Create issue ticket

考えれる466県の原因 2 33 4

結果を表示する: English

  • 食中毒

    岐阜県 2 43 0 1 39 0 8 111 0 岐阜市 0 0 0 1 23 0 2 33 0 (平成31年4月14日現在) 食中毒統計[pref.gifu.lg.jp] 平成31年東京都食中毒発生状況(速報値) 平成31年4月15日現在 食品監視課食中毒調査担当 1 事件数 33件 (昨年同期 48件) 2 患者数 229 名 (昨年同期 725名) 3 死者数 0名 (昨年同期 0名) 4 月別食中毒発生状況 (1)平成31年 月別発生状況(速報値) 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9[fukushihoken.metro.tokyo.jp] 食中毒に関する情報 原因別食中毒情報 岐阜県食中毒情報 平成31年食中毒発生状況(速報) 〇平成31年食中毒発生状況( 平成31年食中毒発生状況(PDF:73KB) ) 平成31年 昨年同期 昨年1年間 事件数 有症者数 死者数 事件数 有症者数 死者数 事件数 有症者数 死者数 岐阜県 2 43 0 2 62 0 10 144 0 内訳[pref.gifu.lg.jp]

  • アトピー

    また、IL-33は寄生虫感染防御に重要な役割を果たし、アレルギー疾患のメカニズムに関わるとされるTh2サイトカイン産生の誘導を介しIgE産生の増強、およびTh2型炎症を引き起こします。 3p21.33:この領域は、 GLB1 、 TMPPE 、 CRTAP 、 SUSD5 の4つの遺伝子を含みます。[riken.jp] その結果、8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2( ZNF365 )、11p15.4( OR10A3 / NLRP10 )、20q13( CYP24A1 [riken.jp] その結果、これまでに世界で行われたアトピー性皮膚炎のGWASにより発見された7つのゲノム領域の関連の再現性を確認し、新たに8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2[riken.jp]

  • 良性移動性舌炎

    薬剤性、心因性では62.4%、33.3%と低い傾向にあった。 ⑨改善までの平均期間: 特発性: 22.2W、薬剤性: 48W、感冒後: 22W、心因性: 22.3W、全身性:20W、鉄欠乏性: 10.2W であった。 ⑩受診までの期間と改善率: 受診までの期間が6ヵ月未満では23週、6ヵ月以上では34週であった。[ueda.ne.jp]

  • 神経症性障害

    月別診療実績 初診 再診 合計 1月 外来 2 493 553 入院 36 22 2月 外来 6 492 556 入院 25 33 3月 外来 6 458 602 入院 14 34 4月 外来 6 492 557 入院 20 39 5月 外来 4 556 607 入院 14 33 6月 外来 8 474 524 入院 13 29 7月 外来[osakah.johas.go.jp]

  • つわり

    今回の調査でも、 “つわり”の始まった時期は「妊娠4 5週(2ヵ月)」40.0%、おさまった時期は「妊娠16 19週(5ヵ月)」33.2%が最も多い回答となりました。 安定期といわれる妊娠16週を過ぎると落ち着く人が多いようですが、なかには「出産まで続いた」(6.3%)という回答もあり、個人差が大きいようです。[prtimes.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    〔事例〕 2年5月、横浜港に接岸中のコロンビア船籍の貨物船を捜索し、機関室内に隠匿されていたコカイン33.4キログラムを押収するとともに、コロンビア国籍の船員を検挙した(警視庁)。 コカイン事犯で検挙された者を年齢層別にみると、20歳代が37人、30歳代が39人であり、合わせて全体の81.7%を占めている。[npa.go.jp]

  • 乳糖不耐症

    この牛乳を日本の若者に一日牛乳ビン一本(180 )ずつ飲ませたところ、乳糖を 分解していない普通の牛乳では33.9%の人が下痢やお腹の張りを訴えたのに対し、 乳糖を75%分解した牛乳ではわずかに4.2%の人しか乳糖不耐の症状を訴えなかっ たという報告がされています。[lin.alic.go.jp]

  • 脂肪浮腫

    全国の肝硬変患者さん約33,000人の原因を調査した報告では、約3/4はウイルス性肝炎が原因で、NASHは2.1%でした。NASHの年齢分布については明確なデータはありません。 小児のNAFLDの有病率は少なくとも3%と報告されていますが、年齢の上昇とともにNAFLDの有病率は上昇します。[jsge.or.jp]

  • アルツハイマー病

    比較的再現性をもって検出される関連遺伝子候補にはCR1、BIN1、CLU、PICALM、MS4A4/MS4A6E、CD2AP、CD33、EPHA1、ABCA7があげられる。特に第8染色体上のCLU(ApoJ)遺伝子、第1染色体上のCR1遺伝子、第11染色体上のPICALM遺伝子が特に再現性が高いといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    2件の 試験 は、血糖コントロール目標について、非常に厳しい目標[空腹時血糖(FBG)3.33 5.0 mmol/L]を、厳しい 中等度に厳しい目標(4.45 6.38)と比較し、その1件では出生児22名について周産期死亡および重篤な周産期罹病の報告はなかった。[cochrane.org]

さらなる症状