Create issue ticket

考えれる201県の原因 1910

つまり: 191

  • 不眠症

    アルフレッド・アドラー は1910年には国際精神分析学会の会長にも推薦されていたが、フロイトの リビドー (性欲)の理論を受け入れず、翌年には 個人心理学 会を設立した [14] 。[ja.wikipedia.org] 最初の国際精神分析学会は1908年、最初の『国際精神分析学雑誌』は1909年に出版されたが、追従者のアドラーは1910年に、ユングは1913年にはフロイトの下を離れていった [13] 。[ja.wikipedia.org]

  • 腹腔鏡検査

    その後、1910年にスウェーデンの医師ハンス・クリスチャン・ヤコビウス(カロリンスカ研究所教授)によって膀胱鏡を用いて胸腔の観察が施行され「laparoscopy」と命名されている。 日本では1990年に帝京大学医学部附属溝口病院の山川達郎によって初めて「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が施行された。[ja.wikipedia.org]

  • アトピー

    2014.06.21 anan 1910号(6月18日販売)に脱毛に対する院長のインタビュー記事が掲載されました。 2014.05.10 当院が美的6月号に掲載されました。 2014.05.10 当院の院長が Doctor's File で紹介されました。[shibuya-hifuka.jp]

  • 脊柱側弯症

    しかし、私はDr.スティルの著書 「Philosophy of Osteopathy」 1899 「The Philosophy and Mechanical Principle of Osteopathy」 1902 「Osteopathy Research and Practice」 1910 の教えに沿って施術をおこなっています。[hakusan-oste.com]

  • 不安障害

    アルフレッド・アドラー は1910年には国際精神分析学会の会長にも推薦されていたが、フロイトの リビドー (性欲)の理論を受け入れず、翌年には 個人心理学 会を設立した [14] 。[ja.wikipedia.org] 最初の国際精神分析学会は1908年、最初の『国際精神分析学雑誌』は1909年に出版されたが、追従者のアドラーは1910年に、ユングは1913年にはフロイトの下を離れていった [13] 。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    第1章 アルツハイマー病の歴史 今から約100年前,1906年にドイツの学会でアロイス・アルツハイマーが,進行性の記憶障害や妄想など認知症を起こして死亡した55歳の女性について報告しました.その後,同じような症状を示す患者さんについての報告が相次ぎ,1910年にはアルツハイマーの師であるクレペリンが,この疾患を「アルツハイマー病」と名付けることになります[jsnp.jp]

  • パーソナリティ障害

    アルフレッド・アドラー は1910年には国際精神分析学会の会長にも推薦されていたが、フロイトの リビドー (性欲)の理論を受け入れず、翌年には 個人心理学 会を設立した [14] 。[ja.wikipedia.org] 最初の国際精神分析学会は1908年、最初の『国際精神分析学雑誌』は1909年に出版されたが、追従者のアドラーは1910年に、ユングは1913年にはフロイトの下を離れていった [13] 。[ja.wikipedia.org]

  • ヒヨス属ニジェール中毒

    1910年、ロンドン在住のアメリカ人 ホメオパシー 実践者である ホーリー・ハーヴェイ・クリッペン は、妻を毒殺するのにヒヨスから抽出したスコポラミンを用いたと言われている [9] 。 また ハムレット の父の耳に注がれた ヘベノン という毒物はヒヨスのことであると考えられている [3] [10] 。(ただし他の説もある [11] 。)[ja.wikipedia.org] Forget (1998), The Dictionary of Beer and Brewing , Taylor & Francis, xii, ISBN 9781579580780 "The Crippen Case – Discovery of Poison", The Times , Wednesday, September 7th, 1910[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性発疹

    病原体 1910年に本疾患が記載されて以来、原因ウイルスは長い間不明であったが、1988 年、山西らによりHHV‐6 6)であることが証明された 1)。[niid.go.jp]

  • 衝心脚気

    1910年代にビタミンの不足が原因と判明し治療可能となったが、死者が1千人を下回ったのは1950年代である。その後も1970年代に ジャンクフード の 偏食 によるビタミン欠乏、1990年代に点滴輸液中のビタミン欠乏によって、脚気患者が発生し問題となった。[ja.wikipedia.org] 日本では1910年に 鈴木梅太郎 がこの物質を米糠から抽出し、1912年にオリザニンと命名したことでも知られる。脚気を予防する因子として発見された。 糖質 および分岐 脂肪酸 の代謝に用いられ、不足すると 脚気 や 神経炎 などの症状を生じる。 酵母 、 豚肉 、 胚芽 、 豆 類に多く含有される。[ja.wikipedia.org] 歴史 [ 編集 ] 1910年 ( 明治 43年) - ビタミンB 1 を発見。 1951年 ( 昭和 26年) 9月 - 戦後初、ビタミンB 1 誘導体の「 アリチアミン 」を発見。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状