づけられる。これは摂食障害で一般的であり、それには神経性大食症とむちゃ食い障害(過食性障害,ビンジ・イーティング障害)が含まれる。ビンジ・イーティングにおいては、当人は限度を超えた量の食物を急速に消費する。ビンジ・イーティングの診断においてはセルフコントロール喪失感が要素となる 神経性大食症[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 22 66 ml
  • 便秘

    写真はイメージです 慢性便秘症の妻を 襲った吐き気と腹痛 英子さん(仮名・48歳)は、まあまあの健康体だ。病院にかかるのは数年に一度、風邪を引いた時ぐらいだし、健康診断の数値も問題なし。メタボ検診だって1回も引っかかったことがない。 ただ、肩こりも腰痛も慢性的にあるし、10代の頃から常に便秘症だ。3日や4日、便が出ないのは当たり前。[diamond.jp] 抄録 症例は20歳と21歳の男性.腹痛と貧血があり,当初消化器疾患が疑われた.しかし,職業歴と末梢血塗抹標本での好塩基性斑点から鉛中毒が疑われ,確定診断に至つた.[doi.org] 過敏性腸症候群(以下、IBS)とは、腹痛や便通異常などの消化器症状が続くものの、検査をしても異常が見当たらず症状だけが認められる病気です。腹痛・下痢・便秘が慢性的に起こるもので、下記のように三つのタイプがありますが、出勤途中や会議などある特定の状況で腹痛や下痢が起こり、排便すると症状が消えるというケースが代表的です。[genkiplaza.or.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 上気道感染症

    発熱、悪寒、全身倦怠感で発症し、1 2日後から水様性下痢、腹痛、膿粘血便、しぶり腹などの症状が出現する。極期は膿粘血や血液のみを少量頻回に排出する。潜伏期は、通常1 3日である。 【 コレラ 】 病原体は血清型O1型とO139型の2種類である。激しい下痢と嘔吐で発症する。[biseibutu.co.jp] 症状 発熱・嘔吐・下痢・腹痛です。大量の白っぽい水様便が一日に何度も出ます。(注:アデノウイルスでも白色便を呈することがあります。)通常、発熱は2日間、嘔吐は2日目以降より減少します。下痢は1週間程度で治まりますが、2週間程度続くこともあります。 治療 ウイルスが原因なので特効薬はありません。[tokeidai-mc.jp] 腸炭疽;悪心、嘔吐、腹痛、血便などの腸感染症症状(出血性腸炎)を起こす。咽頭部感染では咽頭炎、嚥下性障害、発熱、頸部リンパ節腫脹がみられる。 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。[biseibutu.co.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 尿路感染症

    強いときには腹痛も伴うことがある。背中の中央を軽くたたくだけでも、響くような痛みがある。これも上部尿路感染症を示唆する。 頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱炎のほか、尿道炎の主症状である。 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。[ja.wikipedia.org] 女性の場合は尿道が短いため、尿道炎としての症状はでませんが、淋菌が子宮頚管で炎症を起こすことにより発熱と腹痛、膿性の分泌量が外子宮口に見られることがあります。しかしながら無症状のことが多く、無治療の女性淋菌感染患者が男性の淋菌性尿道炎の主たる感染源であるとも言われています。[info.fujita-hu.ac.jp] 特に腸管出血性大腸菌は毒力の強いベロ毒素を出し、下痢、激しい腹痛、血便の他にも急性脳症や尿量減少や浮腫、頭痛、けいれんなどの症状が出る溶血性尿毒症症候群(HUS)などの命に関わる合併症を引き起こすのが特徴です。[kaigo.homes.co.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 虫刺症

    ハチ毒によるショックは、全身に広がるじんましん、意識障害、腹痛、めまい、呼吸困難などの症状として表れます。 ハチに刺されたときは 対処法 (1)ハチに刺されたとき、針が皮膚に残っていることがあります。刺された患部をよく見て、針が残っていれば毛抜きを使うか、粘着テープを貼りつけて針ごと抜いてしまいます。[med.or.jp] SFTSを発症すると、発熱や嘔吐、腹痛、下痢などの症状がみられますが、悪化すると白血球や血小板が減少し、意識障害から死亡にいたる可能性もあります。 国立感染症研究所の資料によると、2013年に確認された患者はすべて40歳以上の中高年で、高齢になるほど発症数が増えています。[healthcare.omron.co.jp] 過去に虫に刺された経験がある場合、アレルギー反応としての症状が加わり、同じ種類の虫に刺された直後 30分以内に痒みを伴った赤み、膨疹(局部的な盛り上がりやふくらみ)、腹痛、顔色が悪い、多量の冷や汗、嘔吐、意識混濁がみられる時は、すぐに救急車を呼びましょう。 「アナフィラキシーショック」が考えられます。[jikihara-child-clinic.net]

    不足: 22 66 ml
  • ビタミンB12欠乏

    消化管症状は食欲不振、便秘、および限局性に乏しい腹痛。 神経症状は、思考力の低下やうつ病、興奮、情緒不安定(イライラ)などの性格の変化がある。 痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下、生殖率低下などがある。子供にみられる症状は成長障害、 発達障害、運動障害などがある。早期に治療されなかった場合、生涯的な症状障害になりえる。[ja.wikipedia.org] -副作用と注意- ・徐放性、非徐放性ともに主な副作用として、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢便秘などの胃腸障害です。 ・鉄剤を服用すると便が黒くなることがありますが、心配はいりません。 ・貧血が改善されたからといって、指示なしに勝手にのむのを止めたりしないで下さい。[apha.jp] 鉄剤の内服で吐き気、腹痛、便秘、下痢などの消化器症状が一部の方でみられることがあります。これらの症状が出た場合には、主治医に相談してください。症状を軽くする薬を処方します。また、内服を続けていると、消化器症状に慣れて、楽に内服できるようになることが多いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 膀胱炎

    クリニック情報 スタッフ募集 駅ちかアクセス 専門医の紹介 SLCグループ 分院紹介 東京の産婦人科(婦人科)・レディースクリニック TOP 婦人科の診察内容 膀胱炎 かゆみ・カンジダ膣炎 おりものの色・量 おりものの臭い 生理不順 生理痛 不正出血 子宮筋腫 子宮内膜症 婦人科がん検診 婦人科がんQ&A 婦人科Q&A 性病一覧 アフターピル 腹痛[1971fujinka.jp] 高熱や腹痛は腎盂腎炎の可能性も 膀胱炎が悪化すると、膀胱内の細菌が尿管を伝わって腎臓にまで達し、腎盂腎炎(Pyelonephritis)を起こすこともあります。膀胱炎の症状に続いて38 近い高熱や、上腹部痛が左右どちらかにみられたら、この病気も疑います。[newsdigest.de]

    不足: 22 66 ml
  • 尿路疾患

    腎・尿路疾患センター︎ 診療科目 泌尿器科 診療日時 [午前診 9:00-12:00 夕診 17:00-19:30] 都合により変更が生じる事がございますので、ご了承下さい。外来担当医表は こちら 場所 D棟2階 対象疾患 膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症、尿道狭窄、尿失禁、神経因性膀胱、過活動膀胱 尿路性器がん(腎・腎盂・尿管・尿路上皮・膀胱・前立腺・腎盂尿管・精巣・陰茎など) 腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿路感染症、尿路性器感染症、後腹膜線維化症、小児泌尿器疾患、EDなど 診療ポイント 子供から高齢者まで様々な疾患、症状を診療いたします。 所属医師[…][ijinkai.or.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 急性膀胱炎

    強いときには腹痛も伴うことがある。背中の中央を軽くたたくだけでも、響くような痛みがある。これも上部尿路感染症を示唆する。 頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱炎のほか、尿道炎の主症状である。 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 22 66 ml

さらなる症状

類似した症状