Create issue ticket

考えれる523県の原因 1910

  • 結核

    日本の原因疾患別死亡者数の割合と順位では、結核は 1900年 は2位、 1910年 は2位、 1920年 は3位、 1930年 は3位、 1940年 は1位、 1947年 から 1950年 は1位、 1951年 から 1952年 まで2位、 1953年 は4位、 1954年 は3位、 1955年 から 1956年 まで4位、 1960年 は[ja.wikipedia.org]

  • サルバルサン

    1910年 サルバルサンの発見と梅毒の治療法を開発したお二人です。 では、語呂合わせです。 エールリッヒ エールですかね…。 秦佐八郎 ハタハタ旗を振る。 サルバルサン 猿がバルサンをたく。 あのGさんを退治するあれです。 梅毒 バイト 1910年 行くと できました! バイトに行くと (梅毒 1910年) 猿がバルサン焚いていた。[haya-chu.cocolog-nifty.com] 有機ヒ素化合物で、ドイツのエールリヒと秦佐八郎の研究により1910年に開発された。化学式 C 12 H 12 As 2 N 2 O 2 最初の合成化学療法剤。合成製造番号から六百六号ともよばれる。アルスフェナミン。商標名。[kotobank.jp] 発見の経緯 [ 編集 ] 1910年 、エールリヒと秦は共同で、同薬を アニリン 系色素から合成し、動物実験により梅毒の病原菌である 梅毒トレポネーマ ( Treponema pallidum ) に有効であることを証明した。[ja.wikipedia.org]

  • トリパノソーマ・ブルセイ

    1910年 にはアフリカ睡眠病の2番目の病原体として T. rhodesiense が発見される。[ja.wikipedia.org] ローデシアトリパノソーマ T. b. rhodesiense Stephens and Fantham, 1910 ヒトのアフリカ睡眠病の病原体の1つ。アフリカ南部・東部(ビクトリア湖より東)に分布しており、野生動物や家畜が主な保虫宿主である。 サバンナ に多い Glossina morsitans グループが媒介する。[ja.wikipedia.org]

  • トリパルサミド

    例えば、1910年にロックフェラー財団が 連邦政府に対して、設立許可の申請を申し出た時のことである。 連邦議会は、 「ロックフェラー財団とは、 スタンダードオイルが富を保全するための仕組みである」 という忠告を当時の大統領であるタフトに行っている。[uranaiwanko.jp] 1910年に155校あった医学校は、1920年には85校に減った。廃校に追いやられた学校のほとんどが、薬の投与によって病気を治すのではなく、カウンセリングなどによって治す代替治療を行う学校だった。 以下で、フレクスナーレポートが各分野に対して与えた影響を述べたいと思う。[medg.jp] なぜなら1910年に「フレクスナー・レポート」という論文が出されていたのですが、これはつまるところコールタールを医療に応用することを勧めていたからです。今ふうにいえば抗がん剤の勧めみたいなものでしょうか 。そしてこれをバックアップしていたのがD・ロックフェラーであり、ロックフェラー研究所でございました 。[ameblo.jp]

  • チアミン

    脚気 を予防する因子として、1910年に 鈴木梅太郎 氏が、 米ぬか から発見して、 オリザニン と命名した物質です[ 1 ]。欧米で再発見され、硫黄原子を持つビタミン分子ということで、チアミンと命名され、今に至ります。 詳細 土壌微生物や植物と異なり、わたしたちヒトはチアミンを生合成できません。したがって、食事からの摂取に頼っています。[chem-station.com] 脚気(かっけ)の特効薬として知られるチアミン(ビタミンB1)は鈴木梅太郎が1910年に米糠(こめぬか)から発見した。同時期、ポーランド人のフンクも同じ成分を分離し、生命(vital)に必要なアミン(amine)ビタミンと呼んだ。以後、食物中に微量に存在する成長と生命維持に必要な有機化合物をビタミンと呼ぶようになった。[akiyaku.or.jp] 日本では1910年に 鈴木梅太郎 がこの物質を米糠から抽出し、1912年にオリザニンと命名したことでも知られる。脚気を予防する因子として発見された。 糖質 および分岐 脂肪酸 の代謝に用いられ、不足すると 脚気 や 神経炎 などの症状を生じる。 酵母 、 豚肉 、 胚芽 、 豆 類に多く含有される。[ja.wikipedia.org]

  • 再発性皮膚小胞を伴う遺伝性低トリコシス症

    遺伝性対側性色素異常症(DSH)と網状肢端色素沈着症(RAK)の病態研究 遺伝性対側性色素異常症(以下DSHと略します)は、1910年遠山により初めて報告され、日本人と中国人に多く見られる遺伝疾患です。常染色体優性の遺伝形式を示します。両手背と両足背に色素斑と白斑の混在する皮疹が特徴です。神経症状の合併が稀にあります。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • アフリカ睡眠病

    1910年にはアフリカ睡眠病の2番目の病原体として Trypanosoma rhodesiense が発見される [16] 。[ja.wikipedia.org]

  • 吊り下げ、絞扼、窒息

    アメリカOSHA規則パート1910労働安全衛生規則 目次 サブパートJ 一般環境管理 1910.141 衛生設備 1910.141(a) 総則 1910.141(a)(1) 適用範囲 このセクションは、常設の恒久的な雇用の場に適用される。[jniosh.johas.go.jp] 1910.141(c)(2)(ii) [保留] 1910.141(d) 水洗施設 1910.141(d)(1) 総則 水洗施設は、衛生的な状態に保たなければならない。 1910.141(d)(2) 洗面台 1910.141(d)(2)(i) 洗面台は、すべての雇用の場に設けなければならない。[jniosh.johas.go.jp] 保留〕 1910.144 物理的な危険を表示する安全カラーコード 1910.144(a) 色による識別 1910.144(a)(1) 赤 赤は、次を識別するための基本色としなければならない。[jniosh.johas.go.jp]

  • 除虫菊

    除虫菊の有効成分ピレトリンの研究は1910年頃から始まり1924年頃より、Staudinger, Ruzicka両氏によってその化学構造が発表され始めましたが、その後、La Forge氏らによって、その化学構造の一部が訂正され1945年にさらに新しい有効成分シネリンが発見されました。[binchoutan.com]

  • クルクミン

    クルクミンは,19世紀初頭からその存在が知られていたが,構造が同定されたのは,1910年である 7 , 9) (図 1 )。クルクミンは脂溶性であり水には溶解しづらい。[jstage.jst.go.jp] この化学的構造は、1910年に、J. Miłobędzka、Stanisław KostaneckiおよびWiktor Lampeによって同定された [8] 。[ja.wikipedia.org] ウコン(ショウガ科の多年草、ターメリック、学名 Curcuma longa )の主成分の一つ 合成:1910 年に全合成、ポリフェノール類 分子式:C 21 H 20 O 6 分子量:368.38 の固体(融点:183 ) 色:Natural Yellow 3、鮮やかな黄色なので、天然の食用色素として使用 クルクミンの解説動画 認知症の早期発見[memorin.net]

さらなる症状