Create issue ticket

考えれる9県の原因 2歳までに血栓症発症

つまり: 2歳までに血栓症発

  • 上腸間膜動脈塞栓症

    【症例2】79,男性.他院でSMA血栓と診断され,当院紹介となり緊急手術となった.CT所見でSMA本幹が閉塞していた.発症から手術までに2日以上経過していた.術中ICG蛍光法で血流評価しTreitz靭帯より60cm 220cmの小腸を切除し,術後早期に抗凝固療法を開始した.経過は不良で,術後9日目に再手術を実施した.手術所見では小腸が広範囲[micenavi.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    治療: 1.瀉血:1回に300 500ml程度、Ht値45%を目標 2.バイアスピリン:血栓症予防 3.ハイドロキシカルバミド:高リスク患者(60以上 or 血栓の既往) 4.JAK1/2阻害薬(ルキソリチニブ):治療抵抗例に適応 本態性血小板血症 ET 女性におおく、平均年齢60 発症率年間2.5人/10万人 ①血小板と白血球の増加[isegaoka-naika-clinic.com]

  • 二次骨髄線維症

    治療: 1.瀉血:1回に300 500ml程度、Ht値45%を目標 2.バイアスピリン:血栓症予防 3.ハイドロキシカルバミド:高リスク患者(60以上 or 血栓の既往) 4.JAK1/2阻害薬(ルキソリチニブ):治療抵抗例に適応 本態性血小板血症 ET 女性におおく、平均年齢60 発症率年間2.5人/10万人 ①血小板と白血球の増加[isegaoka-naika-clinic.com]

  • 真性多血症から移行した骨髄線維症

    血液細胞の量のコントロールがうまくいかない場合や、血栓発症リスクが高い *2 場合は「薬物療法」を併用することもあります。 *2血栓発症リスクが高い」とされる患者さんは、「年齢が60以上」や「血栓症の既往歴がある」患者さんです。 瀉血療法 真性多血症で最も一般的な治療法です。[mpn-info.net] 治療: 1.瀉血:1回に300 500ml程度、Ht値45%を目標 2.バイアスピリン:血栓症予防 3.ハイドロキシカルバミド:高リスク患者(60以上 or 血栓の既往) 4.JAK1/2阻害薬(ルキソリチニブ):治療抵抗例に適応 本態性血小板血症 ET 女性におおく、平均年齢60 発症率年間2.5人/10万人 ①血小板と白血球の増加[isegaoka-naika-clinic.com]

  • 遺伝性血小板異常

    治療: 1.瀉血:1回に300 500ml程度、Ht値45%を目標 2.バイアスピリン:血栓症予防 3.ハイドロキシカルバミド:高リスク患者(60以上 or 血栓の既往) 4.JAK1/2阻害薬(ルキソリチニブ):治療抵抗例に適応 本態性血小板血症 ET 女性におおく、平均年齢60 発症率年間2.5人/10万人 ①血小板と白血球の増加[isegaoka-naika-clinic.com]

  • 本態性血小板血症

    治療: 1.瀉血:1回に300 500ml程度、Ht値45%を目標 2.バイアスピリン:血栓症予防 3.ハイドロキシカルバミド:高リスク患者(60以上 or 血栓の既往) 4.JAK1/2阻害薬(ルキソリチニブ):治療抵抗例に適応 本態性血小板血症 ET 女性におおく、平均年齢60 発症率年間2.5人/10万人 ①血小板と白血球の増加[isegaoka-naika-clinic.com]

  • 二次赤血球増加症

    治療: 1.瀉血:1回に300 500ml程度、Ht値45%を目標 2.バイアスピリン:血栓症予防 3.ハイドロキシカルバミド:高リスク患者(60以上 or 血栓の既往) 4.JAK1/2阻害薬(ルキソリチニブ):治療抵抗例に適応 本態性血小板血症 ET 女性におおく、平均年齢60 発症率年間2.5人/10万人 ①血小板と白血球の増加[isegaoka-naika-clinic.com]

  • 電撃性紫斑病

    E.遺伝性を示唆する所見 1.若年性(40以下)発症 .繰り返す再発(特に適切な抗凝固療法や補充療法中の再発) 3.まれな部位(脳静脈洞、上腸間膜静脈など)での血栓発症 4.発端者と同様の症状を示す患者が家系内に1名以上存在 診断のカテゴリー Definite:Aの1項目以上 Bの1項目以上を満たし、Cを除外し、Dを満たすもの Probable[nanbyou.or.jp]

  • 下垂体柄切断術

    T2d 石原 健司(昭和大学医学部神経内科):大脳深部静脈・静脈洞血栓症を呈した抗カルジオリピン抗体陽性例、脳と神経、55(1)、71-76、003 大脳深部静脈・静脈洞血栓の6男性、アルコール多飲歴があり、脱水および炎症を契機として急性の意識障害を発症したものと考えられる。[www6.plala.or.jp]

さらなる症状