Create issue ticket

考えれる2,329県の原因 2011

Showing results for: 2011
Search instead for: 201182

  • アデノウイルス感染症

    このワクチンは何年間も入手不能であったが,2011年に再導入された。しかしながら,使用できるのは軍人のみである。17 50歳の患者に投与されるが,妊娠中または授乳中の女性に投与してはならない。[msdmanuals.com]

  • 頸動脈狭窄症

    2011年現在、頸動脈狭窄症に対する外科治療のgold standardはCEAであり、CEAのハイリスク症例に対してのみCASが認可されている。CEAの有効性は手術合併症の発生率が低いことが必須の条件である。[ja.wikipedia.org] 2011年の頭蓋外頸動脈狭窄に関する米国のガイドラインでは血行再建術(CEAまたはCAS)のリスクを増加させる併存する疾患と(Comorbidities that increase risk of revascularization)CEAのリスクを増加させる状態(Unfavorable neck anatomy for arterial[ja.wikipedia.org]

  • 肥満

    健康を支える上で肥満に対する対策が課題となっているなか、日本肥満学会によって「肥満症の診断基準」の見直しが行われ、2011年9月、11年ぶりに新しい診断基準が示されました。 今回の改訂は、2000年に発表された「新しい肥満の判定と肥満度の診断基準」の有用性を検証したもの。[healthcare.omron.co.jp] ジャーナル フリー 2011 年 44 巻 1 号 p. 79-84[doi.org] そこで、今回、日本の7つのコホート、35万人以上のデータを併せたプール解析による定量評価を行い、BMIの水準が死亡リスクに与える影響を死因別・男女別に推定し、その研究成果を専門誌において発表しました ( Journal of Epidemiology 2011年21巻417-430ページ )。[epi.ncc.go.jp]

  • 肺炎

    日本の原因疾患別死亡者数の割合と順位では、肺炎は1947年は2位、1948年は4位、1949年から1951年]で3位、1952年は5位、1953年は4位、1957年から1960年まで5位、1962年]5位、1973年]ら1974年まで5位、1975年から2010年まで4位、2011年から2015年まで3位であり、2015年度は死亡者数129[ja.wikipedia.org] 2011年には、アメリカで肺炎は乳幼児及び児童が救急隊によって搬送され入院するもっとも一般的な理由となっていた。 感染性肺炎は細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎に分けられる。一般に感冒・上気道炎後の続発性肺炎は細菌性肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺炎・間質性肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。[ja.wikipedia.org]

  • 胸部大動脈瘤

    日本において2011年に改訂された「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン」でも、 自覚症状として嗄声(させい)、飲み込みにくいといった症状、漠然とした背部痛等がみられる場合は胸部CTをまず施行する とし、まずCTで大動脈のサイズを測定することを推奨している。 大動脈径の閾値は治療方針を決定する観点から重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    2011年より我が国でも経口の再発・障害進行防止治療薬としてフィンゴリモドが使用可能となっている。経口内服薬であるため治療コンプライアンスの面ではIFNβより有用であるが、長期使用に関するエビデンスは必ずしも十分に蓄積されてはいない。[bsd.neuroinf.jp] また、クイーンズランド大学医学部の研究者は、多発性硬化症を含む自己免疫疾患のEBウイルスによる発症メカニズムを仮説の形で2003年・2011年・2012年に発表し、これは「ペンダーの仮説(Pender's hypothesis)」と呼ばれている。[ja.wikipedia.org] Sci. : 2011, 311(1-2);69-77 [PubMed:21962794] [WorldCat.org] [DOI] 吉良潤一 日本における多発性硬化症の臨床像・疾患観念の変遷.アクチュアル脳・神経疾患の臨床.最新アプローチ 多発性硬化症と視神経脊髄炎.[bsd.neuroinf.jp]

  • 褐色細胞腫

    研究班 厚生労働省難治性疾患克服研究事業「褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成」研究班(2009年)、「褐色細胞腫の診断及び治療法の推進に関する研究」研究班(2010-2011年)が「副腎ホルモン産生異常症の調査」研究班と協力して取り組んでいる。[nanbyou.or.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    ./2.を含めた2項目 MPO-ANCA陽性 2011年現在、各国の治療ガイドライン等は、他のANCA関連血管炎症候群(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、多発血管炎性肉芽腫症)と共通。 血管の炎症を完全に消失させて(寛解導入療法)、その状態を維持する(寛解維持療法)。[ja.wikipedia.org] 小林茂人「血管炎症候群」『家庭の医学』、gooヘルスケア 免疫疾患調査研究班(難治性血管炎)『 結節性動脈周囲炎 (2)顕微鏡的多発血管炎(公費対象)』難病情報センター、2011年7月29日 日本リウマチ財団「全身性血管炎」リウマチ情報センター 難病情報センター 結節性動脈周囲炎 (2)顕微鏡的多発血管炎 特定疾患情報[ja.wikipedia.org]

  • 色素性乾皮症

    2011 Japanese National Network of Xeroderma Pigmentosum (XP) 掲載文・写真・イラストなどの無断転載及び盗用を禁じます。[xp-japan.net]

  • ウエルドニッヒ・ホフマン症

    年、水曜社、honto) 写真詩集・零(電子書籍版 2011年、水曜社、honto 写真:三好祐司 音楽:奥野裕介) バリアフリーのその先へ![ja.wikipedia.org] 障害者や、高齢者や、介助・介護を要する人の 虐待や殺人事件を見るたびに (全国の入所施設内の高齢者虐待が2011年から8年間増え続けているという 統計調査の新聞記事もネットで見たよ。)[ameblo.jp] 2011年 朝霧裕の出身地である埼玉県比企郡滑川町にある築200年の古民家にて、自主公演「あしたのたね―エネルギー・シフトへの願いをこめて―」を開催する。当時Youtubeで拡散され、賛否両論を含めて大きな話題となっていた自由詩「みえないばくだん」(たかはしよしこ著、後に小学館より刊行)を朗読する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状