Create issue ticket

考えれる2,376県の原因 181

  • ウイルス性下気道感染症

    のもの) 15 9.53 21.87 13.33% 73.20 眼科 Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 287 1.08 1.10 1.05% 72.71 K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 181[aomori-kenbyo.jp]

  • 内分泌機能不全

    )〈アニメーション〉 43 腎臓の働きと腎不全に関する基礎知識〈動画〉 73 尿検査の実際〈動画〉 79 透析患者の一例〈動画〉 132 がんの告知場面〈動画〉 251 事例で考える病みの軌跡〈動画〉 271ARコンテンツ【図解】内分泌系 10泌尿器系 12生殖器系 14学習マップ 16 1 内部環境調節機能とその障害1内部環境調節機能 181[medica.co.jp] 2) 高血糖高浸透圧昏睡 平嶺 和宏 146 3) 糖尿病性乳酸アシドーシス 荻原 健 151 4) 糖尿病性神経障害 八木橋操六 155 5) 糖尿病網膜症-診断と治療の最新の知見- 佐藤さくら 161 6) 糖尿病性腎症 佐々木基史 169 7) 糖尿病性皮膚疾患 中西 健史 175 18 低血糖症 1) 新生児低血糖症 内潟 安子 181[nippon-rinsho.co.jp]

  • 特発性肺線維症

    外来通院患者数(2015年1年間) 特発性肺線維症 210名 特発性間質性肺炎 687名 膠原病関連間質性肺炎 181[tosei.or.jp]

  • 髄膜炎

    じる ※1 WHO fact sheet No 141 Meningococcal meningitis: (2017年10月20日アクセス) ※2 林英生、岩本愛吉、神谷茂、高橋秀実 監訳:ブラック微生物学第2 版, P761, 丸善, 東京, 2007 ※3 国立感染症研究所 病原微生物検出情報(IASR Vol. 36 p. 179-181[imd-vaccine.jp]

  • エナメル上皮腫

    二階宏昌 『顎口腔の病変』 杏林書院 1997年 ISBN 4764400405 柴原考彦ほか「本邦におけるエナメル上皮腫の病態と治療法に関する疫学的研究」、『日本口腔腫瘍学会誌』第21巻第3号、日本口腔腫瘍学会、2009年9月、 pp.171-181、 ISSN 0915-5988。 J.W. Cusack (1827).[ja.wikipedia.org]

  • Black Widow Spider Bite

    American Family Physician 1992; 45:181-187. なお、もっとも毒性の強いクモはFoelix(1982)p.46によると、南アメリカの シボグモ科 のクモである Phoneutria fera である。 Bettini S. Epidemiology of latrodectism.[ja.wikipedia.org]

  • 鉄中毒

    Crit Care Clin 1998;14:181-97., PMID 9561813 関連項目 [ 編集 ] 鉄過剰症 外部リンク [ 編集 ] 鉄 -海外の情報- 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省[ja.wikipedia.org]

  • 若年性黄斑ジストロフィーを伴う先天性低トリコシス

    屈折矯正手術外来:岩波 金 初診:成尾 再診:秋山・渡辺 地域医療連携室予約:成尾・佐々木 屈折矯正手術外来:大野 黄斑変性外来:佐々木 過去の実施手術件数 白内障 緑内障 網膜剥離 硝子体手術 斜視 角膜移植 外眼部手術 その他 合計 2007 1263 25 52 151 64 28 51 1797 2008 1183 21 68 181[ntmc.go.jp] 37 60 29 24 網膜静脈閉塞症 0 11 4 12 8 8 8 12 2 黄斑円孔 32 31 37 43 40 26 31 35 38 その他 4 22 48 35 34 41 52 34 23 水晶体脱臼・眼内レンズ脱臼 6 7 7 11 13 14 23 14 22 血管新生緑内障 6 0 3 2 3 0 0 0 0 合計 181[ntmc.go.jp]

  • 細菌性赤痢

    2)わが国での感染症の発生状況 わが国では平成14年以降、赤痢菌の感染者数は毎年699 181名と増減を示しながら減少してきている( 表1 )。季節的な患者発生数については差違はみられない。[mac.or.jp] 感染症法のもとで届け出られた細菌性赤痢の過去の年間累積報告数は、2000年843例、2001年844例、2002年699例、2003年473例、2004年604例、2005年553例、2006年490例、2007年452例、2008年320例であり、2009年の報告数(2009年第1 53週に診断されたもの)は181例であった (図1) 。[idsc.nih.go.jp] 感染症法のもとで届け出られた細菌性赤痢の過去の年間累積報告数は、2000年843例、2001年844例、2002年699例、2003年473例、2004年604例、2005年553例、2006年490例、2007年452例、2008年320例、2009年181例であり、2010年の報告数(2010年第1 52週に診断されたもの)は235例であった[idsc.nih.go.jp]

  • 常染色体劣性難聴103

    178 脊髄髄膜瘤 179 脊髄性筋萎縮症 180 セピアプテリン還元酵素(SR)欠損症 181 前眼部形成異常 182 全身性エリテマトーデス 183 先天性異常症候群 184 先天性横隔膜ヘルニア 185 先天性核上性球麻痺 186 先天性気管狭窄症/先天性声門下狭窄症 187 先天性魚鱗癬 188 先天性筋無力症候群 189 先天性グリコシルホスファチジルイノシトール[city.ube.yamaguchi.jp] 難治頻回部分発作重積型急性脳炎 287 片側巨脳症 178 先天性腎性尿崩症 233 22q11.2欠失症候群 288 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 179 先天性赤血球形成異常性貧血 234 乳幼児肝巨大血管腫 289 発作性夜間ヘモグロビン尿症 180 先天性大脳白質形成不全症 235 尿素サイクル異常症 290 ポルフィリン症 181[city.tosa.lg.jp] 178 脊髄髄膜瘤 179 脊髄性筋萎縮症 180 セピアプテリン還元酵素(SR)欠損症 181 前眼部形成異常 182 全身型若年性特発性関節炎 183 全身性エリテマトーデス 184 先天異常症候群 185 先天性横隔膜ヘルニア 186 先天性核上性球麻痺 187 先天性気管狭窄症 188 先天性魚鱗癬 189 先天性筋無力症候群 190[city.itabashi.tokyo.jp]

さらなる症状