Create issue ticket

考えれる42県の原因 20 fl

結果を表示する: English

  • 閉塞性黄疸

    18 ミリッチ症候群 K831 MQ1G 19 肝内胆管狭窄 K831 U899 20 後天性胆管狭窄症 K831 DM8B 21 総胆管狭窄症 K831 F93N 22 総胆管閉塞症 K831 V8JS 23 胆管狭窄症 K831 KJ4P 24 胆管閉塞症 K831 AL05 25 胆汁うっ滞 K831 ED4B 26 胆道閉塞 K831[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 狭窄性胆管炎 K830 FGG8 10 原発性硬化性胆管炎 K830 FMAG 11 再発性胆管炎 K830 EA8C 12 細胆管炎 K830 S0AK 13 自己免疫性胆管炎 K830 C16L 14 十二指腸総胆管炎 K830 BVL9 15 胆管炎 K830 RPH0 16 慢性胆管炎 K830 FJKJ 17 慢性胆細管炎 K830 F5FL[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • カルシウム含有腎結石

    高尿酸血症と痛風. 20, 43-48,2012. 3)Streem SB. : Visualization and removal of uric acid calculi.[innervision.co.jp] Kidney stones: Medical and surgical management, Coe FL, Favus MJ, Pak CYC, Parks JH, Preminger GM (eds), Lippincott-Ravens Publishers, 991-1006,1996. 4)高橋 哲、伊藤俊英:DSCTによる腹部[innervision.co.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    Grade 3のFLにおける腫瘍性濾胞は融合拡大する傾向が強く、びまん化領域(diffuse area)を伴いやすい( 図20 )。 とくにGrade 3bのびまん化領域の組織像はびまん性大細胞型リンパ腫とほぼ同じであり、FLのlarge cell transformationとして理解される病変である。[cir.ncc.go.jp] 免疫学的表現型としてはCD5- CD10 CD20 CD23- bcl-2 がFLと診断するために重要である。殆どの症例で染色体転座t(14;18)(q32;q21)を認める。 鑑別対象としては第一に反応性病変とくに濾胞過形成である。 反応性の過形成濾胞の多くは明瞭なマントル層を有し、濾胞内の細胞分布極性も比較的保たれている。[cir.ncc.go.jp]

  • 総胆管瘻造設

    18 ミリッチ症候群 K831 MQ1G 19 肝内胆管狭窄 K831 U899 20 後天性胆管狭窄症 K831 DM8B 21 総胆管狭窄症 K831 F93N 22 総胆管閉塞症 K831 V8JS 23 胆管狭窄症 K831 KJ4P 24 胆管閉塞症 K831 AL05 25 胆汁うっ滞 K831 ED4B 26 胆道閉塞 K831[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 狭窄性胆管炎 K830 FGG8 10 原発性硬化性胆管炎 K830 FMAG 11 再発性胆管炎 K830 EA8C 12 細胆管炎 K830 S0AK 13 自己免疫性胆管炎 K830 C16L 14 十二指腸総胆管炎 K830 BVL9 15 胆管炎 K830 RPH0 16 慢性胆管炎 K830 FJKJ 17 慢性胆細管炎 K830 F5FL[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 小球性貧血

    表3 主な検査所見 (末梢血)WBC 5,300/μl,RBC280万/μl,Hb 9.8g/dl,Ht 28.8%,MCV 102.5fl,MCH 34.8 pg,PLT20.6万/μl (生化学)TP 9.7g/dl,Cr 0.69mg/dl,T-Bil 0.3mg/dl,LDH 176IU/l 研修医A 軽度の大球性貧血です。[igaku-shoin.co.jp] 2カ月前の血算 今回の血算 WBC 4,200 4,300 RBC 308万 226万 Hb 12.1 9.7 Ht 35.2 27.5 MCV 114.2 121.7 MCH 39.3 42.9 PLT 19.4万 20.5万 貧血の鑑別のポイント MCVが121.7flと高度大球性であり、まず巨赤芽球性貧血を疑う。[hhk.jp] 表2 2006年5月の検査所見 (血液学)WBC 4,300/μl,RBC 226万/μl,Hb 9.7g/dl,Ht 27.5%,MCV 121.7fl,MCH 42.9pg,PLT 20.5万/μl (生化学)Cr 0.61mg/dl,T-Bil 2.2mg/dl,LDH 568IU/l 研修医C T-BilとLDHの増加があるので,やはり[igaku-shoin.co.jp]

  • 肝内胆管狭窄

    18 ミリッチ症候群 K831 MQ1G 19 肝内胆管狭窄 K831 U899 20 後天性胆管狭窄症 K831 DM8B 21 総胆管狭窄症 K831 F93N 22 総胆管閉塞症 K831 V8JS 23 胆管狭窄症 K831 KJ4P 24 胆管閉塞症 K831 AL05 25 胆汁うっ滞 K831 ED4B 26 胆道閉塞 K831[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 狭窄性胆管炎 K830 FGG8 10 原発性硬化性胆管炎 K830 FMAG 11 再発性胆管炎 K830 EA8C 12 細胆管炎 K830 S0AK 13 自己免疫性胆管炎 K830 C16L 14 十二指腸総胆管炎 K830 BVL9 15 胆管炎 K830 RPH0 16 慢性胆管炎 K830 FJKJ 17 慢性胆細管炎 K830 F5FL[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 悪性貧血

    表3 主な検査所見 (末梢血)WBC 5,300/μl,RBC280万/μl,Hb 9.8g/dl,Ht 28.8%,MCV 102.5fl,MCH 34.8 pg,PLT20.6万/μl (生化学)TP 9.7g/dl,Cr 0.69mg/dl,T-Bil 0.3mg/dl,LDH 176IU/l 研修医A 軽度の大球性貧血です。[igaku-shoin.co.jp] 2カ月前の血算 今回の血算 WBC 4,200 4,300 RBC 308万 226万 Hb 12.1 9.7 Ht 35.2 27.5 MCV 114.2 121.7 MCH 39.3 42.9 PLT 19.4万 20.5万 貧血の鑑別のポイント MCVが121.7flと高度大球性であり、まず巨赤芽球性貧血を疑う。[hhk.jp] 表2 2006年5月の検査所見 (血液学)WBC 4,300/μl,RBC 226万/μl,Hb 9.7g/dl,Ht 27.5%,MCV 121.7fl,MCH 42.9pg,PLT 20.5万/μl (生化学)Cr 0.61mg/dl,T-Bil 2.2mg/dl,LDH 568IU/l 研修医C T-BilとLDHの増加があるので,やはり[igaku-shoin.co.jp]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    18 ミリッチ症候群 K831 MQ1G 19 肝内胆管狭窄 K831 U899 20 後天性胆管狭窄症 K831 DM8B 21 総胆管狭窄症 K831 F93N 22 総胆管閉塞症 K831 V8JS 23 胆管狭窄症 K831 KJ4P 24 胆管閉塞症 K831 AL05 25 胆汁うっ滞 K831 ED4B 26 胆道閉塞 K831[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 狭窄性胆管炎 K830 FGG8 10 原発性硬化性胆管炎 K830 FMAG 11 再発性胆管炎 K830 EA8C 12 細胆管炎 K830 S0AK 13 自己免疫性胆管炎 K830 C16L 14 十二指腸総胆管炎 K830 BVL9 15 胆管炎 K830 RPH0 16 慢性胆管炎 K830 FJKJ 17 慢性胆細管炎 K830 F5FL[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 新生児黄疸

    20W 5灯(アトムメデイカル、東京)を用いた。[ushio.co.jp] 分値 3点)、②呼吸窮迫(PaO2 40mmHgまたは経皮的酸素飽和度 85%が2時間以上持続)、③アシドーシス(pH 7.15)、④低体温(直腸温 2-2.光治療器と照射法 青色LEDの光療法はネオブルー(アトムメデイカル、東京) 、G r e e n F L の光療法はP I T - 2 2 0 R およびPIT-220TLR;蛍光管:FL20S-BG-NU[ushio.co.jp] 光療法は、原則として青色LED群はlow mode(Low mode:n 28)から、Green FL群は1面(Green FL1: n 27)から開始した(1面:上方から落射照明治療する方法)。[ushio.co.jp]

  • ウイルス血症

    1969(昭和44)年以降は高度弱毒生ワクチン(FL:further attenuated live vaccine)の単独接種に切り替えられた 20) 。[idsc.nih.go.jp] 1978(昭和53)年10月から開始された定期麻疹ワクチン接種はFLワクチンが採用されていて、現在我が国で市販されているワクチンは、武田薬品工業のSchwarz-FF8株、北里研究所のAIK-C株、阪大微研のCAM株、千葉血清研のTD97株の4社由来株ワクチンである。[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状