Create issue ticket

考えれる3,606県の原因 20

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    ヒドロコルチゾンを100 250mg静注またはデキサメタゾン10mg静注および20%マンニトール200ml点滴静注する。 薬剤性の場合は投薬の変更、インスリノーマの場合は手術療法、反応性低血糖の場合は食事を小分けにするといった方法で低血糖を改善できる。[ja.wikipedia.org] 5 %ブドウ糖液50 mLに50 %ブドウ糖液20mLを混注して点滴投与する方法がよく知られている。[ja.wikipedia.org] 糖質の多い飲食をさせたり、50 %ブドウ糖液を20-40 mL静注することで多くは回復する。それでも意識が回復しない時は、ヒドロコルチゾンを静注。それでもまだ意識が回復しない時は、マンニトールを静注する。 意識障害患者には、血糖を確認することなく時間のかかるCT検査などをすることは禁忌である。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    ところで、近年、日本人の「魚離れ」が進行しており、とうとう平成18年から肉と魚の摂取量が逆転してしまったのだそうです(平成20年度 「水産白書」 こどもを通じて見える日本の食卓)。魚料理の多くは脂肪が少なく、良質な蛋白質を含んでいます。ここ20年の間に魚介類の摂取量は1 19歳では2割以上、30 49歳では3割以上も減っています。[web.archive.org]

  • 低ナトリウム血症

    糸球体濾過量(GFR)が100(mL/min)ほどあった場合、バソプレッシンの分泌がほとんどなくなれば、20(mL/min)の自由水が排出できることが知られている。[ja.wikipedia.org] 抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.[joi.jlc.jst.go.jp] 尿中ナトリウム濃度が20 (mEq/L)を超えているのが特徴である。 細胞外液過剰(希釈性低ナトリウム血症) ナトリウム過剰を上回る水過剰がある場合である。多くは浮腫を伴っている。腎不全やその他の浮腫性病変として、うっ血性心不全、肝硬変、ネフローゼ症候群などがあげられる。入院患者でよく見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    重症であれば、低酸素脳症が原因で寝たきりになることもあり得ます」(田中氏) 急性アルコール中毒の救急搬送者は、20代が圧倒的 急性アルコール中毒で救急搬送される人は、 東京都だけでも年間1万4000人を超えます(2014 年、東京消防庁調べ)。その中でも、図の通り、顕著に目立つのは20代。[style.nikkei.com] 急性アルコール中毒にて救急搬送された人のうちでは20歳代の人数が多く全体の約36%を占めます。急性アルコール中毒にて救急搬送された人は男性が約72%を占めますが、20歳代では男性よりも女性の方がやや多い割合を占めています。[chiba-city-med.or.jp] 性別や個人差、健康状態や環境によっても異なりますが、一般的には「爽快期 ほろ酔い」になるくらいの量、血中アルコール濃度0.02 0.1%まで(純アルコール量なら20g程度まで)なら、急性アルコール中毒になる危険は低いといわれています。[gov-online.go.jp]

  • 性感染症

    2004 2007年に報告された2,452例を病期・性・年齢群別にみると( 図2 )、早期顕症は、男性では10代後半からみられ、30代前半をピークとして20 40代前半に多く、女性では1例ではあるが10代前半からみられ、20代前半をピークとして10代後半 30代に多かった。[idsc.nih.go.jp] 男性は20歳代から50歳代に多く、女性は20歳代が急増しています。 詳しくは下記の「東京都エイズニューズレター『平成29年』No.168 平成29年報」をご覧ください。[city.suginami.tokyo.jp] 潜伏期間 4 20日 カンジダ 症状 男性:ほとんど症状は出ないが、まれに皮膚が赤くただれたりする。悪化すると膀胱炎をおこす事がある。 女性:外陰部が赤く腫れたり、かゆみ、白いヨーグルト状のおりもの、豆腐かすのようなポロポロしたおりものがでる。[asaokacl.jp]

  • 蕁麻疹

    また、薬剤性蕁麻疹の検査では1/20の量から内服していき、徐々に内服量を上げていってアレルギー反応が生じるかをみるようなことも行う。 抗ヒスタミン薬が基本となり、特に鎮静作用の低い第二世代抗ヒスタミン薬から開始され、これは国際、日本、欧米のガイドラインに共通する。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮外妊娠

    全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹症では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。[ja.wikipedia.org] 妊娠期の長さは、たとえばゾウは20か月あまり、キリンは14か月、ウマは11 - 12か月、イヌやネコは約2か月、ネズミは約3週間である。 成熟度に関しては、一般論として言うと草食獣は、生後まもなく走れるほどに成熟して生まれることが多いが、外敵の少ない肉食獣では、しばしば目も開かない状態で生まれてくる。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    女性の20 25%に膀胱炎の経験があり、女性は人生のうちで1度は膀胱炎を経験するとも言われています。20 50歳代の女性にみられる尿路感染症の頻度は、男性の約50倍にも上ります。 膀胱炎を起こす要因 日常生活で細菌が尿道に入り込む機会はそれほど多くありません。[newsdigest.de] 特に女性に多い病気で、幼児期に比較的多いほかに、20歳以上の性的活動期と閉経期に発病のピークがあります。男性には少ない病気で、もし男性で膀胱炎をくり返すときは、尿流通過障害を起こしている原因がひそんでいる可能性があります。 膀胱炎の多くは、治りやすい急性膀胱炎の型ですが、ときに慢性膀胱炎の型のこともあります。[fukaya-ladiesclinic.com] 以前は、20歳代のセクシュアルデビューをする若い女性に多い病気でしたが、高齢社会の到来によって、このところ、年配の女性にも増えてきています。当院および関連施設の統計によると急性膀胱炎の好発年齢のピークは2000年以降は20代、閉経を迎えた50代、そして70歳代の3つあります(図1)。 [lab.toho-u.ac.jp]

  • 強迫性障害

    J Personal Disord 20; 294-305, 2006. 20)松永寿人、池谷俊哉、松井徳造など. 強迫性障害患者が示す完全主義の特徴について. 臨床精神医学 29; 1625-1632, 2000. 21)Rauch SL Cora-Locattelli G, Greenberg BD.[mhlw.go.jp] 35歳以降で発症することは少なく、患者の半数は20歳以下で発症している。男性も女性も、ほぼ等しく発症する。 治療は主に心理療法によって行い、認知行動療法(CBT)や曝露反応妨害法(ERP)などが用いられ、時には薬物療法(SSRI)などが行われる。治療されなければ、その症状は数十年続きえる。 精神医学的障害の一種である。[ja.wikipedia.org] またOCDとチック障害、あるいはトゥレット症候群とは、家族性、遺伝学的相互関連が推定されている [20] 。すなわち、これらの障害をもつ患者の親族には、OCDが高率に見られ、同様にOCDの親族には、チック障害などの出現が高率とされる [20] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • 過食

    気が付けば20年、今の私は心から幸せ、自分大好き。私がどうやって幸せをつかんだのか、私の経験をお話ししながら皆さんに伝えたいと思います。私の目的はただ一つ、あなたにも“幸せ“になってもらう事。[v-shinpo.com] 【完結済み】 ・2005年に書いた小説を、20... 8,035文字 447 by つむぎ 創作BL 年の差 体調不良 発熱 嘔吐 過食 ストレス BL小説300users入り 続きが欲しいです!! 恋人である青磁さんの出張中に、体調を崩した光浩さん。孤独から過食嘔吐が再燃し、帰宅した青磁さんに看病される。というお話です。[pixiv.net] 10 20代の若い女性に多く、発症率は男性の10 20倍に上ります。痩せることが求められるようなスポーツ、モデル、バレリーナなどで特に高くなります。長年治療を受けていない場合や治療により改善しない場合には、40 50代まで痩身となる患者さんもいらっしゃいます。 治療としては、精神療法や行動療法が中心となります。[shonan-yoshida-cl.jp]

さらなる症状