Create issue ticket

考えれる145県の原因 2030

つまり: 2010

  • 栄養失調

    2030年までに飢餓のない世界を実現するためには、各国政府、市民、市民団体、そして民間セクターが力を合わせ、投資とイノベーションを行い、永続的な解決策を創出する必要があります。[ja.wfp.org] 2015年、国際社会は2030年までに人々の生活を改善するために17の目標からなる「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択しました。 その 2 番目の「飢餓をゼロに」という目標は、飢餓を終わらせ、食料安全保障を実現し、栄養状態を改善するとともに、持続可能な農業を促進するというもので 、国連WFPの優先課題です。[ja.wfp.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    また、WHOは 「緊急のたばこ対策等を行わなかった場合、全世界におけるCOPDによる死亡者は 今後10年間に30%増加 し、2030年には死亡順位第3位になる」 と予測しています。[city.narashino.lg.jp] 世界保健機関(WHO)は、2030年に世界の死亡原因の第3位になると予測しています。[city.minato.tokyo.jp] 2030年までに、COPDは世界における死因の第3位になると予想されています。 COPDがあると、息を吐くとき(呼気時)に、肺から空気が吐き出される速度が低下した状態が続きますが、これを慢性の気流閉塞と呼びます。この気流閉塞は、ほとんどの人で、自然に、または治療によってある程度回復します。[msdmanuals.com]

  • 鉄欠乏症

    そこで、2016年から2030年までの次の15年間の国際目標である「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」は「誰も置き去りにしない(Nobody left behind)」の考えを根底にもち、かつ、地球上すべての人や企業・団体が取り組むべき目標として設定されました。[taiyokagaku.com]

  • インスリン抵抗性

    患者数は急増しており、2030年までにこの数は倍増すると推定されている。糖尿病患者は世界中にいるが、先進国ほど(2型の)患者数が多い。しかしもっとも増加率の高い地域はアジアとアフリカになるとみられており、2030年までに患者数が最多になると考えられている。[ja.wikipedia.org] 糖尿病による死者の8割は中低所得国であり、さらにWHOは2030年には世界第7位の死因となると推定している。 血液中のグルコース濃度(血糖値、血糖)は、様々なホルモン(インスリン、グルカゴン、コルチゾールなど)の働きによって常に一定範囲内に調節されている。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    患者数は急増しており、2030年までにこの数は倍増すると推定されている。糖尿病患者は世界中にいるが、先進国ほど(2型の)患者数が多い。しかしもっとも増加率の高い地域はアジアとアフリカになるとみられており、2030年までに患者数が最多になると考えられている。[ja.wikipedia.org] 糖尿病による死者の8割は中低所得国であり、さらにWHOは2030年には世界第7位の死因となると推定している。 血液中のグルコース濃度(血糖値、血糖)は、様々なホルモン(インスリン、グルカゴン、コルチゾールなど)の働きによって常に一定範囲内に調節されている。[ja.wikipedia.org]

  • 肥満

    近年では肥満が急増しており、2010年の肥満人口は3億2500万人であったが、2030年には倍増して6億5000万人に達する見通しだという。 日本の肥満率は先進国最小の低さであり、BMI指数は男女とも「普通体重」階級内に収まる。男子のほうが肥満傾向にある。さらに健康増進法が制定され、肥満者に特定健診・特定保健指導が推進されている。[ja.wikipedia.org]

  • うつ病

    […] than 700 700-775 775-850 850-925 925-1000 1000-1075 1075-1150 1150-1225 1225-1300 1300-1375 1375-1450 more than 1450 WHOは2004年、単極性うつ病は世界の 障害調整生命年 (DALY)の第3位(4.3%)を占め、これはさらに2030[ja.wikipedia.org]

  • 肺気腫

    2030年までに、COPDは世界における死因の第3位になると予想されています。 COPDがあると、息を吐くとき(呼気時)に、肺から空気が吐き出される速度が低下した状態が続きますが、これを慢性の気流閉塞と呼びます。この気流閉塞は、ほとんどの人で、自然に、または治療によってある程度回復します。[msdmanuals.com]

  • 大腿骨頚部骨折

    日本では2010年度推定で約17万人が受傷しており、2020年には約22万人、2030年には約26万人、2043年には約27万人になると予想されています。受傷機転としては、つまずいて転倒・椅子やベッドから尻餅をつくといった軽微な外傷で受傷することがほとんどです。稀に原因不明な場合やオムツの交換等で発生することもあります。 症状は?[hp.masuda-med.or.jp] 現在の年齢階級別発生率と将来人口推計に基づくと、現在年間約 10-11 万例発生している大腿骨近位部骨折患者が 2030 年には 2.3 倍になると予想されています。 受傷場所、原因 受傷場所は屋内が約 70% を占め、80 歳以上の高齢者では屋内で受傷する割合が 85% とさらに高く報告されています。[ameria.org] 現在の年齢階級別発生率と将来人口推計に基づくと、現在年間約 10-11 万例発生している大腿骨近位部骨折患者が 2030 年には 2.3 倍になると予想されています。 日本の将来推計人口に基づいて,現在の性・年齢階級別発生率から算出した年間発生患者数 諸外国と比較すると、発生率は北欧や米国での発生率の 1/2-1/3 とされています。[ameria.org]

  • 反応性うつ病

    […] than 700 700-775 775-850 850-925 925-1000 1000-1075 1075-1150 1150-1225 1225-1300 1300-1375 1375-1450 more than 1450 WHOは2004年、単極性うつ病は世界の 障害調整生命年 (DALY)の第3位(4.3%)を占め、これはさらに2030[ja.wikipedia.org]

さらなる症状