Create issue ticket

考えれる2,056県の原因 2008

Showing results for: 2008
Search instead for: 20082

  • アデノウイルス感染症

    感染症法 - 5類感染症定点把握疾患 学校安全法 - 第二種伝染病 アデノウイルス感染症 MSDマニュアル プロフェッショナル版 南波広行、和田靖之、アデノウイルス感染症 51巻 (2008) 6号 p.456-461, doi:10.11453/orltokyo.51.456 感染症の話 咽頭結膜熱 国立感染症研究所感染症情報センター 咽頭結膜熱[ja.wikipedia.org] 病原微生物月報.Vol.29 No.4, 2008 Matsushima Y, Shimizu H et al. Genome sequence of a novel virus of the species human adenovirus d ssociated with acute gastroenteritis.[niid.go.jp]

  • メタボリックシンドローム

    2008年4月から始まる特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)では、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指し、40歳から74歳までの中高年保険加入者を対象に健康保険者に特定健診の実施を義務化すると共に、メタボリックシンドローム該当者、または予備軍と判定されたものに対して特定保健指導を行うことを義務づける[ja.wikipedia.org]

  • 子宮外妊娠

    2008年現在、妊娠の決定は妊娠診断薬、すなわち尿中hCGのほか、超音波断層検査、ドプラ法などを用いて行う。これらの近代的な検査が存在しなかった場合は身体診察で経過観察を行っていた。[ja.wikipedia.org] 周産期医療の発達した2008年現在も34週未満の早産は予後不良な場合が多い。流産では12週未満に起こった場合は染色体異常が原因のことが多く早期流産という。また12週以降では羊膜絨毛膜炎が原因であることが多い。自然流産の発生頻度は15%程度である。[ja.wikipedia.org] 2008年現在尿中hCG検査にて妊娠4週以降は診断可能であるため、月経の停止にて疑った場合は大抵は信頼できる。ただし、この時期では胎嚢が確認できないこともある。尿中hCGは腹痛、不正性器出血など異常妊娠(子宮外妊娠、切迫流産)を疑う場合も救急外来で測定される。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    2008年現在、妊娠の決定は妊娠診断薬、すなわち尿中hCGのほか、超音波断層検査、ドプラ法などを用いて行う。これらの近代的な検査が存在しなかった場合は身体診察で経過観察を行っていた。[ja.wikipedia.org] 周産期医療の発達した2008年現在も34週未満の早産は予後不良な場合が多い。流産では12週未満に起こった場合は染色体異常が原因のことが多く早期流産という。また12週以降では羊膜絨毛膜炎が原因であることが多い。自然流産の発生頻度は15%程度である。[ja.wikipedia.org] 2008年現在尿中hCG検査にて妊娠4週以降は診断可能であるため、月経の停止にて疑った場合は大抵は信頼できる。ただし、この時期では胎嚢が確認できないこともある。尿中hCGは腹痛、不正性器出血など異常妊娠(子宮外妊娠、切迫流産)を疑う場合も救急外来で測定される。[ja.wikipedia.org]

  • 胸部大動脈瘤

    1998 2002年の期間よりも2003 2008年の期間の絶対数が減っているが割合に変化はなく、これは総剖検数も著明に減少しているためであり実際の発症件数の推移を反映しているものではない。 一方日本胸部外科学会の年次報告によると、大動脈解離、非解離性大動脈瘤ともに増加傾向が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    Symptom structure in Japanese patients with obsessive-compulsive disorder Am J Psychiatry 165; 251-253, 2008.[mhlw.go.jp] Am J Psychiatry : 2008, 165(2);251-3 [PubMed:18006873] [WorldCat.org] [DOI] 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 8.5 8.6 松永寿人、三戸宏典、山西恭輔ほか 典型例を知る「神経症性障害 2」強迫性障害」 精神科治療学 27; 929-934, 2012. 9.0[bsd.neuroinf.jp] Am J Psychiatry 165; 1532-1542,2008. 38)Mataix-Cols D, Rosario-Campos MC, Leckman JF. A multidimensional model of obsessive-compulsive disorder.[mhlw.go.jp]

  • 尋常性ざ瘡

    治療では、1990年代以前は、抗生物質内服で炎症のあるニキビが治療対象だったが、2008年には日本でもレチノイド(ビタミンA誘導体)のアダパレンが承認され炎症前の治療が可能となり、抗生物質による耐性菌増加の懸念から代わりに過酸化ベンゾイルが用いられるようになった。[ja.wikipedia.org] 日本皮膚科学会ガイドライン 尋常性痤瘡治療ガイドライン ジャーナル フリー 2008 年 118 巻 10 号 p. 1893-1923[doi.org] 林伸和、山崎雙次、山本有紀 ほか「尋常性痤瘡治療ガイドライン」『日本皮膚科学会雑誌』第118巻第10号、2008年、 1893-1923頁、 doi:10.14924/dermatol.118.1893、 NAID 130004714791。[ja.wikipedia.org]

  • 悪液質

    獣医学大辞典編集委員会編集『明解獣医学辞典』チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104 獣医学大辞典編集委員会編集『新獣医学辞典』チクサン出版社 2008年 ISBN 978-4885006548 羸痩(削痩) クワシオルコル[ja.wikipedia.org]

  • 真性多血症

    2008年WHO分類2008による診断基準真性多血症は、以下の大基準の1と2の両方を同時に満たす、もしくは大基準の1と小基準の2つ以上を同時に満たすことで診断される。[ja.wikipedia.org] 2008年WHOによる真性多血症診断基準 骨髄増殖性 疾患 から骨髄増殖性 腫瘍 に名称が変更となった。 大基準 1. [med.osaka-cu.ac.jp] 2008年WHOによる診断基準が発表されるまで、いくつかの組織が診断基準を設けていたが、下記はPolycythemia vera study groupによって設けられ、一般的によく用いられた診断基準である。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    2008年には、およそ1億5600万人の児童が肺炎を発症したが、そのうち発展途上国の肺炎発症者は1億5100万人にのぼり、先進国の児童の肺炎発症者は約500万人だった。2010年には約130万人の児童が肺炎で死亡したが、そのうち18%は5歳未満であり、またこのうち95%は発展途上国の児童で占められていた。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状