Create issue ticket

考えれる164県の原因 20代後半に発症

  • 膀胱炎

    10歳後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 なぜ女性に多いのですか? 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。[hyogo.med.or.jp] 10歳後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30台の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。そのため、尿道口についた細菌が容易に膀胱まで達してしまいます。[oka-clinic.jp]

  • 急性膀胱炎

    10歳後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 なぜ女性に多いのですか? 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。[hyogo.med.or.jp] 10歳後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30台の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。そのため、尿道口についた細菌が容易に膀胱まで達してしまいます。[oka-clinic.jp]

  • ガングリオン

    発症 [ 編集 ] リウマチの発症は男性より女性の発症が圧倒的に多い(男性の4倍)。このため「老年女性の病気」と思われがちであるが、年齢層としては、20後半 50代の壮年期の女性に好発する。また小児リウマチという10歳から16歳頃が発症するものもある。 治療 [ 編集 ] そのほとんど全ては発症原因がわかっていない。[ja.wikipedia.org]

  • 胃食道逆流症

    ②神経性食欲不振症(拒食症) 神経性食欲不振症は,若年期発症型と思春期発症型に分類されます.若年期発症型は,10後半から20の女性において0.2〜0.5%前後の有病率です.特に10代前半の発症は心身のダメージが大きく,栄養障害により成長障害や骨粗鬆症,不妊,不育などの問題が見られ,死亡率も高い(1〜10%)重篤な心身症です.近年,発生数[dentwave.com]

  • 甲状腺腫

    男性よりも20後半以降(特に30歳・40歳代)の女性に圧倒的に多く、10 20人に1人といわれるほど、発症頻度の高い病気です。 検査方法 主に血液検査(甲状腺機能・甲状腺自己抗体検査)と、超音波(エコー)検査を行い、ホルモンの状況、甲状腺の大きさを確認します。[arishima-naika.jp]

  • 反応性うつ病

    うつ病は、女性の方が起こりやすく(女:男 2 3:1)、おおよそ20後半から30代にかけて、発症すると言われています。[fgh.fujimoto.com]

  • 内因性うつ病

    そううつ病は一般に20以降に発症するが、10歳代後半から発症するものは双極感情病が多い。しかし、そううつ病のうちでは双極型が約1割であり、大部分を単極うつ病が占めている。双極型では最初の3、4回の病相までにそう病を呈する場合が大部分であるために、単極うつ病の診断は比較的早期から可能である。[kotobank.jp]

  • 痛風

    昔は患者も40歳以上の中高年が多かったのですが、最近は20後半から30代でも発症するケースが増えています。 ズバリ原因は? 尿酸の過剰です。 尿酸は体の細胞の新陳代謝などによってできる老廃物で、これが増えすぎると、結晶化して関節に沈着し、害を及ぼします。尿酸のもとになるのは、細胞や飲食物の中に含まれているプリン体という物質です。[furuya-seikeigeka.com] 発症 [ 編集 ] リウマチの発症は男性より女性の発症が圧倒的に多い(男性の4倍)。このため「老年女性の病気」と思われがちであるが、年齢層としては、20後半 50代の壮年期の女性に好発する。また小児リウマチという10歳から16歳頃が発症するものもある。 治療 [ 編集 ] そのほとんど全ては発症原因がわかっていない。[ja.wikipedia.org]

  • 尿道炎

    しかし、他の多くのがんと異なり、20後半から30歳にかけて発症のピークがあり、若年者に多いのが大きな特徴です。実際に20歳代から30歳代の男性では、最もかかる数が多い固形腫瘍(白血病などの血液腫瘍以外の腫瘍)とされています。 精巣腫瘍の主な症状は、片側の精巣の腫れや硬さの変化です。[clinic-kawai.jp]

  • 気分変調性障害

    好発年齢は10歳後半から20で,抑うつ症状や強迫症状が初発症状であることも多い。ひきこもりを呈する青年の中に,未診断の統合失調症患者がいる可能性は否定できない。急激に興奮したり自殺に至る場合があるため注意が必要である。治療では薬物療法が必須で,早急に精神科へ紹介する。[www8.cao.go.jp]

さらなる症状