Create issue ticket

考えれる139県の原因 2 3 sd

結果を表示する: English

  • 分娩

    年齢 呼吸数 2SD 呼吸数 1SD 呼吸数正常範囲 心拍数 2SD 心拍数 1SD 心拍数正常範囲 出生 3か月 10 80 20 70 30 60 40 230 65 205 90 180 3か月 6か月 10 80 20 70 30 60 40 210 63 180 80 160 6か月 1歳 10 80 17 55 25 45 40[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    さらに糖尿病の危険因子別に、マグネシウム1SD上昇ごとの2型糖尿病発症の相対危険度を検討したところ、インスリン抵抗性、HOMA-IR、飲酒習慣の3因子において、マグネシウム摂取量との有意な交互作用を認めた。[medical.nikkeibp.co.jp] Q1の2型糖尿病発症の相対危険度を1とした場合、分位が高くなるにつれて相対危険度は減少した(Q2:0.84、Q3:0.67、Q4:0.63、P for trend 0.01)。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 成長ホルモン分泌不全

    同じ年・月に生まれたお子さん100人を背の高さ順に一列に並べた時、前から23番目の子が-2SDの線上に、50番目の子が平均の線上に、後ろから23番目の子が 2SDの線上に立つと考えると分かりやすいでしょう。そして-2SDよりも背が低い場合を“低身長”といい、100人のうち前から1、2番目のお子さんが含まれることになります。[sapporo-childrendo.com] 胎内発育不全性低身長 [ 編集 ] 在胎週数別の出生時身長、出生時体重が標準値のどちらかが-2SD以下である場合において、23歳時の身長が-2SD以下である場合に診断される。成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、骨系統疾患など既知の成長障害をきたす疾患でないことを確認する必要がある。[ja.wikipedia.org] -2.0SDから 2.0SDの間に約95%のこどもが含まれ、-2.0SD以下の低身長のこどもは100人のうち2 3人くらいの割合になります。お子さんの成長パターンがAからCの場合は、早めのご相談が必要です。また、身長が伸びすぎる場合にも思春期早発症などの病気がかくれていることがありますので、注意が必要です。[jspe.umin.jp]

  • ホモシスチン尿症cblJ型をともなうメチルマロン酸尿症

    から2.0SDの逸脱) d 高度の異常値が持続している (目安として2.0SD以上の逸脱) IV 現在の精神運動発達遅滞、神経症状、筋力低下についての評価(以下の中からいずれか1つを選択する) a 異常を認めない 0 b 軽度の障害を認める (目安として、IQ70未満や補助具などを用いた自立歩行が可能な程度の障害) 1 c 中程度の[nanbyou.or.jp] 厳格な)食事療法の継続が必要である 4 e 経管栄養が必要である 4 III 酵素欠損などの代謝障害に直接関連した検査(画像を含む)の所見(以下の中からいずれか1つを選択する) a 特に異常を認めない 0 b 軽度の異常値が継続している (目安として正常範囲から1.5SDの逸脱) 1 c 中等度以上の異常値が継続している (目安として1.5SD[nanbyou.or.jp]

  • 分娩中の胎児仮死

    年齢 呼吸数 2SD 呼吸数 1SD 呼吸数正常範囲 心拍数 2SD 心拍数 1SD 心拍数正常範囲 出生 3か月 10 80 20 70 30 60 40 230 65 205 90 180 3か月 6か月 10 80 20 70 30 60 40 210 63 180 80 160 6か月 1歳 10 80 17 55 25 45 40[ja.wikipedia.org]

  • 動脈管開存症

    (3) 小頭症 頭囲は-2SD以下である。 5. 主な合併症 てんかんを約7割に認める。発作型は多様。脳梁欠損や低形成も見られる。感覚器では、斜視、眼振、反復性中耳炎を合併する。約半数 に先天性心疾患(肺動脈狭窄、動脈管開存症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症)が見られる。[nanbyou.or.jp]

  • リンパ球性胃炎

     -1SD 以上 0  -1SD 未満   –SD 未満 12  –SD 未満 18 嘔吐  嘔気なし 0  1 回/日の嘔吐 6   5回/日の嘔吐 12  6回/日以上の嘔吐 16 食欲不振  食欲はある 0  食欲がないことがある 6  食欲はいつもない 12  食欲はほとんどなく、経管栄養などを必要とする 16 下痢  [nanbyou.or.jp] の場合 III.軽症:QOLの低下を伴わない場合 少量の血便が持続しているなど N-FPIES症状スコア表 40点以上重症 20 39点中等症 19点以下軽症 西暦 年 月 日 全身状態  調子良く、活動制限なし 0  月齢相応の活動が、通常より制限される 6  状態不良でしばしば活動制限あり 12  発達の明らかな遅れあり 18 体重、SD[nanbyou.or.jp]

  • 好酸球性胃炎

     -1SD 以上 0  -1SD 未満   –SD 未満 12  –SD 未満 18 嘔吐  嘔気なし 0  1 回/日の嘔吐 6   5回/日の嘔吐 12  6回/日以上の嘔吐 16 食欲不振  食欲はある 0  食欲がないことがある 6  食欲はいつもない 12  食欲はほとんどなく、経管栄養などを必要とする 16 下痢  [nanbyou.or.jp] の場合 III.軽症:QOLの低下を伴わない場合 少量の血便が持続しているなど N-FPIES症状スコア表 40点以上重症 20 39点中等症 19点以下軽症 西暦 年 月 日 全身状態  調子良く、活動制限なし 0  月齢相応の活動が、通常より制限される 6  状態不良でしばしば活動制限あり 12  発達の明らかな遅れあり 18 体重、SD[nanbyou.or.jp]

  • 非吸収性肺炎

    修正UICC/WHO基準による判定(CR PR)注3)修正UICC/WHO基準による判定(CR PR SD)注4)肺癌サブスケール(LCS)のベストレスポンス[LCS 2:改善、 2:悪化、それ以外:不変] アジア国際共同第III相臨床試験(IPASS) [3] 日本を含むアジアで実施した試験では、軽度の喫煙歴を有する又は非喫煙であり、かつ[kegg.jp] 修正UICC/WHO基準による判定(CR PR)注3)修正UICC/WHO基準による判定(CR PR SD)注4)肺癌サブスケール(LCS)のベストレスポンス[LCS 2:改善、 2:悪化、それ以外:不変] 外国第II相臨床試験(IDEAL-2) [17] 米国における本剤単独投与による進行非小細胞肺癌患者(2回以上の化学療法による既治療例[kegg.jp] 率 注3) 70.6%(36/51) 38.5%(20/52) 54.4%(56/103) 症状改善率 注4) 48.5%(16/33) 32.4%(11/34) 40.3%(27/67) 病勢進行までの期間;中央値 (95%信頼区間;下限〜上限) 114日 (86日〜128日) 57日 (55日〜66日) 83日 (61日〜86日) 注2[kegg.jp]

  • 筋ジストロフィー

    年齢 呼吸数 2SD 呼吸数 1SD 呼吸数正常範囲 心拍数 2SD 心拍数 1SD 心拍数正常範囲 出生〜3か月 10〜80 20〜70 30〜60 40〜230 65〜205 90〜180 3か月〜6か月 10〜80 20〜70 30〜60 40〜210 63〜180 80〜160 6か月〜1歳 10〜80 17〜55 25〜45 40[ja.wikipedia.org]

さらなる症状