Create issue ticket

考えれる1,244県の原因 22 66 ml, 腎機能の異常

  • 腫瘍崩壊症候群

    11 3.73 1.08 45.7 7.54 3.95 0.71 48.2 9.66 22.5 5.8 0.20 10 4.24 1.56 59.3 15.8 5.13 1.47 65.2 22.7 16.1 5.6 平均 S.D.[kegg.jp] その名のとおり,腫瘍(細胞)が崩壊することで体に異常をきたす症候群です。 壊れた腫瘍細胞から代謝産物や電解質が血液中に放出され, 代謝異常が発生し 機能障害 や 不整脈 を引き起こします。 最悪の場合, 突然死に至ることも あるそうです。 せっかく腫瘍細胞をやっつけたのに, これでは「頭押さえりゃ尻上がる」というやつですね。[iyaku.info] 化学療法に感受性の高い造血器腫瘍もしくは固形腫瘍に対して化学療法実施後に、高尿酸血症、高カリウム血症、高リン血症、低カルシウム血症などの電解質異常を伴い、機能が悪化した場合、その原因として腫瘍崩壊症候群の発現を想起する。 最も重要なことは、腫瘍崩壊症候群発症に対する正確なリスク評価を行い、リスクごとに適切な予防を行うことである。[clinicalsup.jp]

  • 腎機能障害

    健康診断で「機能異常がある」と言われたのですが、どのような食事(食習慣)および生活習慣にすればよいですか。 近年、慢性疾患(CKD)は日本人にとって重要な慢性疾患のひとつとなっています。腎臓はたんぱく質が体内で代謝・分解されて産生される窒素化合物などの老廃物や酸を尿中に排泄しています。また、余分な水分や食塩を尿へ排出しています。[pref.chiba.lg.jp] -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 障害 機能異常 腎臓は、体内に生じた各種代謝産物などの排泄、各種毒性物質やそれら解毒産物の排泄、水および電解質の調節による体内環境の恒常性維持などの重要な機能を営んでいる。これらの機能が障害された状態をいう。 軽度の場合には、無症状。[haart-support.jp] 図1:慢性腎臓病の定義(CKD診療ガイド2012より) 腎臓の障害を示す所見としては、 タンパク尿や血尿などの尿異常 萎縮や多発性嚢胞などの画像所見の異常 機能障害を示す血液検査の異常 病理検査による組織の異常所見 があります。[tokushukai.or.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 慢性腎不全

    ・高齢(加齢) ・CKDの家族歴 ・過去検診における尿異常機能異常形態異常 ・メタボリック症候群(肥満、脂質異常症、高血圧、耐糖能障害、糖尿病) ・高尿酸血圧 ・NSAIDsなど、連用による腎毒性が指摘されている薬の常用 ・急性腎不全の既往 ・膠原病、感染症、尿路結石など 次に、多くの人にとっての危険因子、生活習慣病と腎臓病の関わりについて[asahikasei-pharma.co.jp] 多くの場合、適切な治療(場合によっては一時的に透析を行う)により、機能は正常に回復します。 慢性不全 慢性腎臓病(CKD)とは 3ヶ月以上持続 する尿異常(尿蛋白・血尿)、形態異常または、機能が約60%未満まで低下した状態を言います。[ishizuka-cl.com] 図1:慢性腎臓病の定義(CKD診療ガイド2012より) 腎臓の障害を示す所見としては、 タンパク尿や血尿などの尿異常 萎縮や多発性嚢胞などの画像所見の異常 機能障害を示す血液検査の異常 病理検査による組織の異常所見 があります。[tokushukai.or.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 急性腎不全

    抄録 敗血症や出術後患者等のcritical careの現場において,軽微な機能異常が生命予後不良と関連することが判明し,急性障害(Acute kidney injury:AKI)の概念が生まれた.AKIにおける腎機能障害は一過性であり,完全に正常値に復するものと考えられてきた.しかしながら,AKIの腎機能予後は必ずしも良好ではなく,[doi.org] 多くの場合、適切な治療(場合によっては一時的に透析を行う)により、機能は正常に回復します。 慢性不全 慢性腎臓病(CKD)とは 3ヶ月以上持続 する尿異常(尿蛋白・血尿)、形態異常または、機能が約60%未満まで低下した状態を言います。[ishizuka-cl.com] 腎前性急性不全 前性急性不全とは腎臓自体に異常はないが、血圧が低下したり、循環系に異常が生じたりしたため、機能が発揮されなくなったもので、輸血や輸液をして血圧を上昇させたり、昇圧剤を用いてショックの状態より脱却させると利尿がついてくる一過性の急性腎不全をいっています。[rpm.or.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 糖尿病性腎症

    II期(早期症) 微量アルブミン尿。 III期(顕性症) タンパク尿が続く。 IV期(不全期) タンパク尿が続き、血液検査でも機能異常が認められる。 V期(透析導入期) さらに、III期はAとBの2段階に分けられ、IIIB期以降になると平均7年で約70%の人が透析に移行してしまうのが実情です。[healthcare.omron.co.jp] むくみが出るとともに、高コレステロール血症(脂質異常症)など、ネフローゼ症候群と呼ばれる諸症状(高血圧)を呈してきます。 不全期 腎臓の機能がさらに低下し、正常の5 10%にまで低下すると透析療法が必要です。一般に、糖尿病性腎症の患者さんは、透析療法へ移行する時期がほかの腎臓病の方と比較して早いといわれています。[kidneydirections.ne.jp] また、糖尿病患者さんは、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を合併している場合が多く、それらの疾患も機能の低下を早めます。 糖尿病性腎症の進行と症状 糖尿病性腎症の初期は、ごく少量のタンパク質(アルブミン)が尿中に漏れ出します(早期腎症期)。この段階では自覚症状はほとんどありません。[jinentai.com]

    不足: 22 66 ml
  • 子癇前症

    この病気の臨床的な特徴には、高血圧、血管機能不全、胎盤異常などがあり、脳出血や不全につながることがある。この病気はほとんど解明されていないため、効果的な治療法も存在しない。 これまでの研究で、子癇前症の女性は1a型アンジオテンシンII受容体(AT1)に結合、活性化する自己抗体をもつことが明らかになっている。[natureasia.com]

    不足: 22 66 ml
  • 急性腎盂腎炎

    図1:慢性腎臓病の定義(CKD診療ガイド2012より) 腎臓の障害を示す所見としては、 タンパク尿や血尿などの尿異常 萎縮や多発性嚢胞などの画像所見の異常 機能障害を示す血液検査の異常 病理検査による組織の異常所見 があります。[tokushukai.or.jp] 膀胱炎の再発してしまう患者様の中には 結石(膀胱結石、結石など) や、 膀胱の機能異常 (無意識で尿がうまく出せない。おしっこをしたのに残尿感などが原因で膀胱炎になっている方がいます。その場合は エコー(超音波) などでその原因をみつけて解決する必要があることがあります。[shoyohkai.or.jp] 腹膜透析では腹膜機能検査(PET検査)により、腹膜の機能・性質を評価します。 静注製剤の工夫、内服液の調整等で治療 電解質異常性貧血、続発性副甲状腺機能亢進症については透析方法(透析条件といいます)や静注製剤の工夫、内服薬の調整などで治療します。[tokushukai.or.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 非乏尿性腎不全

    、BUN異常、CRTNN上昇、K異常 90 lithium carbonate 7 二次性性尿崩症、加齢現象促進、尿酸高値、悪性症候群、甲状腺機能低下、甲状腺腫、異常脳波、脳機能低下、脳波徐波化、脳波異常、パーキンソニズム 90 manidipine hydrochloride 7 下痢、乏尿性急性不全、嘔吐、尿酸値上昇、心窩部不快感、[selimic.imic.or.jp] しかし、重症の場合は不全(ほとんどの機能が失われた病態)が起こり、尿の量が異常に減少します。不全が重度へと進行した場合、嘔吐、筋力低下、筋肉の不随意の収縮、錯乱などが生じる可能性があります。[msdmanuals.com] AKIは、早期の治療と原因が解除されれば、数日間で機能は回復する可能性があります。 5. 慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD) CKDは、(1)尿異常、画像診断、血液検査、腎臓病理所見で障害が明らかに認められる場合。 (2)腎臓のろ過機能(腎機能)の低下が認められる場合。 [asahikasei-pharma.co.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 乏尿性急性腎不全

    感染の軽快とともに尿所見、機能も回復することが多く、比較的予後はよい疾患ですが、時に尿所見異常が遷延し、機能障害が残ることもあります。 感染後の腎炎なので、感染の治療が中心になります。 尿量減少、むくみ(浮腫)、高血圧を認める場合には、安静、塩分・水分制限、利尿薬・降圧薬の投与を行うため、入院治療が必要です。[twmu.ac.jp] 急性障害で顕著な問題が起こるときは、ほとんどの場合に、両側の腎臓が損傷しているか機能異常を起こしています。[msdmanuals.com] AKIは、早期の治療と原因が解除されれば、数日間で機能は回復する可能性があります。 5. 慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD) CKDは、(1)尿異常、画像診断、血液検査、腎臓病理所見で障害が明らかに認められる場合。 (2)腎臓のろ過機能(腎機能)の低下が認められる場合。 [asahikasei-pharma.co.jp]

    不足: 22 66 ml
  • 糸球体腎炎

    機能障害が強く、薬物療法でも浮腫や高血圧、血液電解質の異常が改善しない場合には、一時的に 透析 治療が必要となることがあります。 機能が改善するのにしたがって、徐々に尿量は増え、薄い尿が多量にみられる時期があります。この時期はむしろ脱水に注意が必要です。[qlife.jp] 感染の軽快とともに尿所見、機能も回復することが多く、比較的予後はよい疾患ですが、時に尿所見異常が遷延し、機能障害が残ることもあります。 感染後の腎炎なので、感染の治療が中心になります。 尿量減少、むくみ(浮腫)、高血圧を認める場合には、安静、塩分・水分制限、利尿薬・降圧薬の投与を行うため、入院治療が必要です。[twmu.ac.jp] 発症後、時間の経過にともない血尿、蛋白尿、機能は自然に改善する予後良好な疾患ですが、時に尿所見異常が持続し機能障害が残ることもあります。 3.急速進行性腎炎 腎臓の働きが週から月の単位で悪くなっていく場合に急速進行性と呼びます。[jsn.or.jp]

    不足: 22 66 ml

さらなる症状